米通商政策による貿易戦争懸念拡大 – トレード準備と独り言


こんにちは。喜平です。

日曜日は今週の相場見通しのため、週足チャート、日足チャート、4時間足チャートを見て流れをつかんでおきます。

<ドル円>
週足:↓ 日足:→ 4時間足:→
<ユーロ円>
週足:↓ 日足:→ 4時間足:↓
<ポンド円>
週足:↓ 日足:→ 4時間足:→
<オーストラリアドル円>
週足:↓ 日足:↓ 4時間足:↓
<ユーロドル>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↓

となっています。
※5本足移動平均線の傾きが、
上昇:↑ 下降:↓ レンジ(水平に近い):→

先週は、米朝関係改善のニュースはティラーソン国務長官解任以降なく、表立った進捗が無いように見えます。トランプ大統領は鉄鋼とアルミニウム製品に大幅な輸入関税を課す大統領令に署名した後も、保護主義的な通商政策を維持し、特に中国に対しては厳しい態度を見せているため、貿易戦争による経済への悪影響の懸念が相場を押し下げています。オーストラリアドルは下げは大きいですね。

今週のドル円は、上値の重い展開が予測されます。連邦準備理事会(FRB)が3/20-21に開催する連邦公開市場委員会(FOMC)で、政策金利を0.25%引き上げ、1.50%-1.75%とすることは確実視されており、市場の関心は利上げペースに向けられているようです。FOMC声明およびパウエル議長の記者会見には注目です。
また、トランプ政権は中国などをターゲットに保護主義的な通商政策を維持すると予想されているため、貿易摩擦深刻化に対する警戒感から積極的なドル買いにはなりにくいと思われます。
チャート的には4時間足の移動平均線25MA、75MAが抵抗として働き、上に抜けることは難しそうに見えます。25MAとボリンジャーバンド下限の範囲での動きになりやすいと思われます。

今週のユーロ円は、欧州中央銀行(ECB)が金融緩和策の早期縮小について慎重な姿勢を見せているため、金利先高期待によるユーロ買いは抑えられると思われます。トランプ政権の保護主義的な通商政策からの貿易摩擦深刻化に対する警戒感、日本の政局不安が円高の要因となる可能性もあることから、弱含みの展開になる可能性が高いと思われます。
チャート的には日足を見ると200MAで戻り売りになっており、しっかりとした3連続陰線が発生しています。130円を割り込んだ場合、129.6円付近に週足の200MAがあり、そこで反発が出るかどうかといったところです。

今週のポンド円は、インフレ指標が好調であることから政策金利の利上げ期待が広がっているが、EU離脱後の交渉が難航していること、ロシア元スパイの殺人未遂事件に関するロシア政府の対応を批判して関係が悪化していること、トランプ政権の保護主義的な通商政策による貿易摩擦警戒から、上値は重い展開になると思われます。
チャート的には4時間足でボリンジャーバンド下限からの反転の動きが維持できるか、もみ合いになるのかに注目したいと思います。

今週のオーストラリアドル円は、準備銀行(中央銀行)の成長見通し引き下げ、GDPの伸びの鈍化に加え、トランプ政権の保護主義的な通商政策で中国経済への影響が懸念されることから、弱含みの展開になる可能性が高いと思われます。3/20の準備銀行(中央銀行)の理事会議事要旨が予想より弱い内容だと更に売られる可能性もあると思います。
チャート的には週足で直近安値付近まで来ています。下抜けすると、80.0円が見えてくると思われます。

今週のユーロドルは、欧州中央銀行(ECB)が金融緩和策の早期縮小について慎重な姿勢を見せているため、金利先高期待によるユーロ買いは抑えられると思われます。またアメリカの追加利上げが確実視されていることもユーロ上昇を抑える要因ですが、トランプ政権の保護主義的な通商政策から、積極的なドル買い、ユーロ売りになる可能性も低く、もみ合いになる可能性が高いと思われます。
チャート的には日足、4時間足でレンジが継続しており、この動きが今週も継続する可能性が高いと思われます。

チャートをしっかり見極めてからエントリーしたいと思います。

今週発表の経済指標、イベントでは、
3/20
09:30 (豪)豪準備銀行(RBA)金融政策会合議事要旨公表
3/22
03:00 (米)連邦公開市場委員会(FOMC)政策金利発表
03:30 (米)連邦準備理事会(FRB)パウエル議長、定例記者会見
21:00 (英)イングランド銀行(BOE)政策金利発表
21:00 (英)英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨
3/23
21:30 (米)耐久財受注 前月比 2月

