【今週の相場見通し】クロス円の戻り売りに注目


こんにちは。喜平です。

先週足は、ドル円、豪ドル円が陽線、ユーロ円、ポンド円、ユーロドルが陰線でした。

先週も大波で荒れましたね。

大波相場はロットを小さく、待ちを広くすることです。大きく勝とうとすると波にのまれます。

今週もまた荒くなる可能性ああります。気をつけましょう。

クロス円は戻り売りが狙い目だと思います。

チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。

<ドル円>
週足:↑ 日足:↑ 4時間足:→
始値:135.3円 終値:136.1円
高値:136.6円 安値:134.8円
1時間足チャート型:もみ合い

<ユーロ円>
週足:↑ 日足:→ 4時間足:↓
始値:140.8円 終値:138.5円
高値:142.4円 安値:136.9円
1時間足チャート型:下降もみ合い

<ポンド円>
週足:↑ 日足:→ 4時間足:→
始値:163.7円 終値:163.6円
高値:165.3円 安値:160.4円
1時間足チャート型:もみ合い

<豪ドル円>
週足:↑ 日足:→ 4時間足:→
始値:92.1円 終値:93.2円
高値:94.0円 安値:91.5円
1時間足チャート型:もみ合い

<ユーロドル>
週足:↓ 日足:↓ 4時間足:↓
始値:1.041ドル 終値:1.018ドル
高値:1.046ドル 安値:1.007ドル
1時間足チャート型:下降もみ合い

となっています。

通貨強弱(CCFpインジケータ)は

日足
ドル>ポンド>豪ドル>円>ユーロ

4時間足
ドル>円>豪ドル>ポンド>ユーロ

です。

ユーロが一気に弱くなっています。

相場見通し

 

<今週のドル円>

日足上限付近のもみ合いレンジは、MAが上昇するもレンジ幅は狭くなりつつあります。

修正の横ばいレンジが狭くなってきているということは、注目水平ライン136.67円、134.74円のどちらかにブレイクしてくる可能性が高まっていると考えます。

ブレイクは見極めが重要です。ブレイクに失敗すると次はレンジ反対側の極値を試す可能性が高まります。

注目水平ラインのサポレジ転換を待ち、N字形成を確認してエントリーポイントを見極めたいと思います。

日足の目線を分けるラインは131.50円、注目水平ラインは136.67円、134.74円です。

<今週のユーロ円>

日足ダブルトップからの下降トレンドが継続し、直近日足安値を更新してきました。

このようなチャートになると週足レベルの強いサポート(例えば134.0円)にかかるまでは、ズルズル下がる可能性が高まります。

4時間足の形からいったん戻す可能性はありますが、戻り売りが強くなってくると売りチャンスが出てくると思います。

日足の目線を分けるラインは139.80円、注目水平ラインは141.38円、134.0円です。

<今週のポンド円>

先々週と同じような形ですが、急落からの戻りとなっています。

日足ダブルトップからの下降トレンドを継続しており、下降トレンドラインは強く意識されていると思われます。

先週末時点でその下降トレンドラインに接近したことで戻り勢いを失っています。

売り再開となる可能性が高まっていますが、1時間足で高値切り下げとなることを確認してから売りエントリータイミングを見極めたいと思います。

日足の目線を分けるラインは162.95円、注目水平ラインは164.44円、160.0円です。

<今週の豪ドル円>

6月下旬の4時間足三角保ち合いから急落の後、再び三角保ち合いの様子となっています。

先週は週足陽線でしたが、直近日足下降トレンドラインにかかってきていますので、下降の調整が入りやすい状況です。

1時間足で高値切り下げが確認できたら、売りエントリータイミングを見極めたいと思います。

着地点は、注目水平ライン92.0円か、直近の水平サポートライン91.5円あたりでしょうか。

日足の目線を分けるラインは92.37円、注目水平ラインは93.32円、92.00円です。

<今週のユーロドル>

ついに月足ライン1.034ドルを下抜けて急落し、2002年以来の安値となっています。

直ちにトレンド転換となる可能性は低いと思いますので、4時間足レベルの戻り売りが確認できたら、売りエントリーポイントを探ってみたいと思います。

日足の目線を分けるラインは1.049ドル、注目水平ラインは1.034ドルです。

<今週の買いと売り>

今週の5分足、15分足のトレードは、

1時間足のトレンド方向のみエントリー!

