FOMC議事録は想定範囲でレンジ – トレンドですか?レンジですか?


こんにちは。喜平です。

火曜日と木曜日はトレンドチェックです。この記事では移動平均線の4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、2日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:→ 1時間足:↑ 15分足:→
<ユーロ円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ポンド円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<オーストラリアドル円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロドル>
4時間足:→ 1時間足:↓ 15分足:→

となっています。

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね中心線となる移動平均線25MAより上で推移は、上昇トレンド↑

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね中心線となる移動平均線25MAより下で推移は、下降トレンド↓

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね上限ライン(+2σ)と下限ライン(-2σ)の間で推移は、レンジ→

時間の短い足しか見ていないと、長い足の流れに逆らってエントリーしてしまうことがあるので注意しましょう。

下向きの矢印がほとんどなくなり各通貨ペアともレンジ模様のチャートが多くなっています。
FOMC議事録は想定範囲の内容で、大きな混乱なく通過しました。
再び明確な方向性が見えるまでは、5分足チャートのレンジの上限、下限の反転サインに注意してエントリー根拠を確認したいと思います。
ドル円は1時間足で上昇トレンドとなっています。200MAは上抜けましたので、この流れがキープして相場の向きを方向付けてほしいとことです。ユーロ円、ポンド円、オーストラリアドル円は、4時間足で25MAを上抜けました。ユーロ、ポンドは金利上昇思惑が強くなってきているので反転上昇を期待したいです。ユーロドルは4時間足で広めのレンジとなっています。

本日2/22の夜は、
18:00 (独)IFO企業景況感指数 2月
18:30 (英)四半期国内総生産(GDP、改定値) 前期比 10-12月期
21:30 (欧)欧州中央銀行(ECB)理事会議事要旨
22:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分

明日2/23の夜は、
19:00 EUR(欧)消費者物価指数(HICP、改定値) 前年同月比 1月

が予定されています。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

オリンピックで女子団体パシュートが金メダル!
凄いですね。個人の力ではオランダの方が格上なのにチームワークの力で勝てたのは素晴らしいと思いました。

金曜日は特に大きな話題がない限りブログ投稿をお休みします。

FX凄腕名人紹介