【今週の相場見通し】週足ライン近くで変動の大きさに注意

こんにちは。喜平です。

先週の週足は、ドル円、ポンド円、豪ドル円が陽線、ユーロ円、ユーロドルが陰線でした。

週足の陽線、陰線は分かれていますが、大きなもみ合いの最中という感じで、大きな波は今後の動きから見極める必要があります。

まだまだ急な変動も想定されますので、ポジション保有は短めに、レジスタンス、サポートでは確実に利確決済するのが良いと思います。

チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。

<ドル円>
週足:↑ 日足:↑ 4時間足:→
始値:113.5円 終値:114.0円
高値:114.3円 安値:113.円
1時間足チャート型:もみ合い

<ユーロ円>
週足:→ 日足:↑ 4時間足:→
始値:132.1円 終値:131.8円
高値:132.9円 安値:131.5円
1時間足チャート型:もみ合い

<ポンド円>
週足:↑ 日足:↑ 4時間足:→
始値:155.9円 終値:156.0円
高値:157.8円 安値:155.7円
1時間足チャート型:もみ合い

<豪ドル円>
週足:↑ 日足:↑ 4時間足:→
始値:84.8円 終値:85.7円
高値:86.0円 安値:84.7円
1時間足チャート型:もみ合い

<ユーロドル>
週足:↓ 日足:↓ 4時間足:→
始値:1.163ドル 終値:1.155ドル
高値:1.169ドル 安値:1.153ドル
1時間足チャート型:もみ合い

となっています。

通貨強弱(CCFpインジケータ)は

日足
豪ドル>ポンド>ドル>ユーロ>円

4時間足
豪ドル>円>ドル>ユーロ>ポンド

です。

相場見通し

 

<今週のドル円>

週足レンジ上限付近で大きめのもみ合いとなっています。

日足が上目線で、4時間足113.22~114.3円のレンジですから、1時間足の押しを確認して、安値の切り上げを確認してから、N字確認での買いエントリーポイントを見極めたいと思います。

上は週足レジスタンスなので簡単には上抜けられないと思います。

日足の目線を分けるラインは111.64円、注目水平ラインは114.3円、113.22円です。

<今週のユーロ円>

週足レンジ上限近くで大きなもみ合いとなっています。

日足上昇から押しで、4時間足下降トレンドラインを上抜けましたが、注目水平ライン131.54円付近まで急落しています。

この下降勢いがさらに下押しとなり、売り環境となるのか、再び上昇に転じて買い環境となるのか見極めたいと思います。

日足の目線を分けるラインは130.67円、注目水平ラインは131.54円です。

<今週のポンド円>

月足ラインでもある日足目線ライン156.0円がサポートとなる三角保ち合いの様子となっています。

156.0円サポートからの上昇が確認できれば、下降トレンドラインまでの買いエントリーを、注目水平ライン155.67円をしっかり下抜けてくるなら、売りエントリーポイントを見極めたいと思います。

日足の目線を分けるラインは156.0円、注目水平ラインは157.16円、155.67円です。

<今週の豪ドル円>

週足ラインでもある日足目線ライン84.25円を上抜けた位置で4時間足三角保ち合いとなっています。

三角保ち合い上振れで注目水平ライン86.0円をしっかり超えてくるようであれば、買いエントリーポイントを見極めたいと思います。

三角保ち合い下振れの場合は、様子見です。

日足の目線を分けるラインは84.25円、注目水平ラインは86.0円です。

<今週のユーロドル>

日足目線ライン1.1667ドルの上抜けブレイクに失敗し、急落となりましたが、日足でも意識される注目水平ライン1.1534ドルでサポートされています。

日足下目線ですので、注目水平ライン1.1534ドルを下抜けてくるか、反発上昇で戻りとなったら、戻りの勢いが衰えて、下降してきたところでN字確認して売りエントリーポイントを見極めたいと思います。

日足の目線を分けるラインは1.1667ドル、注目水平ラインは1.1618ドル、1.1534ドルです。

<今週の買いと売り>

今週の5分足、15分足のトレードは、

1時間足のトレンド方向のみエントリー!

