0129-30ベストトレード根拠


こんにちは。喜平です。

悠々自適時間を獲得するため、自分で決めたルールをしっかり守ってトレードしていきたいと思います。

普通の会社員である私がFX取引をできるのは、長くても平日午後8時から12時くらいです。

仕事を終えて帰宅後に、FX取引する時のチャートの読み方、分析、エントリーと決済の根拠についてブログに残していきます。

水曜日と土曜日は週の前半と後半のベストトレード根拠の公開です。今日は、今週月曜日~火曜日のベストトレード根拠です。




赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
赤破線:15分足5MA 黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)

1/29月曜日のトレード根拠です。先週末の大きな下落の影響でドル円、ユーロ円、ポンド円はもみ合うも上値の重い展開が続いていました。その中でユーロ円は、夕方ぐらいから緩やかな下落となっていましたので注目してみました。ドル円、ポンド円も下落だったのですが、やや勢いがあったためか、私がチャートを見始めた20:30頃は、やや下げ止まり感が感じられました。

そんな中、22:05頃、ユーロ円5分足チャートにおいて、一旦上昇するもボリンジャーバンド上限にぶつかって強めの陰線が出ました。そして3つ目の陰線が下がり始め、移動平均線5MA、25MAを下抜けてきましたので、エントリーしてみました。(チャート内○の部分)

移動平均線25MA、100MA、200MAの並びが下降トレンドの特徴になりつつあったこともエントリーの根拠となります。

エントリー後は、直近安値を下抜けたあたりから加速し、わりときれいに下がってくれたと思います。そして、23:35頃、前の2つの陰線を包む陽線(包み足)が発生して5MAを上抜け、次の足の陽線が伸びてきそうな勢いだったので決済としました。(チャート内□の部分)

下降トレンド中の戻り売りをとらえることができたよいトレードだったと思います。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

今日1/31夜は、

19:00 (欧)失業率 12月
19:00 (欧)消費者物価指数(HICP、速報値) 前年同月比 1月
21:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
22:15 (米)ADP雇用統計 前月比 1月
22:30 (米)四半期雇用コスト指数 前期比 10-12月期
23:45 (米)シカゴ購買部協会景気指数 1月
24:00 (米)住宅販売保留指数 前月比 12月
28:00 (米)米連邦公開市場委員会(FOMC)終了後政策金利発表
が予定されています。

エントリー前には再確認したいと思います。

日中ですが11:00過ぎに予定されているトランプ大統領の一般教書演説も注目ですね。

悠々自適時間を獲得して、脱普通の会社員を目指します。

おすすめ オーディオブック