ドルは貿易摩擦懸念やロシア疑惑で軟調 – トレンドですか?レンジですか?


こんにちは。喜平です。

火曜日と木曜日はトレンドチェックです。この記事では移動平均線の4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、2日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:↓ 1時間足:↓ 15分足:↓
<ユーロ円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ポンド円>
4時間足:↑ 1時間足:↑ 15分足:↑
<オーストラリアドル円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロドル>
4時間足:↑ 1時間足:↑ 15分足:↑
となっています。

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね中心線となる移動平均線25MAより上で推移は、上昇トレンド↑

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね中心線となる移動平均線25MAより下で推移は、下降トレンド↓

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね上限ライン(+2σ)と下限ライン(-2σ)の間で推移は、レンジ→

時間の短い足しか見ていないと、長い足の流れに逆らってエントリーしてしまうことがあるので注意しましょう。

通貨ペアによって傾向がはっきりしています。ドル円は、下降トレンド、ポンド円、ユーロドルは上昇トレンド、ユーロ円、オーストラリアドル円はもみ合いレンジとなっています。

ドルは貿易摩擦懸念やロシア疑惑などドル安を誘うニュースばかりで弱さが目立ち、底がまだよくわかりません。ユーロ円はレンジですが、ドルの弱さのために、ユーロドルは堅調で高値更新が続いています。とりあえずの天井がどこにくるのかよくわかりません。ポンド円も堅調ですが、4時間足で直近高値付近のため、反転下降には注意したいと思います。オーストラリアドル円はレンジの上限、下限を確認していきます。

長いトレンドが発生している場合は、一つ上の時間足でも抵抗やサポートを確認しつつ、直近高値&安値抜けよりも、堅実にトレンドラインからトレンド方向の動きでエントリ根拠を探したいと思います。

ユーロ円、ユーロドルは、今日の欧州中央銀行(ECB)政策金利発表、ドラギ総裁の定例記者会見が要注意です。

本日1/25の夜は、
18:00 (独)IFO企業景況感指数 1月
21:45 (欧)欧州中央銀行(ECB)政策金利
22:30 (欧)欧州中央銀行(ECB)ドラギ総裁定例記者会見
22:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
24:00 (米)新築住宅販売件数 前月比 12月
24:00 (米)景気先行指標総合指数 前月比 12月

明日1/26の夜は、
18:30 (英)四半期国内総生産(GDP 速報値)前期比 10-12月期
22:30 (米)耐久財受注 前月比 12月
22:30 (米)四半期実質国内総生産(GDP 速報値)前期比年率 10-12月期

が予定されています。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

最強寒波が来ていますね。東京都心で最低気温がマイナス4度は48年ぶりだそうです。強烈な寒さ、雪にご注意ください。

金曜日は特に大きな話題がない限りブログ投稿をお休みします。

MT4ツール紹介