目線方向の動きのみ注目 – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

戻り売り狙い中に上昇したからといって買いエントリーはあまりしない方がよいです。目線方向の大きな流れが来るのを待ちましょう。

エントリーできなかったときは、損をしなくてよかったと納得することが大事です。

水曜日は4時間足、1時間足、15分足のチャートでトレンド相場か、レンジ相場かを確認して、3日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:→
1時間足:→
15分足 :↑

<ユーロ円>
4時間足:↓
1時間足:→
15分足 :↑

<ポンド円>
4時間足:→
1時間足:→
15分足 :→

<豪ドル円>
4時間足:↑
1時間足:→
15分足 :↑

<ユーロドル>
4時間足:→
1時間足:→
15分足 :→

となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場


ドル円は、注目水平ライン107.5円付近のもみ合いから反転の下降の兆しはありますが、少なくとももう1回以上は高値の切り下げを確認しないと売りにくい感じです。

ユーロ円は、4時間足下降トレンドラインがレジスタンスとして効いている様子が見られます。ここからは高値を切り下げながら、25MAを下抜けてくる動きが理想です。

ポンド円は、波の形が汚いです。注目水平ライン131.9円下抜けのN字形成を待ちたいところです。

豪ドル円は、レンジ上限付近です。注目水平ライン70.15円のレジスタンスが効いています。4時間足25MA下抜けの動きを待つ感じでしょうか。上に抜けてもエントリーはN字形成待ちがよいです。

ユーロドルは、4時間足レンジが続いています。1.0885ドルの強いラインに対する動きに注目したいと思います。

<今週後半のイベント、経済指標発表情報>

5/13(水)は、

17:30 (英)月次国内総生産(GDP)3月
17:30 (英)四半期国内総生産(GDP、速報値)1-3月期
17:30 (英)鉱工業生産指数 3月
17:30 (英)製造業生産指数 3月
17:30 (英)商品貿易収支 3月
17:30 (英)貿易収支 3月
18:00 (欧)鉱工業生産 3月
20:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
21:30 (米)卸売物価指数(PPI)4月

5/14(木)は、

19:30 (英)ベイリー英中銀(BOE)総裁 発言
21:30 (米)輸入物価指数 4月
21:30 (米)輸出物価指数 4月
21:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
21:30 (米)失業保険継続受給者数 前週分

5/15(金)は、

18:00 (欧)貿易収支(季調前・季調済)3月
18:00 (欧)四半期域内総生産(GDP、改定値)1-3月期
21:30 (米)小売売上高 4月
21:30 (米)ニューヨーク連銀製造業景気指数 5月
22:15 (米)鉱工業生産 4月
22:15 (米)設備稼働率 4月
23:00 (米)企業在庫 3月
23:00 (米)ミシガン大学消費者態度指数・速報値 5月

が予定されています。


CFTC(全米先物取引委員会)集計によるシカゴIMM通貨先物 投機筋のポジション情報で、5/8の金曜日公表された5/5取引終了後の建て玉枚数および前週比の増減です。先週も引き続き投機筋の動きは弱いです。

円/ドル(ドル円の反対です)
買い 56,634 (-3,328)
売り 29,420 (+1,784)

ユーロ/ドル
買い 169,272 (+2,008)
売り 92,973 (+5,390)

ポンド/ドル
買い 28,096 (-3,370)
売り 40,101 (+1,954)

豪ドル/ドル
買い 23,541 (+1,805)
売り 56,996 (-2,481)

エントリーチャンスが来るまで辛抱強く待ちましょう。トレーダーは待つのも仕事。

異なる時間足チャートで見えるもの
– 買ったら下がり売ったら上がるの予防