【今週の相場見通し】急落後の荒れた相場と新たなニュースに要注意

こんにちは。喜平です。

先週の週足は、ドル円、ポンド円、ユーロ円、豪ドル円が陰線、ユーロドルが陽線がでした。

先週金曜日の南アフリカで発生した新たな変異ウィルスニュースによるリスクオフ急落はすさまじかったですね。

年に数回はこのような相場が起こりえますので、損切の逆指値注文は大事だと思います。

今週は反発戻りも想定されますが、取り組みが難しい変動の大きな相場になる可能性があるので注意しましょう。

変異ウィルスに関する突然の新たな情報にも反応すると思います。

チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。

<ドル円>
週足:↑ 日足:→ 4時間足:↓
始値:113.9円 終値:113.2円
高値:115.5円 安値:113.0円
1時間足チャート型:しっかり下降

<ユーロ円>
週足:→ 日足:↓ 4時間足:↓
始値:128.6円 終値:128.4円
高値:129.6円 安値:127.8円
1時間足チャート型:しっかり下降

<ポンド円>
週足:→ 日足:↓ 4時間足:→
始値:153.1円 終値:151.0円
高値:154.2円 安値:150.7円
1時間足チャート型:弱含み

<豪ドル円>
週足:→ 日足:↓ 4時間足:↓
始値:82.4円 終値:80.6円
高値:83.2円 安値:80.5円
1時間足チャート型:弱含み

<ユーロドル>
週足:↓ 日足:↓ 4時間足:↓
始値:1.129ドル 終値:1.131ドル
高値:1.133ドル 安値:1.118ドル
1時間足チャート型:しっかり上昇

となっています。

通貨強弱(CCFpインジケータ)は

日足
ドル>円>ポンド>ユーロ>豪ドル

4時間足
円>ドル>ユーロ>ポンド>豪ドル

です。

リスクオフですので円が強くなっています。

相場見通し

 

<今週のドル円>

良い感じで高値安値が切り上がっていたところで、冷や水を浴びせられた感じです。

新たなニュースの影響がなければ、日足目線ライン113.75円、注目水平ライン114.30円までは戻ることを想定します。

15分足で明確なチャネルの形成を待ってトレンドチャネル方向に攻めてみたいと思います。

ポジションホールドが長いとリスクが大きくなるので小さな波を狙います。

日足の目線を分けるラインは113.75円、注目水平ラインは114.30円です。

<今週のユーロ円>

変異ウィルスのニュースでは大きく下げましたが、他の通貨ペアと比べると戻りの勢いが出ています。

戻り売り待ちで考えたいですが、日足ラインの下抜けに失敗しているので大きく戻す可能性もあります。

少し取り組みにくい相場になっていますので、15分足で明確なチャネルの形成を待ってトレンドチャネル方向に攻めてみたいと思います。

日足の目線を分けるラインは129.50円、注目水平ラインは128.60円、127.93円です。

<今週のポンド円>

日足目線ラインを強く下抜けており、戻りに対しても上ヒゲで押されている感じです。

少し取り組みにくい相場になっていますので、15分足で明確なチャネルの形成を待ってトレンドチャネル方向に攻めてみたいと思います。

注目水平ライン152.00円まで戻しての売り再開が理想の展開です。

日足の目線を分けるラインは152.50円、注目水平ラインは152.00円です。

<今週の豪ドル円>

強い下降となっており、反発戻りも弱いですが、橋のトレンドラインにかかっています。

日足上昇トレンドラインからの反発が見られるか、勢いよく下抜けしてN字下降となるかに注目したいと思います。

日足の目線を分けるラインは83.10円、注目水平ラインは82.00円、80.60円です。

<今週のユーロドル>

日足の下降チャネルを下にブレイクしましたが、戻りが発生しています。

先週も書きましたが、月足の下降トレンドラインからの戻りとなっていますので、大きな戻りとなる可能性を留意しておきたいと思います。

日足の目線を分けるラインは1.1513ドル、注目水平ラインは1.1373ドルです。

<今週の買いと売り>

今週の5分足、15分足のトレードは、

1時間足のトレンド方向のみエントリー!

1時間足レンジの上限、下限は様子見!

