反発上昇高値圏でややもみ合い – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

水曜日はトレンドチェックです。この記事では移動平均線の4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、3日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:↓ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロ円>
4時間足:→ 1時間足:↑ 15分足:→
<ポンド円>
4時間足:↓ 1時間足:↑ 15分足:→
<豪ドル円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロドル>
4時間足:↑ 1時間足:↑ 15分足:→

となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場

長い時間足のチャートも確認すると、短い時間足では見えない流れをつかむことができます。

ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円は、週明けで窓明けの上昇となりました。

ドル円、ユーロ円は大きな波ではありませんが、1時間レンジ高値圏で高値更新が見られます。

ポンド円は、押しが見られましたが、1時間足で高値、安値切り上げの上昇基調となっています。

豪ドル円は、週明けの動きに元気がありませんが、1時間足レンジ内のキープです。

ユーロドルは、波が小さくなってきていますが、1時間足で上昇基調ですね。

5月末までの下げから反発上昇していますが、持続的な反発となるかどうかはもう少し見極めが必要です。波の動きをしっかり確認すれば、5分足、15分足の短期足では、買い(ロング)、売り(ショート)どちらでもいけそうです。

注目したいニュースとしては、米利下げ観測、G20で米中首脳会談実現に向けての動きなどです。

<今週後半のイベント、経済指標発表情報>

6/12(水)の夜は、

17:15 (欧)ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁 発言
20:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
21:30 (米)消費者物価指数(CPI、コア指数)5月

6/13(木)の夜は、

18:00 (欧)鉱工業生産 4月
21:30 (米)輸入物価指数 5月
21:30 (米)輸出物価指数 5月
21:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
21:30 (米)失業保険継続受給者数 前週分

6/14(金)の夜は、

21:30 (米)小売売上高 5月
21:55 (英)カーニー英中銀(BOE)総裁、発言
22:15 (米)鉱工業生産 5月
22:15 (米)設備稼働率 5月
23:00 (米)ミシガン大学消費者態度指数・速報値 6月
23:00 (米)企業在庫 4月

が予定されています。

CFTC(全米先物取引委員会)集計によるシカゴIMM通貨先物 投機筋のポジション情報です。

6/7の金曜日公表された6/4取引終了後の建て玉枚数および前週比の増減です。売り買いの比率と大きな増減は少しだけ気をつけて見ています。

円/ドル
買い 27,437 (+1,634)
売り 71,826 (-9,554)

ユーロ/ドル
買い 155,771 (+4,642)
売り 243,322 (-7,498)

ポンド/ドル
買い 41,998 (-9,798)
売り 89,760 (+5,968)

豪ドル/ドル
買い 38,653 (-1,104)
売り 99,595 (-5,451)


1回のエントリーが利益確定となるか、損失確定となるかは全く気にする必要がありません。

利益確定ルール、損切りルールをしっかり守ってトータルで勝つことが大事だと思います。トータルで利益が出ない場合は、ルールを見直しましょう。

メンタルに左右されず、ルールに従って淡々とエントリーと決済を行うゾーンの境地でトレードできるようになりたいですね。

豊かな悠々自適時間を手に入れて、脱普通の会社員!

MT4のインストール方法 XM編
– チャート設定までの詳細をわかりやすく