サポレジ見極めは慎重に – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

いつものゴールデンウィークなら悠々自適時間を過ごすために小旅行に行っていましたが、今年はさすがにステイホーム週間で自宅でのんびりとブログも更新する時間があります。良い天気に出かけられないのは残念ですが、今週のトレード準備をしていきます。

レンジでもそれなりの幅あるので、エントリーに使用するチャートの1つ、2つ上の時間足チャートでもサポート、レジスタンス(抵抗)をしっかりと見極めましょう。

先週の週足は、ユーロ円、ポンド円、ユーロドルが陽線、ドル円、豪ドル円が陰線でした。

日曜日は今週の相場見通しのため、週足チャート、日足チャート、4時間足チャートにおけるトレンド、レンジ判断、先週の取引レンジ、1時間足チャートの型を確認します。
チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。

<ドル円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
始値:107.5円 終値:106.9円
高値:107.6円 安値:106.4円
1時間足チャート型:もみ合い

<ユーロ円>
週足:↓ 日足:↓ 4時間足:→
始値:116.3円 終値:117.3円
高値:117.8円 安値:115.4円
1時間足チャート型:上昇もみ合い

<ポンド円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
始値:133.0円 終値:133.5円
高値:135.4円 安値:131.9円
1時間足チャート型:逆V字下降

<豪ドル円>
週足:↓ 日足:→ 4時間足:→
始値:68.6円 終値:68.6円
高値:70.2円 安値:68.5円
1時間足チャート型:しっかり下降

<ユーロドル>
週足:↓ 日足:→ 4時間足:→
始値:1.082ドル 終値:1.098ドル
高値:1.102ドル 安値:1.073ドル
1時間足チャート型:もみ合い上昇

となっています。


<今週のドル円>

4時間足レンジが1段下がった可能性があります。レンジはもう少し見極めが必要ですが、106.35~107.3円くらいのイメージで、目線は下向いてきていますので今週に限っては売りのみでエントリー根拠を探りたいと思います。日足の目線を分けるラインは108.0円、注目水平ラインは106.9円、106.35円です。

<今週のユーロ円>

先週木曜日は急反発がありました。このような動きは週足ライン近くでは気を付ける必要があります。まだ日足の下降トレンドラインをしっかり抜けてきているわけではないので下目線です。再上昇で注目水平ライン117.75円を上抜けてくるようなら、N字確認後の買い、戻り売りが4時間足25MAを下抜けてくるなら、売りでエントリー根拠を探りたいと思います。日足の目線を分けるラインは120.0円、注目水平ラインは117.75円、116.3円です。

<今週のポンド円>

先週の急反発後、戻り売りで注目水平ライン133.6円および4時間足25MA付近でもんでいる感じです。ここから反発してレンジを切り上げてくるのか、下抜けてレンジを切り下げてくるのかに注目したいと思います。日足の目線を分けるラインは135.7円、注目水平ラインは133.6円、132.45円です。

<今週の豪ドル円>

先週は日足の目線を分けるラインを越えて、いよいよ上昇トレンドが強くなるかと思えましたが調整となっています。日足の上昇トレンドラインにはまだ少し余裕があり、日足25MAのサポートを受ける気配もあります。そのため、注目水平ライン68.25円あたりの反発上昇を想定して、直近高値の70.0円付近までの動きが狙えたらうれしいです。日足の目線を分けるラインは69.3円、注目水平ラインは68.25円、67.6円です。

<今週のユーロドル>

日足の目線を分けるラインの上抜けは上ヒゲで戻されました。まだ日足レンジが続くことの示唆でしょうか。1時間足の25MAを下抜けて、N字形成が確認でいれば、注目水平ライン1.0885ドルまでの下降の動きを、再び1.098ドルを上抜けてきた場合は、1時間足25MAのしっかりサポートを確認して上昇の動きを狙ってみたいと思います。日足の目線を分けるラインは1.098ドル、注目水平ラインは1.0885ドル、1.082ドルです。

今週の5分足、15分足のトレードは、抵抗、サポートとなる水平線を確認して、

ドル円・・・ショート(売り)

ユーロ円・・・ショート(売り)

ポンド円・・・ロング(買い)、ショート(売り)

豪ドル円・・・ロング(買い)、ショート(売り)

ユーロドル・・・ロング(買い)、ショート(売り)

で直近高値、安値までのN字エントリー根拠を探りたい思います。

4時間足、日足の中期トレードは、引き続き様子見としておきます。


今週発表の経済指標、イベントでは、

5/5
13:30 (豪)豪準備銀行(RBA)政策金利発表
23:00 (米)ISM非製造業景況指数(総合)4月

5/6
21:15 (米)ADP雇用統計 4月

5/7
20:00 (英)イングランド銀行(BOE)金利発表
20:00 (英)英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨

5/8
21:30 (米)雇用統計 4月

に注目したいと思います。水曜のADP、金曜の雇用統計はどちらも注目ですね。

今週はステイホーム週間祝日が多いので日中の予定も含めてまとめておきます。

5/4(月)は、

10:30 (豪)住宅建設許可件数 3月
16:55 (独)製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)4月
17:00 (欧)製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)4月
23:00 (米)製造業新規受注 3月

5/5(火)は、

13:30 (豪)豪準備銀行(RBA)政策金利発表
17:30 (英)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値)4月
18:00 (欧)卸売物価指数(PPI)3月
21:30 (米)貿易収支 3月
22:45 (米)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値)4月
22:45 (米)総合購買担当者景気指数(PMI、改定値)4月
23:00 (米)ISM非製造業景況指数(総合)4月

の経済指標発表、イベントが予定されています。