ドル円、ユーロ円、ポンド円は戻り売りに注目 – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

先週のチャート型は下降戻りが多くなっています。今週は戻り売りの展開が見られるのでしょうか。

先週の週足は、豪ドル円が陽線、ドル円、ユーロ円、ポンド円、ユーロドルが陰線でした。

日曜日は今週の相場見通しのため、週足チャート、日足チャート、4時間足チャートにおけるトレンド、レンジ判断、先週の取引レンジ、1時間足チャートの型を確認します。
チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。

<ドル円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↓
始値:106.8円 終値:106.6円
高値:107.1円 安値:106.0円
1時間足チャート型:下降戻り

<ユーロ円>
週足:↓ 日足:↓ 4時間足:↓
始値:117.2円 終値:115.5円
高値:117.3円 安値:114.4円
1時間足チャート型:下降戻り

<ポンド円>
週足:→ 日足:↓ 4時間足:↓
始値:133.4円 終値:132.2円
高値:133.4円 安値:130.7円
1時間足チャート型:下降戻り

<豪ドル円>
週足:↓ 日足:→ 4時間足:→
始値:68.5円 終値:69.6円
高値:70.2円 安値:68.5円
1時間足チャート型:しっかり上昇

<ユーロドル>
週足:↓ 日足:→ 4時間足:→
始値:1.097ドル 終値:1.083ドル
高値:1.097ドル 安値:1.077ドル
1時間足チャート型:下降戻り

となっています。


<今週のドル円>

注目水平ライン106.0円からの反発で下降戻りとなっています。4時間足で確認できる下降トレンドラインと目線を分ける水平ライン106.9円が迫っていますので、戻り売りが見られるかどうかに注目したいと思います。日足の目線を分けるラインは106.9円、注目水平ラインは107.5円、106.0円です。

<今週のユーロ円>

日足安値を更新してきました。戻してはいますが、戻り売りが4時間足25MAを下抜けてきたら、直近安値までの下降動きを狙ってみたいと思います。安値をさらに更新してきたら、112円くらいまでの動きが視野に入ってきます。日足の目線を分けるラインは117.75円、注目水平ラインは116.3円、115.45円です。

<今週のポンド円>

目線を分けるライン132.45円を挟んだ攻防となっています。戻り売りが4時間足25MAを下抜け、注目水平ライン131.9円でN字形成して下降する動きに注目です。中期で下降流れを狙える可能性もありそうです。日足の目線を分けるラインは132.45円、注目水平ラインは133.0円、131.9円です。

<今週の豪ドル円>

4時間足でやや大きめのもみ合いレンジとなっています。レンジの動きを意識して、注目水平ラインに絡んだ長いヒゲなどに注目し、レンジ内反転の動きを狙いたいと思います。レンジとはいえ、日足の上昇勢いは残っているので、下から上への動きの方が攻めやすそうです。日足の目線を分けるラインは69.3円、注目水平ラインは70.15円、68.25円です。

<今週のユーロドル>

4時間足で大きめのレンジです。レンジ内反転の動きに注目して、4時間足、1時間足25MAのサポート、レジスタンスとして働きを合わせて確認しながら、エントリーポイントを探りたいと思います。日足の目線を分けるラインは1.098ドル、注目水平ラインは1.0885ドル、1.077ドルです。

今週の5分足、15分足のトレードは、抵抗、サポートとなる水平線を確認して、

ドル円・・・ショート(売り)

ユーロ円・・・ショート(売り)

ポンド円・・・ショート(売り)

豪ドル円・・・ロング(買い)、ショート(売り)

ユーロドル・・・ロング(買い)、ショート(売り)

で直近高値、安値までのN字エントリー根拠を探りたい思います。

4時間足、日足の中期トレードは、ユーロ円、ポンド円でチャンスがあればショートを狙ってみたいと思います。


今週発表の経済指標、イベントでは、

5/12
21:30 (米)消費者物価指数(CPI/コア指数)4月

5/13
17:30 (英)四半期国内総生産(GDP、速報値)1-3月期

5/14
15:00 (独)消費者物価指数(CPI、改定値)4月
19:30 (英)ベイリー英中銀(BOE)総裁 発言

5/15
11:00 (中)小売売上高 4月
15:00 (独)国内総生産(GDP、速報値)1-3月期
18:00 (欧)四半期域内総生産(GDP、改定値)1-3月期
21:30 (米)小売売上高 4月

に注目したいと思います。

5/11(月)の夜は、特に経済指標等の発表はありません。

5/12(火)の夜は、

21:30 (米)消費者物価指数(CPI/コア指数)4月

の経済指標発表、イベントが予定されています。