強い上昇の調整見極めが必要 – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

ポンド円戻り売り狙いだったのですが、全然チャンスが来ません。とりあえず、豪ドル円の上昇についていっている感じです。
各通貨ペアともにそこそこ動いていますので、調整の動きに注意しましょう。

エントリーできなかったときは、損をしなくてよかったと納得することが大事です。

水曜日は4時間足、1時間足、15分足のチャートでトレンド相場か、レンジ相場かを確認して、3日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:→
1時間足:↑
15分足 :↑

<ユーロ円>
4時間足:→
1時間足:→
15分足 :↑

<ポンド円>
4時間足:→
1時間足:→
15分足 :↑

<豪ドル円>
4時間足:↑
1時間足:↑
15分足 :↑

<ユーロドル>
4時間足:→
1時間足:→
15分足 :↑

となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場


ドル円は、一時は108円台に乗せる勢いを見せましたが、108.05円付近の強い水平ラインで少し戻されています。日足買い目線領域に入ってきましたので、N字形成を確認しての買いチャンスを待ってみたいと思います。

ユーロ円は、戻り売り発生を想定していましたが、日足目線を分けるラインを上抜けて、買い目線領域です。上昇勢いがあるので、15分足25MAを上回っている間は、押しからのN字上昇で買いエントリーできるポイントを狙ってみたいと思います。ただし、今回の上昇で2.5円ほど上がっていますので、調整の動きを感じたら早めの利益確定、損切りで対応したいですね。

ポンド円も、意外に伸びてきました。132.45円の目線を分ける水平ライン、4時間足の下降トレンドラインがどの程度レジスタンスとして働くかを確認後、エントリー根拠を探りたいと思います。

豪ドル円は、なかなか良い波の形で上昇しています。注目水平ライン70.15円まで押してのN字上昇が理想ですが、期待通りとなるでしょうか。

ユーロドルは、今週は見送りと思っていましたが、4時間足レンジの上限まで来て反転下降となっていますので、レンジ内下降を狙える可能性が出てきました。

<今週後半のイベント、経済指標発表情報>

5/20(水)の夜は、

17:00 (欧)経常収支(季調前・季調済)3月
18:00 (欧)消費者物価指数(HICP/コア指数、改定値)4月
20:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
21:30 (加)消費者物価指数(CPI)4月
22:30 (英)ベイリー英中銀(BOE)総裁 発言
23:00 (欧)消費者信頼感(速報値)5月
27:00 (米)米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨

5/21(木)の夜は、

17:30 (英)製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)5月
17:30 (英)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)5月
21:30 (米)フィラデルフィア連銀製造業景気指数 5月
21:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
21:30 (米)失業保険継続受給者数 前週分
22:45 (米)製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)5月
22:45 (米)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)5月
22:45 (米)総合購買担当者景気指数(PMI、速報値)5月
23:00 (米)景気先行指標総合指数 4月
23:00 (米)中古住宅販売件数 4月
27:30 (米)パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長 発言

5/22(金)の夜は、

17:00 (欧)製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)5月
17:00 (欧)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)5月
20:30 (欧)欧州中央銀行(ECB)理事会議事要旨
21:30 (加)小売売上高 3月

が予定されています。


CFTC(全米先物取引委員会)集計によるシカゴIMM通貨先物 投機筋のポジション情報で、5/15の金曜日公表された5/12取引終了後の建て玉枚数および前週比の増減です。先週も投機筋はステイホームでしょうか。動きは弱いです。

円/ドル(ドル円の反対です)
買い 56,307 (-327)
売り 28,370 (-1,050)

ユーロ/ドル
買い 171,980 (+2,708)
売り 93,840 (+867)

ポンド/ドル
買い 31,525 (+3,429)
売り 45,213 (+5,112)

豪ドル/ドル
買い 23,719 (+178)
売り 59,144 (+2,148)

エントリーに使うチャートの1つ、2つ上位時間足の流れ方向に逆らわないようにトレードしましょう。

主な経済指標(アメリカ)
– 発表時間は事前にチェックしよう