に注目したいと思います。

先週からアメリカは夏時間となり、日本時間の各経済指標発表が冬時間より1時間早くなっていますよ。

その他指標でもポジティブ、ネガティブサプライズがあれば、大きな変動も起こりますので、毎日必ず指標発表、要人の発言予定を確認してから、エントリーするようにしたいと思います。

明日3/19夜は、

19:00 (欧)貿易収支 1月
19:00 (欧)建設支出 前月比 1月

の経済済指標発表が予定されています。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

私の趣味の一つは音楽ですが、ケースから出したギターはまだまだ冷たい。指も動きにくい。ということで、ソファーに出しっぱなしのウクレレを弾くことが多くなっています。ウクレレは音も小さいのでテレビを見ながら弾いても気にならないし、近所迷惑にもなりにくいですよ。

ウクレレは4本の弦しかありませんが、意外にもジャズやボサノバといったジャンルの曲を弾くことができます。ちょっとおしゃれなコードを使ってジャズの曲を弾くと、ウクレレのことをあまり知らない人はビックリします。本当にやさしい音なので、それほど難しくない曲をポロンと弾くだけでも自分自身が癒されます。

津村さんのDVDウクレレ講座はいろいろなジャンルから有名な曲ばかり54曲を素敵なアレンジで教えてくれる内容になっています。1~5巻で1巻あたり2~3時間で10~14曲のレッスンが収録されています。まとめて購入すると割引がありますが、1巻単位でも購入できますのでまずは好きな曲が入っているDVDだけ試してみるのがよいと思います。

津村さんの演奏はこんな感じ

夜空ノムコウ



月曜日は特に大きな話題がない限りブログ投稿をお休みします。

米朝関係改善のニュースに注目 – トレード準備と独り言


こんにちは。喜平です。

日曜日は今週の相場見通しのため、週足チャート、日足チャート、4時間足チャートを見て流れをつかんでおきます。

<ドル円>
週足:↓ 日足:→ 4時間足:↑
<ユーロ円>
週足:↓ 日足:↑ 4時間足:→
<ポンド円>
週足:↓ 日足:↑ 4時間足:↑
<オーストラリアドル円>
週足:↓ 日足:↑ 4時間足:↑
<ユーロドル>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
となっています。
※5本足移動平均線の傾きが、
上昇:↑ 下降:↓ レンジ(水平に近い):→

先週は、米朝関係改善へのニュースをきっかけにリスクオフが弱まり、ドル円、ユーロ円、ポンド円、オーストラリアドル円で下げ止まりが見られました。日足、4時間足では上昇も見られますが、週足ではまだ下降トレンドとなっており、大きなトレンド転換には至っていません。ユーロドルはレンジ継続です。しばらくは4時間足のレンジ範囲、レンジで上限付近か、中間付近か、下限付近かを確認していきたいと思います。

今週のドル円は、先週の雇用統計が予想より良く、利上げペース加速の思惑はあるものの、北朝鮮との首脳会談実現の懸念、米通商政策に対する警戒感が根強く、もみ合いになる可能性が高いと思われます。
チャート的には4時間足でボリンジャーバンド上限付近にきており、下降トレンドラインを上抜けられるか、レンジの動きになるのかに注目したいと思います。

来週のユーロ円は、欧州中央銀行(ECB)が2019年のインフレ見通しを引き下げ、金融緩和策の早期縮小に慎重な姿勢を継続していることから、積極的なユーロ買いは弱いと思われますが、日本銀行は現行の金融緩和策を堅持すること明確にしており、底堅い動きになると思われます。米朝関係のニュースにも留意が必要です。
チャート的には4時間足のもみ合いレンジを上抜けることができるかどうかに注目したいと思います。

今週のポンド円は、引き続きEU離脱交渉で通商関係に関する課題の解決の長期化懸念が残されているが、日本銀行は現行の金融緩和策を堅持すること明確にしており、底堅い動きになると思われます。米朝関係のニュースにも留意が必要です。
チャート的には4時間足の100MAを上抜けて上昇力を維持できるか、戻されてレンジとなるかに注目したいと思います。

