【今週の相場見通し】日足レンジ下限領域の荒れた展開に注意

こんにちは。喜平です。

週足は、ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円、ユーロドルがすべて陰線でした。

ロシアのウクライナ侵攻懸念など地政学リスクもあり、リスクオフ状態となっています。

先週は大きな下げとなりましたので、日足レンジ下限領域での荒れた動きになることを想定して、ロット小さ目で、1時間足くらいをしっかりと見極めていきたいと思います。

チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。

<ドル円>
週足:↑ 日足:→ 4時間足:↓
始値:114.1円 終値:113.6円
高値:115.1円 安値:113.6円
1時間足チャート型:下降基調

<ユーロ円>
週足:→ 日足:↓ 4時間足:↓
始値:130.2円 終値:128.9円
高値:131.2円 安値:128.6円
1時間足チャート型:下降基調

<ポンド円>
週足:→ 日足:↓ 4時間足:↓
始値:156.0円 終値:154.0円
高値:156.9円 安値:153.9円
1時間足チャート型:弱含み

<豪ドル円>
週足:→ 日足:↓ 4時間足:↓
始値:82.3円 終値:81.5円
高値:83.0円 安値:81.5円
1時間足チャート型:弱含み

<ユーロドル>
週足:↓ 日足:→ 4時間足:→
始値:1.141ドル 終値:1.134ドル
高値:1.143ドル 安値:1.130ドル
1時間足チャート型:下降もみ合い

となっています。

通貨強弱(CCFpインジケータ)は

日足
ポンド>豪ドル>ユーロ>円>ドル

4時間足
円>ドル>豪ドル>ポンド>ユーロ

です。

相場見通し

 

<今週のドル円>

先週は戻り上昇から火曜日に長い上ヒゲをつけると、売り再開で大きく下げてきています。

売りのクライマックス的な動きになっていますし、112円台後半は、日足レンジの下限域となりますので、荒れた動きも想定されます。

1/26にはFOMC金利発表もありますので、売り目線ながらも、日足目線ライン114.45円付近までの反発上昇も想定して、慎重に攻めたいと思います。

日足の目線を分けるラインは114.45円、注目水平ラインは113.47円、112.52円です。

<今週のユーロ円>

先週火曜日の上ヒゲから急落となっています。

急激に下げて日足レンジ下限領域に入ってきたことで、12月中旬くらいに見られた激しい波の再来となるかもしれません。ロットは小さめに、利確、損切の間口を広げて、ヒゲの出方、高値安値の切り上げ、切り下げをしっかりチェックしてエントリーしたいと思います。

日足の目線を分けるラインは130.00円、注目水平ラインは128.54円です。

<今週のポンド円>

ユーロ円同様に火曜日から下げ基調になりましたが、木曜日以降は下げが加速しています。

このまま注目水平ライン152.30円付近まで落ちそうな勢いですが、急激に下げていますので、大きな反発が発生する可能性も意識しつつ、15分など短期足のN字形成を確認しつつ、売り狙いで攻めてみたいと思います。

日足の目線を分けるラインは154.00円、注目水平ラインは152.30円です。

<今週の豪ドル円>

先週木曜日くらいまではもみ合っていたのですが、金曜日に相場全体の売り圧力でズドンと下げました。

4時間足で下降チャネルを形成していますので、その中での下降波の形成を確認しつつ、攻めてみたいと思います。

日足の目線を分けるラインは82.08円、注目水平ラインは81.50円です。

<今週のユーロドル>

先々週に2カ月近く続いた日足レンジを上抜けましたが、レンジ内に戻ってきました。

レンジ上限となっていた日足目線ライン1.1373ドルをしっかりと上抜けて、サポートが効いてこないと攻めにくいですね。それまでは様子見でしょうか。

日足の目線を分けるラインは1.1373ドル、注目水平ラインは1.148ドル、1.1258ドルです。

<今週の買いと売り>

今週の5分足、15分足のトレードは、

1時間足のトレンド方向のみエントリー!

