3連続の強め陰線で直近安値下抜け – ベストトレード根拠

こんにちは。喜平です。

悠々自適時間を獲得するため、自分で決めたルールをしっかり守ってトレードしていきたいと思います。

普通の会社員である私がFX取引をできるのは、長くても平日午後8時から12時くらいです。

仕事を終えて帰宅後に、FX取引する時のチャートの読み方、分析、エントリーと決済の根拠についてブログに残していきます。

水曜日と土曜日は週の前半と後半のベストトレード根拠の公開です。今日は、今週月曜日~火曜日のベストトレード根拠です。




赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA
ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)

1/9火曜日のトレード根拠です。昨日のブログでも書きましたが、大きめの調整状況になっていました。どの通貨ペアも5分足チャート移動平均線が、ほぼ下降トレンドの並びです。そのため、移動平均線の傾き、連続陰線、直近安値更新、ローソク足の勢いに注意しながらチャートに注目していました。

そんな中、20:10頃、ポンド円5分足チャートにおいて、3連続で強めの陰線が直近安値を下抜けてきましたので、売りエントリーしてみました。(チャート内○の部分)

移動平均線の並びが上から200MA、100MA、25MAとなる下降トレンドであったことも根拠となります。

エントリー後は、小さな波で、上値を切り下げていく状態となり、移動平均線25MAの傾きも急になっていきました。そして22:20頃、長めの下ヒゲをつけた陽線が発生し、3連続陽線が5MAを上抜けてきたタイミングで決済としました。(チャート内□の部分)

移動平均線25MAの傾きが徐々に下がるタイミングをとらえる事ができた良いトレードだったと思います。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

今日1/10夜は、
18:30 (英)鉱工業生産指数 前月比 11月
18:30 (英)製造業生産指数 前月比 11月
18:30 (英)貿易収支 11月
21:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
22:30 (米)輸入物価指数 前月比 12月
24:00 (米)卸売在庫 前月比 11月

が予定されています。
エントリー前には再確認したいと思います。

悠々自適時間を獲得して、脱普通の会社員を目指します。

MT4自動売買プログラム検証企画 2017年10~12月 もしも両建てで利確と損切りの差を狙ったら