上値は重いがレンジブレイクにも期待 – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

先週の週足は、ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円、ユーロドルのすべて連続陽線でした。

もみ合ったあとの再上昇となりましたね。

また上値が重くなっていますが、上昇勢いは残っていますのでレンジブレイクも期待したいです。

日曜日は今週の相場見通しのため、週足チャート、日足チャート、4時間足チャートにおけるトレンド、レンジ判断、先週の取引レンジ、1時間足チャートの型を確認します。
チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。

<ドル円>
週足:→ 日足:↓ 4時間足:↑
始値:105.8円 終値:106.5円
高値:107.0円 安値:105.7円
1時間足チャート型:上昇押し

<ユーロ円>
週足:→ 日足:↑ 4時間足:↑
始値:124.8円 終値:126.2円
高値:126.7円 安値:124.3円
1時間足チャート型:上昇押し

<ポンド円>
週足:→ 日足:↑ 4時間足:↑
始値:138.2円 終値:139.4円
高値:140.2円 安値:138.1円
1時間足チャート型:上昇押し

<豪ドル円>
週足:→ 日足:↑ 4時間足:↑
始値:75.8円 終値:76.4円
高値:76.7円 安値:75.7円
1時間足チャート型:上昇押し

<ユーロドル>
週足:→ 日足:↑ 4時間足:↑
始値:1.178ドル 終値:1.184ドル
高値:1.186ドル 安値:1.174ドル
1時間足チャート型:上昇もみ合い

となっています。


<今週のドル円>

4時間足の下降トレンドライン、107.0円のレジスタンスで押しが発生しています。短期で見れば買い目線ですが、4時間足の下降チャネルで見ると上限からの反転戻りなのでエントリーしにくいチャートです。注目水平ライン107.0円をしっかり上抜けてN字形成後の買い、106.41円をしっかり下抜けてN字形成後の売りまでは待った方が良い感じです。日足の目線を分けるラインは106.05円、注目水平ラインは107.0円、106.41円です。

<今週のユーロ円>

日足、4時間足の上昇トレンドが継続しています。やや押していますので、注目水平ライン125.41円または4時間足下降トレンドラインまで調整してくれるとよいのですが、1時間足の動きで安値を切り上げ後、高値更新の可能性もありそうです。しっかりと見極めてエントリーしたいと思います。日足の目線を分けるラインは124.25円、注目水平ラインは125.41円です。

<今週のポンド円>

日足直近高値を少しだけ上抜けてきました。139.0~139.2円まで押してからN字上昇を期待したいところです。ただし、4時間足チャネルの上限は意識しておきたいところです。日足の目線を分けるラインは137.84円、注目水平ラインは139.2円です。

<今週の豪ドル円>

週足でも意識される注目水平ライン76.7円のレジスタンスが強いです。しっかり上抜けると一段高が期待できそうですが、何かきっかけが欲しいところです。まずは、4時間足下降トレンドレインまで押してからの再トライでしょうか。上抜けに失敗した場合は、日足レベルの調整になることも想定しておきたいと思います。日足の目線を分けるラインは75.0円、注目水平ラインは76.7円、75.85円です。

<今週のユーロドル>

直近3週間は4時間足で大きなもみ合いレンジになっています。1時間足でも手もかなり多くのヒゲが発生していますので、レンジ内のエントリーはリスクが大きい感じです。もみ合いレンジ1.17~1.19ドルからのブレイク狙いでですね。日足の目線を分けるラインは1.170ドル、注目水平ラインは1.190ドルです。

今週の5分足、15分足のトレードは、抵抗、サポートとなる水平線を確認して、

ドル円・・・ロング(買い)、ショート(売り)

ユーロ円・・・ロング(買い)

ポンド円・・・ロング(買い)

豪ドル円・・・ロング(買い)

ユーロドル・・・ロング(買い)

で直近高値、安値までのN字エントリー根拠を探りたい思います。

4時間足、日足の中期トレードは、チャンスがあれば、ユーロ円、豪ドル円のロング、ドル円のショートを狙いたいと思います。


今週発表の経済指標、イベントでは、

8/17
08:50 (日)四半期実質国内総生産(GDP、速報値)4-6月期

8/19
18:00 (欧)消費者物価指数(HICP、改定値)7月

8/20
03:00 (米)米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨
20:30 (欧)欧州中央銀行(ECB)理事会議事要旨

8/21
08:30 (日)全国消費者物価指数(CPI)7月

に注目したいと思います。

8/17(月)の夜は、

18:00 (欧)建設支出 6月
21:30 (米)ニューヨーク連銀製造業景気指数 8月
23:00 (米)NAHB住宅市場指数 8月

8/18(火)の夜は、

21:30 (米)住宅着工件数 7月
21:30 (米)建設許可件数 7月

が予定されています。

喜平が使っているFX会社「GemForex」
– 入金無しでもリアルトレード始められます!