1時間足でのレンジ範囲を要確認 – トレンドですか?レンジですか?


こんにちは。喜平です。

火曜日と木曜日はトレンドチェックです。この記事では移動平均線の4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、2日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロ円>
4時間足:↓ 1時間足:→ 15分足:→
<ポンド円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:↑
<オーストラリアドル円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロドル>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
となっています。

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね中心線となる移動平均線25MAより上で推移は、上昇トレンド↑

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね中心線となる移動平均線25MAより下で推移は、下降トレンド↓

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね上限ライン(+2σ)と下限ライン(-2σ)の間で推移は、レンジ→

時間の短い足しか見ていないと、長い足の流れに逆らってエントリーしてしまうことがあるので注意しましょう。

ドル円、ユーロ円、ポンド円、オーストラリアドル円、ユーロドルともにレンジのの動きとなっています。5分足、15分足でトレンドでも1時間足チャートでレンジの場合は、レンジの上限付近か、中間付近か、下限付近かなども含めてチェックし、エントリー根拠、利益確定、損切りのポイントを確認していきたいと思います。

今日の夜は経済指標発表、イベントも多くなっています。特に24:00予定のパウエルFRB議長の発言は要チェックです。

本日2/27の夜は、

19:00 (欧)消費者信頼感(確定値) 2月
22:00 (独)消費者物価指数(CPI、速報値) 前月比 2月
22:30 (米)耐久財受注 前月比 1月
23:00 (米)四半期住宅価格指数 前期比 10-12月期
23:00 (米)住宅価格指数 前月比 12月
23:00 (米)ケース・シラー米住宅価格指数 12月
24:00 (米)リッチモンド連銀製造業指数 2月
24:00 (米)消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード) 2月
24:00 (米)パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長、発言

が予定されています。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

ローソク足の読み方 はこちら