MT4自動売買 もしも両建てで利確と損切りの差を狙ったら2017年10月~12月

MT4の自動売買プログラム(EA)を使用して企画ものの検証を行います。

MT4の自動売買プログラムは安定して利益が得られるロジックを考えるのが本来の使い方ですが、一定のルールで売買を行ったらどうなるかという好奇心の検証に使うのもおもしろいと思います。

今回はヤフー知恵袋で回答した「売り買い両建てで同時エントリー、双方に利益確定指値と損切り逆指値を入れた場合、その差額を安定して儲けることができるかどうか?」の詳細検証です。

資金1万ドル 対象チャート:ドル円1分足

毎日日本時間で21:00に売り買い両建て1ロット(10万通貨)エントリー

期間:2017/10/1~2017/12/31

①利益確定が10pips、損切りが5pips

②利益確定が20pips、損切りが10pips

③利益確定が30pips、損切りが20pips

④利益確定が40pips、損切りが30pips

上記の条件をMT4自動売買プログラムに組み込み、MT4の機能であるストラテジーテスターをつかって1分足チャートでの検証をしてみました。

1万ドルを資金とし、1ロット10万通貨のトレードを行った場合の結果をグラフで示します。

①ドル円両建てで利益確定が10pips、損切りが5pips

②ドル円両建てで利益確定が20pips、損切りが10pips

③ドル円両建てで利益確定が30pips、損切りが20pips

④ドル円両建てで利益確定が40pips、損切りが30pips

まさかの検証結果です!

①利益確定が10pips、損切りが5pips
勝率 31.3% 損益 -3.6%

②利益確定が20pips、損切りが10pips
勝率 32.8% 損益 -2.6%

③利益確定が30pips、損切りが20pips
勝率 45.5% 損益 +29.2%

④利益確定が40pips、損切りが30pips
勝率 43.1% 損益 -2.7%

※10月最終日曜以降、冬時間になっていますので11,12月分は日本時間で上記よりも1時間遅い時間帯での検証となります。

なんと、利益確定が30pips、損切りが20pipsの場合、3ヶ月で30%近いプラスとなりました。

パターンとしては両建てエントリーで

買いが利確、売りが損切 → +10pips

買いが損切、売りが利確 → +10pips

買いが損切、売りが損切 → -20pips

となり、計算上の勝率は33.3%です。

ということで検証期間延長して、2017/1/1~2017/12/31の1年間としてみました。

③ドル円両建てで利益確定が30pips、損切りが20pips(1年間)

検証結果、

勝率 41.5% 損益 +32.6%

でした。

やはり、期間によっては大きなドローダウンも発生してますが、うまくいけばかなりの長い間、プラスが続くこともあるようです。
期間2年でもやってみましたが、損益は1年とあまり変わりませんでした。

今回の検証から思ったことは、ドル円は20~30pipsで利益確定、損切りをするのがいいんじゃないのかなということです。

次回はまた別の条件でプログラムを書いて検証をしてみたいと思います。

MT4が使えるFX会社


XM


FXTF


外為ファイネスト

MT4自動売買 企画プログラム検証一覧 に戻る

ブログ内トピックス一覧 に戻る