1時間足レンジの上限、下限は様子見!

抵抗、サポートとなる水平線で反転するセットアップ足をチェック、

高値または安値を更新するシグナル足を確認、

さらにN字形成で伸びてくるところを、

ドル円・・・ロング(買い)、ショート(売り)

ユーロ円・・・ロング(買い)、ショート(売り)

ポンド円・・・ロング(買い)、ショート(売り)

豪ドル円・・・ロング(買い)

ユーロドル・・・ショート(売り)

で直近高値、安値までの動きを狙いたいと思います。

1時間足、4時間足のトレードは、

上記日足のトレンド矢印方向のみのエントリーとなります。

日足の直近高値、安値付近は様子見です。

Advertisements

今週の経済指標とイベント

 

今週注目すべきもの(★)、夕方以降の会社員時間帯に発表が予定されているものは、

11/1
17:55 (独)製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)10月
18:00 (欧)製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)10月
18:30 (英)製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)10月
22:45 (米)製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)10月
23:00 (米)ISM製造業景況指数 10月 ★
23:00 (米)建設支出 9月

11/2
08:50 (日) 日銀・金融政策決定会合議事要旨 ★
12:30 (豪) 豪準備銀行(RBA)政策金利発表 ★

11/3
17:55 (独)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値)10月
18:00 (欧)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値)10月
18:30 (英)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値)10月
19:00 (欧)失業率 9月
20:00 (米)MBA住宅ローン申請指数
21:15 (米)ADP雇用統計 10月 ★
23:00 (米)ISM非製造業景況指数 10月 ★
23:00 (米)製造業新規受注 9月
23:45 (米)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値)10月
23:45 (米)総合購買担当者景気指数(PMI、改定値)10月
27:00 (米)米連邦公開市場委員会(FOMC)終了後政策金利発表 ★★
27:30 (米)パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長、定例記者会見 ★★

11/4
18:30 (英)建設業購買担当者景気指数(PMI)10月
19:00 (欧)卸売物価指数(PPI)9月
20:30 (米)チャレンジャー人員削減数 10月
21:00 (英)イングランド銀行(BOE)金利発表 ★
21:00 (英)英中銀資産買取プログラム規模
21:00 (英)英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨 ★
21:30 (米)貿易収支 9月
21:30 (米)新規失業保険申請件数
21:30 (米)失業保険継続受給者数
21:30 (米)四半期非農業部門労働生産性・速報値 7-9月期
21:30 (米)四半期単位労働コスト・速報値 7-9月期

11/5
19:00 (欧)小売売上高 9月
21:30 (米)雇用統計 10月 ★★

です。

今週は重要指標、イベントが多くなっていますのでご注意ください。

今週から欧州は冬時間です。アメリカは来週11/7から冬時間になります。

<シカゴIMMポジション情報>

CFTC(全米先物取引委員会)集計によるシカゴIMM通貨先物 投機筋のポジション情報で、10/26取引終了後の建て玉枚数および前週比の増減です。

元データはこちら
(下にスクロールしたNon-Commercial分が投機筋のポジションです)

CFTC Commitments of Traders Long Report - CME (Futures Only)
This is the viewable version of the most recent release of the CME long form futures only commitments report.

円/ドル(ドル円の反対です)
買い 31,487 (-4,226)
売り 138,523 (+76)

ユーロ/ドル
買い 196,880 (+3,560)
売り 208,136 (+2,709)

ポンド/ドル
買い 51,912 (+2,800)
売り 36,959 (-10,538)

豪ドル/ドル
買い 17,448 (+5,816)
売り 92,694 (+5,004)

( )内は先週比

投資本専門店 トレーダーズショップ
– オーディオブックも充実しています
– 送料無料 !

喜平が使っているFX会社「GemForex」
– 太っ腹な口座開設ボーナスが魅力!
入金無しでFXリアルトレードできます

Advertisements
タイトルとURLをコピーしました