豪ドル円の次の動きに注目 – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

水曜日は4時間足、1時間足、15分足のチャートでトレンド相場か、レンジ相場かを確認して、3日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:↑
<ユーロ円>
4時間足:→ 1時間足:↓ 15分足:→
<ポンド円>
4時間足:↓ 1時間足:↓ 15分足:↓
<豪ドル円>
4時間足:↑ 1時間足:↑ 15分足:→
<ユーロドル>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:↓

となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場

ドル円は、先週末から上昇となっていますが、まだ1時間足レンジ内の動きです。4時間足ヘッドアンドショルダーの下抜けにはなりませんでした。

ユーロ円は、直近の日足安値を更新しましたが、その後戻され下ヒゲになっていますね。4時間足三角保ち合いは下に崩れた可能性針増すが、エントリー根拠とするためにはN字が来て欲しいところです。

ポンド円は、日足安値を更新し、まだ下値を探る様子になっており、下降トレンドです。

豪ドル円は、日足レンジ上限76.0円付近まで来ています。7/1の窓開けした上限76.25円付近をしっかり抜けてくるか、戻り売りになるかに注目したいと思います。

ユーロドルは、日足ヘッドアンドショルダー形成の動きにはなっていません。4時間足もみ合いレンジの動きです。

注目したいニュースとしては、上昇トレンドの動きが見られる豪ドル円への影響が大きいオーストラリア雇用統計(7/18 10:30)などです。

<今週後半のイベント、経済指標発表情報>

7/17(水)の夜は、

17:30 (英)消費者物価指数(CPI)6月
17:30 (英)小売物価指数(RPI)6月
17:30 (英)生産者物価指数(PPI)6月
18:00 (欧)建設支出 前月比 5月
18:00 (欧)消費者物価指数(HICP、改定値)6月
20:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
21:30 (米)住宅着工件数 6月
21:30 (米)建設許可件数 6月

7/18(木)の夜は、

17:30 (英)小売売上高 6月
21:30 (米)フィラデルフィア連銀製造業景気指数 7月
21:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
21:30 (米)失業保険継続受給者数 前週分
23:00 (米)景気先行指標総合指数 6月

7/19(金)の夜は、

17:00 (欧)経常収支(季調前、季調済) 5月
23:00 (米)ミシガン大学消費者態度指数・速報値 7月

が予定されています。

CFTC(全米先物取引委員会)集計によるシカゴIMM通貨先物 投機筋のポジション情報です。

7/12の金曜日公表された7/9取引終了後の建て玉枚数および前週比の増減です。売り買いの比率と大きな増減は少しだけ気をつけて見ています。

円/ドル
買い 35,346 (+1,148)
売り 38,997 (+3,572)

ユーロ/ドル
買い 158,398 (+1,276)
売り 194,263 (+5,408)

ポンド/ドル
買い 36,232 (+2,585)
売り 109,214 (+11,323)

豪ドル/ドル
買い 31,850 (-2,990)
売り 85,857 (-7,718)


1回のエントリーが利益確定となるか、損失確定となるかは全く気にする必要がありません。

メンタルに左右されず、ルールに従って淡々とエントリーと決済を行うゾーンの境地でトータルで勝つトレードを目指しましょう。

初めてのFX Q&A
– 初心者の疑問にお答えします