ポンドは合意なきEU離脱警戒で下げ継続 – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

水曜日はトレンドチェックです。この記事では移動平均線の4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、3日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロ円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:↑
<ポンド円>
4時間足:↓ 1時間足:↓ 15分足:→
<豪ドル円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:↑
<ユーロドル>
4時間足:↓ 1時間足:→ 15分足:↑

となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場

長い時間足のチャートも確認すると、短い時間足では見えない流れをつかむことができます。

週明けの為替相場は、大きなイベントも無く、ドル円はドル金利高による買い勢力も弱く、米厨房貿易摩擦激化の懸念でもみ合いレンジとなっています。アメリカはイラン制裁を一部再開したため、地政学的リスクの高まりも警戒されているようです。

火曜日は欧州株高を受けて、ユーロ円、ユーロドルがやや強含みとなり、豪ドル円も上海総合指数の大幅上昇を背景に堅調となったようです。

しかしながら、ポンド円は、先週のカーニーBOE総裁による限定的かつ緩やかな利上げが必要との発言で年内追加利上げの可能性が低下していること、合意なき(ノーディール)EU離脱への警戒感から売りが優勢になっています。

<今週後半のイベント、経済指標発表情報>

8/8(水)の夜は、

20:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比

8/9(木)の夜は、

21:30 (米)生産者物価指数(PPI) 前月比 7月
21:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
23:00 (米)卸売売上高 前月比 6月
23:00 (米)卸売在庫 前月比 6月

8/10(金)の夜は、

17:30 (英)貿易収支 6月
17:30 (英)鉱工業生産指数 前月比 6月
17:30 (英)製造業生産指数 前月比 6月
17:30 (英)四半期国内総生産(GDP、速報値) 前期比 4-6月期
21:30 (米)消費者物価指数(CPI) 前月比 7月

が予定されています。

8/10のイギリスGDPとアメリカCPIはやや注目しています。

CFTC(全米先物取引委員会)集計によるシカゴIMM通貨先物 投機筋のポジション情報です。

先週の金曜日公表された7/31取引終了後の建て玉枚数および前週比の増減です。

ややマニアックですが、大きな動きは気にしています。

円/ドル
買い 48,016 (-1,977)
売り 116,473 (-7,289)

ユーロ/ドル
買い 174,549 (-4,966)
売り 151,724 (+1,849)

ポンド/ドル
買い 35,001 (+2,823)
売り 82,387 (+3,466)

豪ドル/ドル
買い 21,642 (-1,034)
売り 73,118 (+4,956)



感情に左右されないメンタルでゾーンの境地へ。

1回のトレードにこだわらず、損切りルールをしっかり守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

豊かな悠々自適時間を手に入れて脱普通の会社員を目指します。

FXトレードをしないでプチ悠々自適時間を過ごすため、ブログ投稿は8/11(土)ベストトレード根拠 ~ 8/18(土)ベストトレード根拠までお休みします。

主な経済指標(イギリス、ドイツ、ユーロ)
– 発表時間は事前にチェック