0206トレンドですか?レンジですか?


こんにちは。喜平です。

火曜日と木曜日はトレンドチェックです。この記事では移動平均線の4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、2日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロ円>
4時間足:→ 1時間足:↓ 15分足:→
<ポンド円>
4時間足:→ 1時間足:↓ 15分足:↓
<オーストラリア円>
4時間足:↓ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロドル>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:↓
となっています。

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね中心線となる移動平均線25MAより上で推移は、上昇トレンド↑

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね中心線となる移動平均線25MAより下で推移は、下降トレンド↓

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね上限ライン(+2σ)と下限ライン(-2σ)の間で推移は、レンジ→

時間の短い足しか見ていないと、長い足の流れに逆らってエントリーしてしまうことがあるので注意しましょう。

ドル円は上昇トレンド手前のレンジ相場という様子です。4時間足で25MAが75MAを上抜け、直近高値を超えられるかに注目したいと思います。ユーロ円は日足でレンジ上限付近ですが、4時間足で25MAの勾配が上がってきているのでレンジブレイクできるかどうかです。ポンド円は4時間足で上昇トレンドですが、1時間足、15分足では押しが発生していますので、サポートラインでの反発に期待したいです。オーストラリアドル円は先週の下落からの反発が弱い感じです。戻り売りの様子が見られるかどうかに注目です。ユーロドルは4時間足のレンジが狭くなってきています。ドルが強くなる傾向になっていますので、もみ合いからレンジ下抜けの可能性があるかに注目です。

追記:上記のトレンドチェックは午前3時くらいから発生したダウ暴落前の確認です。今後、変動幅が大きく推移する可能性があると思いますので、エントリーリスクは大きくなります。ご注意ください。

本日2/6の夜は、

22:30 (米)貿易収支 12月

が予定されています。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

コインチェックの仮想通貨NEM流出事件のあと、仮想通貨はビットコインも含め全面安となっていますね。私は現段階で手を出すつもりはありませんが、どこまで下がるかには興味があります。仮想通貨は将来的には金融の一角を担うと思っているので、アメリカの著名投資家ジョン・テンプルトンの言葉とされる「強気相場は、悲観の中に生まれ、懐疑の中に育ち、楽観の中で成熟し、幸福感の中で消えていく」という言葉をふと思い出しました。

ダウの暴落も気になります。

心(メンタル)のコントロール -FXで一番大切なこと