【今週の相場見通し】大きな波の相場で4時間足トレンドをしっかりチェック


こんにちは。喜平です。

先週足は、ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円が陽線、ユーロドルが陰線でした。

先週は売りクライマックスからの反発上昇狙いでしたが、今週は戻り売りが発生しないか注視しつつ、4時間足直近の下降トレンドラインでの攻防はしっかりと見極めていきたいです。

重要な経済指標も少なめですが、相場の波が大きくなっているので、4時間足、1時間足のトレンド方向は常に確認したいと思います。

来週はお盆休みとなるのでブログ更新はお休みします。

チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。

<ドル円>
週足:↑ 日足:→ 4時間足:→
始値:133.2円 終値:135.0円
高値:135.5円 安値:130.4円
1時間足チャート型:しっかり上昇

<ユーロ円>
週足:↑ 日足:→ 4時間足:→
始値:136.1円 終値:137.4円
高値:137.7円 安値:133.4円
1時間足チャート型:しっかり上昇

<ポンド円>
週足:↑ 日足:→ 4時間足:→
始値:162.2円 終値:162.9円
高値:163.9円 安値:159.4円
1時間足チャート型:上昇もみ合い

<豪ドル円>
週足:↑ 日足:→ 4時間足:↓
始値:93.0円 終値:93.3円
高値:93.8円 安値:90.5円
1時間足チャート型:上昇もみ合い

<ユーロドル>
週足:↓ 日足:↓ 4時間足:→
始値:1.021ドル 終値:1.018ドル
高値:1.029ドル 安値:1.012ドル
1時間足チャート型:もみ合い

となっています。

通貨強弱(CCFpインジケータ)は

日足
豪ドル>円>ポンド>ドル>ユーロ

4時間足
円>ドル>ユーロ>ポンド>豪ドル

です。

相場見通し

 

<今週のドル円>

先週は急落一服後、週足MA付近から急反発となりましたが、日足MAでレジスタンスされているように感じられます。

売りのクライマックスからの戻りで上昇しましたが、日足では高値を切り下げていることもあり、再び売りが強くなる可能性があります。

4時間足直近の上昇トレンドライン、MAとの位置関係をしっかりと確認していきたいですね。

注目水平ライン135.50円を上抜けてのN字上昇では買い、日足目線ライン134.74円を下抜けてのN字下降では売りをメインにエントリーポイントを見極めたいと思います。、

日足の目線を分けるラインは134.74円、注目水平ラインは135.50円です。

<今週のユーロ円>

ドル円同様、売りクライマックスからの反発上昇となっており、4時間足MAはしっかり抜けて、サポートされている感があります。

日足では高値、安値の切り下げとなっており、日足売り目線領域となりますので、上昇のレジスタンスラインが見えてきたら、N字形成を確認して、売りエントリータイミングを見極めたいと思います。

週前半は買いエントリーポイントが見つかるかもしれませんが、ややリスクが高い気がします。

日足の目線を分けるラインは139.80円、注目水平ラインは138.30円、136.85円です。

<今週のポンド円>

売りクライマックスから反発上昇となったのですが、8/4政策金利発表で10月以降で景気後退の見通しが示されたことで、200pipsを超える深い押しとなりました。

その後反発上昇していますが、とらえにくい動きとなっています。

4時間足の波の形が悪くなっていますが、4時間足直近の下降トレンドラインは聞いているように感じます。

1時間足で高値切り下げ、安値切り下げが確認できれば、短期で売ってみたいと思います。

変則的な三角保ち合いも注意したいです。

日足の目線を分けるラインは162.95円、注目水平ラインは164.44円、161.80円です。

<今週の豪ドル円>

売りクライマックスからの反発上昇となりましたが、日足目線ライン93.32円、日足MAでレジスタンスされているように見えます。

注目水平ライン94.00円をしっかり上抜けてくるようなら、N字上昇で買い、注目水平ライン92.33円を下抜けてくるなら、N字下降で売りポイントを見極めたいと思います。

日足の目線を分けるラインは93.32円、注目水平ラインは94.00円、92.33円です。

<今週のユーロドル>

引き続き、注目水平ライン1.010~1.025ドルのレンジもみ合いとなっています。

1時間足の波の形としては、やや乱れが収まってきていますので、レンジ上限付近でのN字下降、レンジ下限付近でのN字上昇を狙っていくことはできそうな感じです。

日足の目線を分けるラインは1.049ドル、注目水平ラインは1.0253ドル、1.010ドルです。

<今週の買いと売り>

今週の5分足、15分足のトレードは、

1時間足のトレンド方向のみエントリー!

1時間足レンジの上限、下限は様子見!

抵抗、サポートとなる水平線で反転するセットアップ足をチェック、

高値または安値を更新するシグナル足を確認、

さらにN字形成で伸びてくるところを、

ドル円・・・ロング(買い)、ショート(売り)

ユーロ円・・・ロング(買い)、ショート(売り)

ポンド円・・・ロング(買い)、ショート(売り)

豪ドル円・・・ロング(買い)、ショート(売り)

ユーロドル・・・ロング(買い)、ショート(売り)

で直近高値、安値までの動きを狙いたいと思います。

両方向に可能性があるのでしっかりと見極めていきましょう。

1時間足、4時間足のトレードは、

上記日足のトレンド矢印方向のみのエントリーとなります。

Advertisements

今週の経済指標とイベント

 

今週注目すべきもの(★)、夕方以降の会社員時間帯に発表が予定されているものは、

8/9
21:30 (米)四半期非農業部門労働生産性・速報値 4-6月期
21:30 (米)四半期単位労働コスト・速報値 4-6月期

8/10
15:00 (独)消費者物価指数(CPI、改定値)7月 ★
20:00 (米)MBA住宅ローン申請指数
21:30 (米)消費者物価指数(CPI)7月 ★
23:00 (米)卸売売上高 6月

8/11
21:30 (米)卸売物価指数(PPI)7月
21:30 (米)新規失業保険申請件数
21:30 (米)失業保険継続受給者数

8/12
15:00 (英)四半期国内総生産(GDP、速報値)4-6月期 ★
18:00 (欧)鉱工業生産 6月
21:30 (米)輸入物価指数 7月
21:30 (米)輸出物価指数 7月
23:00 (米)ミシガン大学消費者態度指数・速報値

です。

今週の指標発表は少なめです。

<シカゴIMMポジション情報>

CFTC(全米先物取引委員会)集計によるシカゴIMM通貨先物 投機筋のポジション情報で、8/2取引終了後の建て玉枚数および前週比の増減です。

特に大きな動きは出ていません。

元データはこちら
(下にスクロールしたBRITISH POUND、JAPANESE YEN、EURO FX、少し離れてAUSTRALIAN DOLLARのNon-Commercial分が投機筋のポジションです)

Just a moment...

円/ドル(ドル円の反対です)
買い 50,433 (+6,621)
売り 93,186 (-12,107)

ユーロ/ドル
買い 191,692 (-6,349)
売り 230,503 (-9,122)

ポンド/ドル
買い 29,305 (-5,301)
売り 85,714 (-2,882)

豪ドル/ドル
買い 30,835 (+811)
売り 86,785 (+9,376)

( )内は先週比

投資本専門店 トレーダーズショップ
– オーディオブックも充実しています
– 送料無料 !

喜平が使っているFX会社「GemForex」
– 太っ腹な口座開設ボーナスが魅力!
入金無しでFXリアルトレードできます

Advertisements
タイトルとURLをコピーしました