抵抗、サポートとなる水平線で反転するセットアップ足をチェック、

高値または安値を更新するシグナル足を確認、

さらにN字形成で伸びてくるところを、

ドル円・・・ロング(買い)、ショート(売り)

ユーロ円・・・ロング(買い)、ショート(売り)

ポンド円・・・ショート(売り)

豪ドル円・・・ショート(売り)

ユーロドル・・・ロング(買い)、ショート(売り)

で直近高値、安値までの動きを狙いたいと思います。

1時間足、4時間足のトレードは、

上記日足のトレンド矢印方向のみのエントリーとなります。

日足の直近高値、安値付近は様子見です。

Advertisements

今週の経済指標とイベント

 

今週注目すべきもの(★)、夕方以降の会社員時間帯に発表が予定されているものは、

11/29
18:30 (英) 費者信用残高 10月
18:30 (英)マネーサプライM4 10月
19:00 (欧)消費者信頼感(確定値)11月
19:00 (欧)経済信頼感 11月
22:00 (独)消費者物価指数(CPI、速報値)11月
24:00 (米)住宅販売保留指数 10月
29:05 (米)パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長 発言 ★

11/30
17:55 (独)失業率 11月
19:00 (欧)消費者物価指数(HICP、速報値)11月 ★
22:30 (加)月次国内総生産(GDP)9月
22:30 (加)四半期国内総生産(GDP)7-9月期 ★
23:00 (米)住宅価格指数 9月
23:00 (米)四半期住宅価格指数 7-9月期
23:00 (米)ケース・シラー米住宅価格指数 9月
23:45 (米)シカゴ購買部協会景気指数 11月
24:00 (米)消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード)11月
24:00 (米)パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長、発言 ★

12/1
09:30 (豪)四半期国内総生産(GDP)7-9月期 ★
17:55 (独)製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)11月
18:00 (欧)製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)11月
18:30 (英)製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)11月
21:00 (米)MBA住宅ローン申請指数
22:15 (米)ADP雇用統計 11月 ★
22:30 (加)住宅建設許可件数 10月
23:00 (英)ベイリー英中銀(BOE)総裁 発言★
23:45 (米)製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)11月
24:00 (米)ISM製造業景況指数 11月 ★
24:00 (米)建設支出 10月
24:00 (米)パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長 発言 ★

12/2
19:00 (欧)卸売物価指数(PPI)10月
19:00 (欧)失業率 10月
21:30 (米)チャレンジャー人員削減数 11月
22:30 (米)新規失業保険申請件数
22:30 (米)失業保険継続受給者数

12/3
17:55 (独)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値)11月
18:00 (欧)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値)11月
18:30 (英)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値)11月
19:00 (欧)小売売上高 10月
22:30 (加)失業率 11月
22:30 (米)雇用統計 11月 ★★
23:45 (米)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値)11月
23:45 (米)総合購買担当者景気指数(PMI、改定値)11月
24:00 (米)ISM非製造業景況指数(総合)11月 ★
24:00 (米)製造業新規受注 10月

です。

今週は要人発言が多めです。

金曜日のアメリカ雇用統計前後のトレードは控えましょう。

<シカゴIMMポジション情報>

CFTC(全米先物取引委員会)集計によるシカゴIMM通貨先物 投機筋のポジション情報で、11/16取引終了後の建て玉枚数および前週比の増減です。

11/23分はまだ公表されていません。

元データはこちら
(下にスクロールしたNon-Commercial分が投機筋のポジションです)

Just a moment...

円/ドル(ドル円の反対です)
買い 24,635 (+8,195)
売り 117,761 (-4,030)

ユーロ/ドル
買い 198,181 (+5,637)
売り 202,007 (+13,236)

ポンド/ドル
買い 50,443 (-3,561)
売り 82,042 (+15,945)

豪ドル/ドル
買い 30,760 (+6,916)
売り 91,913 (+4,645)

( )内は先週比

投資本専門店 トレーダーズショップ
– オーディオブックも充実しています
– 送料無料 !

喜平が使っているFX会社「GemForex」
– 太っ腹な口座開設ボーナスが魅力!
入金無しでFXリアルトレードできます

Advertisements
タイトルとURLをコピーしました