下値を探る気配が継続 – トレンドですか?レンジですか?


こんにちは。喜平です。

火曜日と木曜日はトレンドチェックです。この記事では移動平均線の4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、2日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロ円>
4時間足:↓ 1時間足:→ 15分足:↓
<ポンド円>
4時間足:↓ 1時間足:↓ 15分足:→
<オーストラリアドル円>
4時間足:↓ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロドル>
4時間足:↓ 1時間足:→ 15分足:↓
となっています。

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね中心線となる移動平均線25MAより上で推移は、上昇トレンド↑

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね中心線となる移動平均線25MAより下で推移は、下降トレンド↓

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね上限ライン(+2σ)と下限ライン(-2σ)の間で推移は、レンジ→

時間の短い足しか見ていないと、長い足の流れに逆らってエントリーしてしまうことがあるので注意しましょう。

ドル円はほぼレンジですが、戻りが弱く元気が無い感じです。直近安値付近で踏ん張れるか、安値を更新するのかに注目したいと思います。ユーロ円は弱い下降トレンドが継続しており、まだ反発する気配が見えていません。ポンド円も弱い下降トレンドが継続しており、まだ反発する気配が見えていません。今日の経済指標発表の結果に対する動きに注目です。オーストラリアドル円は4時間足では下降トレンドですが、1時間足ではレンジに移行しており、次にどちらにブレイクするかに注目です。ユーロドルは日足の25MA付近ですが、4時間足以下の時間足では、まだ反発する気配が見えていません。

本日2/13の夜は、

18:30 (英)消費者物価指数(CPI) 前月比 1月
18:30 (英)小売物価指数(RPI) 前月比 1月
18:30 (英)卸売物価指数(食品、エネルギー除くコアPPI) 前年同月比 1月

が予定されています。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

トレンドとは?レンジとは?