今週のオーストラリアドル円は、先週の準備銀行(中央銀行)の声明で、成長見通しがやや引き下げられ、GDPの伸びが予想以上に鈍化したことから、積極的な買いは弱いと思われます。しかし、先週同様、米朝関係改善への期待が継続するようであれば、連れ高になる可能性もあると思われます。
チャート的には比較的強い上昇がみられますが、ファンダメンタルズは弱いため、慎重に取り組みたいと思います。

今週のユーロドルは、欧州中央銀行(ECB)が2019年のインフレ見通しを引き下げ、金融緩和策の早期縮小に慎重な姿勢を継続していることから、積極的なユーロ買いは弱いと思われますが、アメリカの北朝鮮との首脳会談実現の懸念、通商政策に対する警戒感によるドルの動きに影響を受けると思われます。
チャート的には日足、4時間足でレンジが継続しており、この動きが継続する可能性が高いと思われます。

チャートをしっかり見極めてからエントリーしたいと思います。

今週発表の経済指標、イベントでは、
3/13
21:30 (米)消費者物価指数(CPI) 前月比 2月
3/14
21:30 (米)小売売上高 前月比 2月

に注目したいと思います。

今週からアメリカは夏時間となり、日本時間の各経済指標発表が先週より1時間早くなります。私は夏時間のほうが経済指標結果の動きについていきやすいので好きですね。

その他指標でもポジティブ、ネガティブサプライズがあれば、大きな変動も起こりますので、毎日必ず指標発表、要人の発言予定を確認してから、エントリーするようにしたいと思います。