1時間足レンジの上限、下限は様子見!

抵抗、サポートとなる水平線で反転するセットアップ足をチェック、

高値または安値を更新するシグナル足を確認、

さらにN字形成で伸びてくるところを、

ドル円・・・ロング(買い)、ショート(売り)

ユーロ円・・・ロング(買い)、ショート(売り)

ポンド円・・・ロング(買い)、ショート(売り)

豪ドル円・・・ロング(買い)、ショート(売り)

ユーロドル・・・ショート(売り)

で直近高値、安値までの動きを狙いたいと思います。

両方向に可能性があるのでしっかりと見極めていきましょう。

1時間足、4時間足のトレードは、

上記日足のトレンド矢印方向のみのエントリーとなります。

Advertisements

今週の経済指標とイベント

 

今週注目すべきもの(★)、夕方以降の会社員時間帯に発表が予定されているものは、

7/11
10:00 (日)黒田東彦日銀総裁、発言
23:15 (英)ベイリー英中銀(BOE)総裁 発言

7/12
18:00 (独)ZEW景況感調査 7月
18:00 (欧)ZEW景況感調査 7月

26:00 (英)ベイリー英中銀(BOE)総裁 発言

7/13
11:00 (NZ)ニュージーランド準備銀行(RBNZ)政策金利
15:00 (独)消費者物価指数(CPI、改定値)6月
15:00 (英)月次国内総生産(GDP)5月
18:00 (欧)鉱工業生産 5月
20:00 (米)MBA住宅ローン申請指数
21:30 (米)消費者物価指数(CPI)6月
23:00 (加)カナダ銀行 政策金利

7/14
10:30 (豪)失業率 6月
21:30 (米)卸売物価指数(PPI)6月
21:30 (米)新規失業保険申請件数
21:30 (米)失業保険継続受給者数

7/15
11:00 (中)四半期国内総生産(GDP)4-6月期
18:00 (欧)貿易収支(季調前・季調済)5月
21:30 (加)卸売売上高 5月
21:30 (米)小売売上高 6月
21:30 (米)ニューヨーク連銀製造業景気指数 7月
21:30 (米)輸入物価指数 6月
21:30 (米)輸出物価指数 6月
22:15 (米)鉱工業生産 6月
22:15 (米)設備稼働率 6月
23:00 (米)企業在庫 5月
23:00 (米)ミシガン大学消費者態度指数・速報値 7月

です。

<シカゴIMMポジション情報>

CFTC(全米先物取引委員会)集計によるシカゴIMM通貨先物 投機筋のポジション情報で、7/5取引終了後の建て玉枚数および前週比の増減です。

元データはこちら
(下にスクロールしたBRITISH POUND、JAPANESE YEN、EURO FX、少し離れてAUSTRALIAN DOLLARのNon-Commercial分が投機筋のポジションです)

CFTC Commitments of Traders Long Report - CME (Futures Only)
This is the viewable version of the most recent release of the CME long form futures only commitments report.

円/ドル(ドル円の反対です)
買い 38,660 (+2,198)
売り 93,105 (+4,073)

ユーロ/ドル
買い 197,138 (+7,724)
売り 213,990 (+13,980)

ポンド/ドル
買い 39,618 (+4,434)
売り 95,826 (+7,524)

豪ドル/ドル
買い 27,622 (-1,265)
売り 75,243 (+3,376)

( )内は先週比

投資本専門店 トレーダーズショップ
– オーディオブックも充実しています
– 送料無料 !

喜平が使っているFX会社「GemForex」
– 太っ腹な口座開設ボーナスが魅力!
入金無しでFXリアルトレードできます

Advertisements
タイトルとURLをコピーしました