クロス円のリスクオンが継続するかに注目 – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

先週の週足は、ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円、ユーロドルのすべて陽線でした。

ただし、実体が短く、ヒゲの長いローソクが多くなりました。

少しもみ合って再上昇するか、調整が入るのか注目です。

日曜日は今週の相場見通しのため、週足チャート、日足チャート、4時間足チャートにおけるトレンド、レンジ判断、先週の取引レンジ、1時間足チャートの型を確認します。
チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。

<ドル円>
週足:→ 日足:↓ 4時間足:→
始値:105.7円 終値:105.9円
高値:106.5円 安値:105.3円
1時間足チャート型:もみ合い

<ユーロ円>
週足:→ 日足:↑ 4時間足:↑
始値:124.5円 終値:124.8円
高値:125.6円 安値:124.0円
1時間足チャート型:上昇押し

<ポンド円>
週足:→ 日足:↑ 4時間足:↑
始値:138.2円 終値:138.2円
高値:139.2円 安値:137.7円
1時間足チャート型:もみ合い

<豪ドル円>
週足:→ 日足:↑ 4時間足:↑
始値:75.3円 終値:75.8円
高値:76.4円 安値:75.1円
1時間足チャート型:上昇押し

<ユーロドル>
週足:→ 日足:↑ 4時間足:↑
始値:1.177ドル 終値:1.178ドル
高値:1.191ドル 安値:1.170ドル
1時間足チャート型:逆V字下降

となっています。


<今週のドル円>

先週は、注目水平ライン105.25円を下抜けることはできず、反発上昇となりましたが、106.0円の日足目線ラインでレジスタンスされています。目先はもみ合いになりそうな感じですので、106.38円上抜け、105.25円下抜けのレンジブレイクを待つか、レンジ上限から反転下降の動きについていく感じでしょうか。日足の目線を分けるラインは106.05円、注目水平ラインは106.38円、105.25円です。

<今週のユーロ円>

週足のローソク足上昇勢いはやや衰えていますが、4時間足直近の上昇トレンドチャネル内の動きとなっています。上昇トレンドラインのサポートが確認できたらN字上昇狙い、トレンドラインを下抜けるようであれば、仕切り直してサポートラインを確認してから作戦を立て直したいと思います。日足の目線を分けるラインは122.82円、注目水平ラインは124.25円です。

<今週のポンド円>

週足の下降トレンドラインを上抜けてきていますが、日足直近高値のレジスタンスでもみ合いとなっています。ここは4時間足の上昇トレンドラインまでの押しを確認して、サポートをしっかりと確認してから、再度上昇の流れをつかみたいところです。日足の目線を分けるラインは135.42円、注目水平ラインは137.09円です。

<今週の豪ドル円>

週足の下降トレンドラインを4連続の陽線で上抜けていますが、週足でも意識される注目水平ライン76.6円を目前にややもみ合いです。このラインの上抜けには勢いが必要ですので、4時間足の上昇トレンドラインのサポートを確認してからの強い上昇を期待したいですね。上抜けに失敗した場合は、日足レベルの調整になることも想定しておきたいと思います。日足の目線を分けるラインは74.42円、注目水平ラインは76.6円、75.0円です。

<今週のユーロドル>

日足での7連続陽線の後、ここ2週間は安値を切り上げるも伸び悩んでいる様子です。4時間足上昇トレンドラインにサポートされそうにも見えますが、下抜けた場合、一気に1.15ドルまで確認にいくことも想定しておきたいと思います。日足の目線を分けるラインは1.150ドル、注目水平ラインは1.170ドルです。

今週の5分足、15分足のトレードは、抵抗、サポートとなる水平線を確認して、

ドル円・・・ロング(買い)、ショート(売り)

ユーロ円・・・ロング(買い)

ポンド円・・・ロング(買い)

豪ドル円・・・ロング(買い)

ユーロドル・・・ロング(買い)

で直近高値、安値までのN字エントリー根拠を探りたい思います。

方向感ははっきりしていますので、日足の流れに逆らったエントリーは避けたいと思います。

4時間足、日足の中期トレードは、チャンスがあれば、ユーロ円、豪ドル円のロング、ドル円のショートを狙いたいと思います。


今週発表の経済指標、イベントでは、

8/12
15:00 (英)四半期国内総生産(GDP、速報値)4-6月期
21:30 (米)消費者物価指数(CPI)7月

8/13
10:30 (豪)失業率 7月
15:00 (独)消費者物価指数(CPI、改定値)7月

8/14
18:00 (欧)四半期域内総生産(GDP、改定値)4-6月期
21:30 (米)小売売上高 7月

に注目したいと思います。

8/10(月)の夜は、特に気になる指標発表等の予定はありません。

8/11(火)の夜は、

17:30 (英)失業率 7月
18:00 (独)ZEW景況感調査 8月
18:00 (欧)ZEW景況感調査 8月
21:30 (米)卸売物価指数(PPI)7月

が予定されています。

喜平が使っているFX会社「GemForex」
– まだデモトレード? 資金ゼロからリアルトレード始めませんか!