もみ合い予測も要人発言に注意 – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

日曜日は今週の相場見通しのため、先週のチャート分析をしておきます。

週足チャート、日足チャート、4時間足チャートにおけるトレンド、レンジ判断、先週の取引レンジ、1時間足チャートの型を確認します。
(取引レンジは10pips未満四捨五入の概数)
チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。

<ドル円>
週足:→ 日足:↓ 4時間足:↓
先週始値:108.5円 終値:107.3円
先週高値:108.7円 安値:107.0円
先週1時間足チャート型:弱含み

<ユーロ円>
週足:↓ 日足:↓ 4時間足:→
先週始値:121.6円 終値:122.0円
先週高値:122.1円 安値:121.6円
先週1時間足チャート型:もみ合い

<ポンド円>
週足:↓ 日足:↓ 4時間足:↓
先週始値:136.6円 終値:136.8円
先週高値:137.2円 安値:135.4円
先週1時間足チャート型:もみ合い

<豪ドル円>
週足:↓ 日足:↓ 4時間足:↓
先週始値:74.6円 終値:74.4円
先週高値:74.8円 安値:73.9円
先週1時間足チャート型:もみ合い

<ユーロドル>
週足:↓ 日足:→ 4時間足:↑
先週始値:1.121ドル 終値:1.137ドル
先週高値:1.138ドル 安値:1.118ドル
先週1時間足チャート型:強含み

となっています。


<今週のドル円>

日足のもみ合いレンジから下抜けてきました。4時間足では上ヒゲをつけて下落の様子も見られますが、4時間足25MAからやや乖離していますので、新たなネガティブニュースが無い限り、少しもみ合いが続く可能性があると思います。1時間足の動きを中心に見ていきたいですね。

<今週のユーロ円>

先週金曜日は結構伸びた陽線になりました。4時間足でもまだ勢いは残っていそうなので、もう少し上昇するかもしれません。しかし、一段の金融緩和実施の思惑が広がると、上値も重たくなると思います。戻り売りを狙いたいですが、今週にチャンスが来るのかは見極めていきたいと思います。

<今週のポンド円>

先週後半は強めに伸びてきましたが、4時間足25MAを中心としたレンジ(136.0~137.0円)で動きそうな感じです。ユーロ円同様、戻り売りを狙いたいですが、レンジ反転の動きがあれば売りエントリータイミングを確認したいと思います。

<今週の豪ドル円>

4時間足で高値切り下げ、安値切り上げの三角保ち合いになっています。下目線が続いていますので、下に抜けやすいとは思いますが、波の動きはしっかり確認したいです。

<今週のユーロドル>

4時間足で安値切り上げ、高値切り上げの動きとなり、25MAが100MAの上に抜けてきました。上昇勢いはまだまだ強いですが、1.14ドルの水平ラインに対してどのような動きになるか注目したいと思います。

今週の5分足、15分足のトレードは、4時間足、1時間足の動きを確認して、25MAとの位置関係を見ながら、直近安値までのショート(売り)でエントリー根拠を探りたい思います。ユーロ円、ポンド円については、上がっている間は待ちですね。

4時間足、日足では、チャンスがあれば、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円のショートを狙ってみたいと思います。


今週発表の経済指標、イベントでは、

6/25
23:00 (米)新築住宅販売件数 5月

6/26
02:00 (米)パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長 発言

6/27
21:30 (米)四半期実質国内総生産(GDP、確定値)1-3月期

6/28
17:30 (英)四半期国内総生産(GDP、改定値)1-3月期
18:00 (欧)消費者物価指数(HICP、速報値)6月
21:30 (米)個人消費支出(PCE/コア・デフレーター)5月

に注目したいと思います。

その他指標でもポジティブ、ネガティブサプライズがあれば、大きな変動も起こりますので、毎日必ず指標発表、要人の発言予定を確認してから、エントリーするようにしたいと思います。

6/24(月)の夜は、

17:00 (独)IFO企業景況感指数 6月

6/25(火)の夜は、

22:00 (米)住宅価格指数 4月
22:00 (米)ケース・シラー米住宅価格指数 4月
23:00 (米)リッチモンド連銀製造業指数 6月
23:00 (米)新築住宅販売件数 5月
23:00 (米)消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード)6月
26:00 (米)パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長 発言

の経済指標発表、イベントが予定されています。