明日3/12夜は、特に経済済指標発表は予定されていません。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

~~~~~~~~~~~~~~~

悠々自適時間は海外でリフレッシュ!

普通のパックツアーじゃつまらない。極上のセレブ気分を味わえるプランに出会えるホームアウェイ。


海外旅行となると、英語が少しでも話せたほうが楽しいですよね。

英語を学習する苦痛から解放する日本初、1日たった6分間、聞くだけです。

英会話に挫折した人、諦めた人が『話せるようになる』英会話音声教材「ネイティブ・イングリッシュ」

いかがでしょうか。


月曜日は特に大きな話題がない限りブログ投稿をお休みします。

米高関税による貿易摩擦に警戒 – トレード準備と独り言


こんにちは。喜平です。

日曜日は今週の相場見通しのため、週足チャート、日足チャート、4時間足チャートを見て流れをつかんでおきます。

<ドル円>
週足:↓ 日足:↓ 4時間足:↓
<ユーロ円>
週足:↓ 日足:↓ 4時間足:→
<ポンド円>
週足:↓ 日足:↓ 4時間足:↓
<オーストラリアドル円>
週足:↓ 日足:↓ 4時間足:↓
<ユーロドル>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↑
となっています。
※5本足移動平均線の傾きが、
上昇:↑ 下降:↓ レンジ(水平に近い):→

先週は、ドル円、ポンド円はほぼレンジだったのですが、週末近くになってトランプ大統領の高関税措置発言で株安となり、リスクオフ再開の下落となりました。ユーロ円、オーストラリアドル円で先々週に引き続き、緩やかな下降でしたが、こちらもトランプ発言で、下落がきつくなりました。ユーロドルは、下落傾向が続いていましたが、ユーロに対するトランプ発言の影響がドルよりも軽かったため、4時間足では上昇で引けました。

今週のドル円は、トランプ大統領が鉄鋼、アルミ製品の輸入に高い関税を課す措置を表明したことにより、弱含みの展開になる可能性が高いと思われます。アメリカの措置は貿易相手国との通商関係を悪化させるだけでなく、世界経済の成長を妨げる原因になるとみられています。相手国が対抗措置を行うと貿易摩擦が激化するため、警戒感が高まることによるリスクオフのドル売りが懸念されます。
チャート的には週足で5MAが直線的に下がっており、直近安値も更新しています。100円台まで強い抵抗線は無いように感じますので、大きな下落にも警戒が必要だと思います。

今週のユーロ円は、アメリカの鉄鋼、アルミ製品の輸入関税措置から対ドルでユーロ買いが継続した場合、上昇する可能性もあると思われます。日本銀行黒田総裁が現行の金融緩和策を長期間継続することを打ち出しているため、円が積極的に買われる可能性は低いと考えますが、相場全体のリスクオフがさらに進めば下落が継続する可能性もあると思います。
チャート的には4時間足で下降トレンドが続いていますが、週足ではボリンジャーバンド下限および、移動平均線200MA付近に来ており、下落勢いが弱まれば、もみ合いになる可能性があります。

今週のポンド円は、アメリカの鉄鋼、アルミ製品の輸入関税措置により貿易摩擦激化への懸念が継続する場合、リスクオフにより下落する可能性があると思われます。また欧州連合(EU)離脱後の通商関係に関する協議は難航していることへの懸念が再燃しているため、メイ首相の交渉プランにも注目が集まっているようです。
チャート的には日足、4時間足で下降トレンドが続いていますが、週足で上昇トレンドライン付近に来ているため、下落勢いが弱まれば、もみ合いになる可能性があります。

今週のオーストラリアドル円は、アメリカの鉄鋼、アルミ製品の輸入関税措置により中国経済への影響、貿易摩擦激化への懸念により、弱含みになる可能性が高いと思われます。今週は3/6に準備銀行(中央銀行)政策金利発表が予定されていますが、今回も1.5%に据え置きが確実視されています。景気認識やインフレ見通しに変更がない場合も、売り圧力が強まる可能性がありそうです。
チャート的には週足で直近安値付近に到達しており、下抜けた場合は80.0円が見えてきそうです。

今週のユーロドルは、今週発表されるアメリカの鉄鋼、アルミ製品の輸入関税措置の詳細次第で、ユーロ買いが継続する可能性もあると思われます。しかし、ユーロ圏のインフレ指標の伸びが弱くなってきており、3/8の欧州中央銀行(ECB)理事会では金融政策の現状維持が決定される可能性が高いようで、もみ合いになる可能性もあると思われます。
チャート的には日足25MAを上抜けられるかどうかに注目したいと思います。

チャートをしっかり見極めてからエントリーしたいと思います。

今週発表の経済指標、イベントでは、
3/6
09:30 (豪)小売売上高 前月比 1月
12:30 (豪)準備銀行(中央銀行)政策金利
3/7
09:30 (豪)四半期国内総生産(GDP) 前期比 10-12月期
19:00 (欧)四半期域内総生産(GDP、確定値) 前期比 10-12月期
22:15 (米)ADP雇用統計 前月比 2月
3/8
21:45 (欧)欧州中央銀行(ECB)政策金利
22:30 (欧)ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁、定例記者会見
3/9
22:30 (米)雇用統計 前月比 2月

に注目したいと思います。先週に引き続き、経済指標、イベントの影響は大きいと思います。

その他指標でもポジティブ、ネガティブサプライズがあれば、大きな変動も起こりますので、毎日必ず指標発表、要人の発言予定を確認してから、エントリーするようにしたいと思います。

明日3/5夜は、

17:55 (独)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値) 2月
18:00 (欧)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値) 2月
18:30 (英)サービス部門購買担当者景気指数(PMI) 2月
19:00 (欧)小売売上高 前月比 1月
24:00 (米)ISM非製造業景況指数(総合) 2月