1時間足レンジの上限、下限は様子見!

抵抗、サポートとなる水平線で反転するセットアップ足をチェック、

高値または安値を更新するシグナル足を確認、

さらにN字形成で伸びてくるところを、

ドル円・・・ロング(買い)、ショート(売り)

ユーロ円・・・ロング(買い)、ショート(売り)

ポンド円・・・ロング(買い)、ショート(売り)

豪ドル円・・・ロング(買い)、ショート(売り)

ユーロドル・・・様子見

で直近高値、安値までの動きを狙いたいと思います。

1時間足、4時間足のトレードは、

上記日足のトレンド矢印方向のみのエントリーとなります。

日足の直近高値、安値付近は様子見です。

Advertisements

今週の経済指標とイベント

 

今週注目すべきもの(★)、夕方以降の会社員時間帯に発表が予定されているものは、

1/24
17:30 (独)製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)1月
17:30 (独)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)1月
18:00 (欧)製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)1月
18:00 (欧)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)1月
18:30 (英)製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)1月
18:30 (英)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)1月
23:45 (米)製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)1月
23:45 (米)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)1月
23:45 (米)総合購買担当者景気指数(PMI、速報値)1月

1/25
09:30 (豪)四半期消費者物価(CPI)10-12月期 ★
18:00 (独)IFO企業景況感指数 1月
23:00 (米)住宅価格指数 11月
23:00 (米)ケース・シラー米住宅価格指数 11月
24:00 (米)消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード)1月
24:00 (米)リッチモンド連銀製造業指数 1月

1/26
21:00 (米)MBA住宅ローン申請指数
22:30 (米)卸売在庫 12月
24:00 (加)カナダ銀行 政策金利 ★
24:00 (米)新築住宅販売件数 12月 ★
28:00 (米)米連邦公開市場委員会(FOMC)終了後政策金利発表 ★★
28:30 (米)パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長 定例記者会見 ★★

1/27
22:30 (米)耐久財受注 12月
22:30 (米)新規失業保険申請件数
22:30 (米)失業保険継続受給者数
22:30 (米)四半期実質国内総生産(GDP、速報値)10-12月期 ★★
22:30 (米)四半期GDP個人消費・速報値 10-12月期
22:30 (米)四半期コアPCE・速報値 10-12月期
24:00 (米)住宅販売保留指数 12月

1/28
18:00 (独)国内総生産(GDP、速報値)10-12月期 ★
19:00 (欧)経済信頼感 1月
19:00 (欧)消費者信頼感(確定値)1月
22:30 (米)四半期雇用コスト指数 10-12月期
22:30 (米)個人所得 12月
22:30 (米)個人消費支出(PCE)12月 ★
24:00 (米)ミシガン大学消費者態度指数・確報値 1月

です。

1/26深夜のFOMCは大注目です。ポジション持ち越しに注意してください。

<シカゴIMMポジション情報>

CFTC(全米先物取引委員会)集計によるシカゴIMM通貨先物 投機筋のポジション情報で、1/18取引終了後の建て玉枚数および前週比の増減です。

ユーロ、ポンドの売りポジション解消が多くなっています。

元データはこちら
(下にスクロールしたNon-Commercial分が投機筋のポジションです)

Just a moment...

円/ドル(ドル円の反対です)
買い 8,002 (-14,362)
売り 88,881 (-21,008)

ユーロ/ドル
買い 211,901 (+7,540)
売り 187,317 (-11,039)

ポンド/ドル
買い 39,760 (+9,254)
売り 40,007 (-19,665)

豪ドル/ドル
買い 9,051 (-3,332)
売り 97,505 (-6,364)

( )内は先週比

投資本専門店 トレーダーズショップ
– オーディオブックも充実しています
– 送料無料 !

喜平が使っているFX会社「GemForex」
– 太っ腹な口座開設ボーナスが魅力!
入金無しでFXリアルトレードできます

Advertisements
タイトルとURLをコピーしました