ポンド円は戻りを待ってから – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

ポンド円はいい形で下がってきていますが、戻りを待たないと危険です。その他通貨ペアは次の動き待ちでしょうか。

先週の週足は、ドル円、ユーロ円が陽線、ポンド円、豪ドル円、ユーロドルが陰線でした。

日曜日は今週の相場見通しのため、週足チャート、日足チャート、4時間足チャートにおけるトレンド、レンジ判断、先週の取引レンジ、1時間足チャートの型を確認します。
チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。

<ドル円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
始値:106.5円 終値:107.1円
高値:107.8円 安値:106.5円
1時間足チャート型:下降もみ合い

<ユーロ円>
週足:↓ 日足:↓ 4時間足:→
始値:115.3円 終値:115.9円
高値:116.8円 安値:115.2円
1時間足チャート型:下降戻り

<ポンド円>
週足:→ 日足:↓ 4時間足:↓
始値:132.2円 終値:129.5円
高値:133.2円 安値:129.5円
1時間足チャート型:下降基調

<豪ドル円>
週足:↓ 日足:→ 4時間足:→
始値:69.5円 終値:68.6円
高値:70.2円 安値:68.5円
1時間足チャート型:下降基調

<ユーロドル>
週足:↓ 日足:→ 4時間足:→
始値:1.083ドル 終値:1.082ドル
高値:1.090ドル 安値:1.077ドル
1時間足チャート型:もみ合い

となっています。


<今週のドル円>

注目水平ライン107.5円を少し上抜けたものの、戻されて高値切り下げとなっています。1時間足では安値の切り上げも見られますので、106.9円~107.5円のレンジをどちらかに抜けてくる動きが見られたときにN字形成待ちでエントリーしたいところです。足の目線を分けるラインは106.9円、注目水平ラインは107.5円、106.0円です。

<今週のユーロ円>

4時間足で見ると、注目水平ライン115.45円~116.3円のレンジで、三角保ち合い収束の動きが見られます。上下どちらに行く可能性もありますが、115.45円下抜けでN字形成される方に期待したいと思います。日足の目線を分けるラインは116.9円、注目水平ラインは116.3円、115.45円です。

<今週のポンド円>

4時間足25MAに抑えられて安値を更新してきました。ここで売るのは飛び乗りでリスクが高くなりますので、注目水平ライン130.65円または、再び4時間足25MAまで戻ってくるのを待って攻めてみたいと思います。日足の目線を分けるラインは132.45円、注目水平ラインは131.4円、130.65円です。

<今週の豪ドル円>

注目水平ライン68.5円~70.15円レンジの動きになっています。目線としてはまだ上向きなので、再度68.5円の底を確認して、ダブルボトムから4時間足25MAを上抜けてくると、買いエントリーポイントを探りたいです。68.5円を下抜けてきた場合は、もう1回くらい高値切り下げを確認してからの売りエントリーを想定しておきます。日足の目線を分けるラインは69.3円、注目水平ラインは70.15円、68.5円です。

<今週のユーロドル>

4時間足で注目水平ライン1.077ドル~1.0885ドルのレンジです。ヒゲも多く発生していて、つかみにくい動きのため、あえてユーロドルを選ぶ必要はないかなという感じです。日足の目線を分けるラインは1.098ドル、注目水平ラインは1.0885ドル、1.077ドルです。

今週の5分足、15分足のトレードは、抵抗、サポートとなる水平線を確認して、

ドル円・・・ロング(買い)、ショート(売り)

ユーロ円・・・ショート(売り)

ポンド円・・・ショート(売り)

豪ドル円・・・ロング(買い)、ショート(売り)

ユーロドル・・・見送り

で直近高値、安値までのN字エントリー根拠を探りたい思います。

4時間足、日足の中期トレードは、ユーロ円、ポンド円でチャンスがあればショートを狙ってみたいと思います。


今週発表の経済指標、イベントでは、

5/18
08:00 (米)パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長 発言
08:50 (日)四半期実質国内総生産(GDP、速報値)1-3月期

5/19
15:00 (英)失業率 4月
23:00 (米)パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長 発言

5/20
17:30 (英)消費者物価指数(CPI)4月
18:00 (欧)消費者物価指数(HICP、改定値)4月

5/21
03:00 (米)米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨

5/22
03:30 (米)パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長 発言
08:30 (日)全国消費者物価指数(CPI)4月
15:00 (英)小売売上高 4月
20:30 (欧)欧州中央銀行(ECB)理事会議事要旨

に注目したいと思います。

ポンドファンとしてはイギリスの指標が気になります。

パウエルさんの発言も多いですね。

5/18(月)の夜は、

23:00 (米)NAHB住宅市場指数 5月

5/19(火)の夜は、

18:00 (欧)建設支出 3月
18:00 (独)ZEW景況感調査 5月
18:00 (欧)ZEW景況感調査 5月
21:30 (米)住宅着工件数 4月
21:30 (米)建設許可件数 4月
23:00 (米)パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長 発言

の経済指標発表、イベントが予定されています。

喜平が使っているFX会社「GemForex」
– 口座開設ボーナスキャンペーンはこちら