の経済済指標発表が予定されています。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

みなさんは良い睡眠が取れていますか。寝不足は判断力が鈍るためトレードにとってよくありません。寝る時間もトレードルールの一つと考えてください。

今日はちょっといい枕で良質な睡眠をとり、トレードの判断力を保つための提案です。眠りの質で人生が変わるといっても過言ではありません。よい人生のために枕に投資するのはありだと思います。



The Pillowは高反発タイプの枕です。横向きでも仰向けでも、頭が浮いているような感覚が得られます。それなりの硬さがあるため寝返りもしやすいです。そのため肩こり予防には向いているのではないでしょうか。高さは3段階に調整できるので好みの高さを探すことができると思います。



既製品では物足りない人は自分だけのオーダー枕を検討してはいかがでしょうか。「まくらる。」はいろいろなオーダー枕を扱っており、比較しやすいサイトです。

月曜日はブログ開設6ヶ月の振り返りをしたいと思います。

下げ一服のもみ合いから抜けられるか – トレード準備と独り言


こんにちは。喜平です。

日曜日は今週の相場見通しのため、週足チャート、日足チャート、4時間足チャートを見て流れをつかんでおきます。

<ドル円>
週足:↓ 日足:→ 4時間足:→
<ユーロ円>
週足:↓ 日足:↓ 4時間足:↓
<ポンド円>
週足:↓ 日足:→ 4時間足:→
<オーストラリアドル円>
週足:↓ 日足:↓ 4時間足:→
<ユーロドル>
週足:↑ 日足:↓ 4時間足:→
となっています。
※5本足移動平均線の傾きが、
上昇:↑ 下降:↓ レンジ(水平に近い):→

先週は、リスクオフの円買いが落ち着いてきましたが、反転上昇の気配は見られません。ドル円、ユーロドルで4時間足25MAが波打ち状態でもみ合い、ユーロ円、オーストラリアドル円で緩やかな下降、ポンド円はほぼ水平という状況です。下げ一服ですが、更なる下値を模索するのか、反転上昇するのかはファンダメンタルズの影響が大きいと思われます。

今週のドル円は、下げ一服となっていますが、まだまだ反転上昇するような材料は弱く、レンジの動きが継続すると思われます。
アメリカ財政赤字の拡大懸念は残っており、トランプ政権要人の発言には要注意です。2/27にはパウエルFRB新議長が議会証言する予定があり注目されます。パウエル新体制は慎重派との見方が強く、追加利上げに消極的な発言があれば、ドルが売られる可能性がありそうです。
チャート的には4時間足で25MAは上抜けたものの、ボリンジャーバンド上限、75MAで反転下降しており、レンジの様子となっています。

今週のユーロ円は、先週の欧州中央銀行(ECB)の1月理事会議事要旨から、金融緩和策の早期縮小期待が後退しましたが、今後の金利上昇の方向性は維持されているとため、レンジもみ合いになる可能性が高いと思われます。
チャート的には4時間足で下降トレンドとなっていますが、再び25MAを上抜けてレンジに移行するかどうかに注目したいと思います。

今週のポンド円は、レンジの動きが予想されますが、英中央銀行理事会で早期利上げに関して強気な見解が維持されており、経済指標が好調なら期待は更にふくらみ、ポンド買いになる可能性があると思われます。
チャート的には日足200MA付近で下げ止まり調整、4時間足でレンジとなっています。ボリンジャーバンドを意識しつつ、4時間足直近高値を上抜けてくるような動きを期待したいところです。

今週のオーストラリアドル円は、準備銀行理事会議事要旨から、早期利上げの可能性は低いとみられており、特に買い材料は無い状況ですので、弱含みが続く可能性が高いと思われます。
チャート的には、4時間足で下降トレンドが続いていますが、週足でボリンジャーバンド下限、移動平均線100MA付近となっており、下支えになる可能性もあると思います。下抜けてしまうと直近安値の81円台が見えてきます。

今週のユーロドルは、引き続きレンジの可能性が高いと考えますが、2/27に予定されるパウエルFRB新議長が議会証言の影響は要注意です。パウエル新体制は慎重派との見方が強く、追加利上げに消極的な発言があれば、ユーロ買いドル売りで反応する可能性がありそうです。
チャート的には日足で25MAよりやや下に来ていますが、ボリンジャーバンドレンジ幅を意識しておきたいと思います。

チャートをしっかり見極めてからエントリーしたいと思います。

今週発表の経済指標、イベントでは、
2/26
24:00 (米)新築住宅販売件数 前月比 1月
2/27
22:30 (米)耐久財受注 前月比 1月
2/28
16:00 (独)GFK消費者信頼感調査 3月
22:30 (米)四半期実質国内総生産(GDP、改定値)
3/1
19:00 (欧)雇用統計 1月
24:00 (米)ISM製造業景況指数 2月

に注目したいと思います。先週に引き続き、経済指標、イベントの影響は大きいと思います。

その他指標でもポジティブ、ネガティブサプライズがあれば、大きな変動も起こりますので、毎日必ず指標発表、要人の発言予定を確認してから、エントリーするようにしたいと思います。

明日2/26夜は、

24:00 (米)新築住宅販売件数 前月比 1月

の経済済指標発表が予定されています。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

まだまだ寒い日が続いていますね。
うちの会社は3月が繁忙期となっているので来月は忙しくなりそうですが、4月になったら一段落します。
あまり長い休みは取れないですが、ちょっとした悠々自適時間、リラックスできる時間を持つために小旅行など企画したいです。
ゆとりを持つことに投資することは、トレードで必要な心のコントロールを高めることにも役立つと思います。

じゃらんnetなら、2万軒以上の宿泊施設やクチコミ、全国14万件を超える観光スポット情報、約3万件のイベントや18万件のクチコミから趣向にあった宿やホテルを探せますよ。私も出張や国内の家族旅行で利用しています。


ゴールデンウィークなら海外でセレブな気分を味わえるプランに出会えるホームアウェイかな。


月曜日は特に大きな話題がない限りブログ投稿をお休みします。