リスクオフ収束はまだ見えず – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

先週の週足は、ドル円、豪ドル円が陰線、ユーロ円、ポンド円、ユーロドルが陽線でした。

中国発の新型のコロナウイルスによる肺炎の感染拡大の懸念でのリスクオフが継続している感じですが、ポンド円、ユーロドルでは戻りが見られました。

日曜日は今週の相場見通しのため、週足チャート、日足チャート、4時間足チャートにおけるトレンド、レンジ判断、先週の取引レンジ、1時間足チャートの型を確認します。
チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。

<ドル円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↓
先週始値:108.9円 終値:108.4円
先週高値:109.3円 安値:108.3円
先週1時間足チャート型:弱含み

<ユーロ円>
週足:↓ 日足:↑ 4時間足:↓
先週始値:120.1円 終値:120.2円
先週高値:120.4円 安値:119.8円
先週1時間足チャート型:もみ合い

<ポンド円>
週足:→ 日足:↑ 4時間足:→
先週始値:142.4円 終値:143.1円
先週高値:143.3円 安値:141.3円
先週1時間足チャート型:強含み

<豪ドル円>
週足:↓ 日足:→ 4時間足:↓
先週始値:74.2円 終値:72.4円
先週高値:74.3円 安値:72.4円
先週1時間足チャート型:下降基調

<ユーロドル>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↓
先週始値:1.103ドル 終値:1.109ドル
先週高値:1.109ドル 安値:1.099ドル
先週1時間足チャート型:強含み

となっています。


<今週のドル円>

先週半ばまではもみ合いから反発の様子も見られましたが、4時間足25MAに抑えられ、直近安値更新してきました。目線も買いから売りに転換しています。まだ下向きの勢いは残っていますので108.0円までの下値模索はあると思います。反発上昇があった場合は、再び4時間足25MAでの戻り売りが発生するかに注目したいと思います。日足の目線を分けるラインは108.5円、注目水平ラインは109.2円、108.75円です。

<今週のユーロ円>

日足の強い水平ラインを中心としたレンジでのもみ合いとなっています。もみ合いレンジブレイクに注目したいと考えますが、上にブレイクした場合は、戻り売りに警戒し、高値、安値の切り上げが確認できてからN字エントリーしたいと思います。下にブレイクだと、119.25円付近を目指す展開でしょうか。日足の目線を分けるラインは120.15円、注目水平ラインは120.4円、119.8円です。

<今週のポンド円>

EU離脱確定により強含みとなっていますが、相場全体のリスクオフはまだ継続しているので上昇勢いが続くかどうかは不透明です。4時間足で意識される水平ライン143.3円上抜け、または142.7円下抜けが確認できれば、N字形成を待って攻めてみたいです。日足の目線を分けるラインは141.0円、注目水平ラインは143.3円、142.7円です。

<今週の豪ドル円>

中国経済の影響を受けやすさから下降基調となっています。目線も買いから売り転換となりました。まだかなりの下降勢いがあり、72.0円で反発が見られるかに注目です。戻りが見られた場合の売り再開は73.4円で想定しておきたいと思います。日足の目線を分けるラインは74.0円、注目水平ラインは73.4円、72.0円です。

<今週のユーロドル>

ドルの弱さもあり先週末は急上昇となりました。日足~4時間足で確認できるヘッドアンドショルダーでネックラインの1.1075ドルの下抜け後、日足レンジ下限から反発してきましたので、1.12ドルを確認しに行く展開があるかもしれません。但し、このままの勢いが継続するとは考えられないので、強い水平ラインでのサポートを確認してから、N字エントリーしたいと思います。日足の目線を分けるラインは1.1075ドル、注目水平ラインは1.111ドル、1.107ドルです。

今週の5分足、15分足のトレードは、抵抗、サポートとなる水平線を確認して、

ドル円・・・ロング(買い)、ショート(売り)

ユーロ円・・・ロング(買い)、ショート(売り)

ポンド円・・・ロング(買い)、ショート(売り)

豪ドル円・・・ショート(売り)

ユーロドル・・・ロング(買い)、ショート(売り)

で直近高値までのN字エントリー根拠を探りたい思います。

4時間足、日足では、チャンスがあれば、ポンド円のショートを狙ってみたいです。


今週発表の経済指標、イベントでは、

2/3
24:00 (米)ISM製造業景況指数 1月

2/4
12:30 (豪)豪準備銀行(RBA)政策金利発表

2/5
22:15 (米)ADP雇用統計 1月
24:00 (米)ISM非製造業景況指数(総合)1月

2/6
17:20 (欧)ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁 発言

2/7
09:30 (豪)豪準備銀行(RBA)四半期金融政策報告
22:30 (米)雇用統計 1月

に注目したいと思います。

金曜日は大注目のアメリカ雇用統計です。

2/3(月)の夜は、

17:55 (独)製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)1月
18:00 (欧)製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)1月
18:30 (英)製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)1月
23:45 (米)製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)1月
24:00 (米)ISM製造業景況指数 1月
24:00 (米)建設支出 12月

2/4(火)の夜は、

22:30 (米)耐久財受注 12月
18:30 (英)建設業購買担当者景気指数(PMI)1月
19:00 (欧)生産者物価指数(PPI)12月
24:00 (米)製造業新規受注 12月

の経済指標発表、イベントが予定されています。