0109トレンドですか?レンジですか?


こんにちは。喜平です。

火曜日と木曜日はトレンドチェックです。この記事では移動平均線の4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、2日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:↓
<ユーロ円>
4時間足:→ 1時間足:↓ 15分足:↓
<ポンド円>
4時間足:↑ 1時間足:→ 15分足:↓
<オーストラリアドル円>
4時間足:↑ 1時間足:↓ 15分足:↓
<ユーロドル>
4時間足:→ 1時間足:↓ 15分足:↓
となっています。

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね中心線となる移動平均線25MAより上で推移は、上昇トレンド↑

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね中心線となる移動平均線25MAより下で推移は、下降トレンド↓

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね上限ライン(+2σ)と下限ライン(-2σ)の間で推移は、レンジ→

時間の短い足しか見ていないと、長い足の流れに逆らってエントリーしてしまうことがあるので注意しましょう。

ドル円は4時間足のレンジ上限から下降調整中ですが、1時間足でボリンジャーバンド下限付近にあり、反発できるかどうかというところです。ユーロ円、ポンド円、オーストラリアドル円は4時間足で、移動平均線25MAが右上がり、並びも上から25MA、100MA、200MAと上昇トレンドを保っていますが、下降調整に入っています。1時間足でポンド円は戻りつつありますが、ユーロ円、オーストラリアドル円はまだ戻りが重そうです。ユーロドルも調整と考えていますが、ユーロの調整がドルの調整より大きいため、まだ底が見えにくい状況です。

本日1/9の夜は、

19:00 (欧)雇用統計 11月

が予定されています。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

MT4自動売買プログラム検証企画 2017年10~12月 もしも両建てで利確と損切りの差を狙ったら