【今週の相場見通し】ポンド円、豪ドル円の下降トレンド形成に注目

こんにちは。喜平です。

先週の週足は、ドル円、豪ドル円が陰線、ユーロ円、ポンド円、ユーロドルが陽線でした。

ポンド円で戻り売りが狙っていけそうな形になりつつあるのでしっかりウォッチしたいです。

下降基調の豪ドル円も日足下降トレンドラインからの下げに注目したいと思います。

チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。

<ドル円>
週足:↑ 日足:→ 4時間足:→
始値:110.4円 終値:109.6円
高値:110.6円 安値:109.4円
1時間足チャート型:下降基調

<ユーロ円>
週足:↑ 日足:↓ 4時間足:↑
始値:130.0円 終値:130.1円
高値:130.5円 安値:129.5円
1時間足チャート型:もみ合い

<ポンド円>
週足:↑ 日足:→ 4時間足:↑
始値:151.8円 終値:152.4円
高値:153.4円 安値:151.4円
1時間足チャート型:上昇押し

<豪ドル円>
週足:→ 日足:↓ 4時間足:→
始値:81.3円 終値:80.5円
高値:81.5円 安値:80.5円
1時間足チャート型:弱含み

<ユーロドル>
週足:→ 日足:↓ 4時間足:↑
始値:1.177ドル 終値:1.186ドル
高値:1.191ドル 安値:1.176ドル
1時間足チャート型:上昇基調

となっています。

通貨強弱(CCFpインジケータ)は

日足
円>ドル>ポンド>ユーロ>豪ドル

4時間足
ポンド>ユーロ>円>ドル>豪ドル

です。

Advertisements

<今週のドル円>

4時間足で高値、安値の切り下げですが、波が大きく振られやすい相場です。

注目水平ライン109.35~110.30円のレンジ内は振られやすい状況になっていますので、どちらかに抜けてくるのを待ちたい感じです。

1時間足の流れ方向も15分足、5分足の短期に狙うこともできなくはないですが、リスクはやや高めな感じです。

日足の目線を分けるラインは109.75円、注目水平ラインは110.30円、109.35円です。

<今週のユーロ円>

1時間足で振れ幅の大きな波でやや上昇基調となっています。

日足目線ライン130.55円のレジスタンスが感じられるので、1時間足の三角保ち合いから下に放たれてきたら、注目水平ライン129.60円までの流れに乗りたいと思います。

日足目線ライン130.55円を勢いよく上抜けた時は、サポートを確認してのN字上昇を狙いたいです。

日足の目線を分けるラインは130.55円、注目水平ラインは129.6円です。

<今週のポンド円>

かなり大きく戻しましたが、注目水平ライン153.26円付近のレジスタンスで上昇勢いは衰えている感じです。

日足ではもみ合いになる可能性もありますが、引き続き下降の波が確認できるようであれば、注目水平ライン152.17円下抜けてのN字下降を狙ってみたいと思います。

日足の目線を分けるラインは152.62円、注目水平ラインは153.26円、152.17円です。

<今週の豪ドル円>

日足で下降基調となっています。

注目水平ライン80.63円を下抜けてきているので、15分足~1時間足で次の上昇の波が、80.63円でしっかりレジスタンスされることが確認できたら、N字下降を狙ってみたいと思います。

日足の目線を分けるラインは82.63円、注目水平ラインは80.63円です。

<今週のユーロドル>

4時間足レンジ上限の注目水平ライン1.1906ドルにレジスタンスされての下降となっています。

再度4時間足レンジ上抜けにトライして1.1906ドルを勢いよく上抜けてきた場合は、サポートを確認してのN字上昇を狙ってみたいと思います。

レンジ内の場合は、もう少し様子を見たいと思います。

日足の目線を分けるラインは1.1875ドル、注目水平ラインは1.1906ドル、1.1783ドルです。

今週の5分足、15分足のトレードは、抵抗、サポートとなる水平線を確認して、

ドル円・・・ロング(買い)、ショート(売り)

ユーロ円・・・ロング(買い)、ショート(売り)

ポンド円・・・ロング(買い)、ショート(売り)

豪ドル円・・・ショート(売り)

ユーロドル・・・ロング(買い)

で直近高値、安値までのN字エントリー根拠を探りたい思います。

Advertisements

今週の経済指標、イベントで、注目すべきもの(★)、夕方以降の会社員時間帯に発表が予定されているものは、

8/2
16:55 (独)製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)7月
17:00 (欧)製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)7月
17:30 (英)製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)7月
22:45 (米)製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)7月
23:00 (米)ISM製造業景況指数 7月 ★
23:00 (米)建設支出 6月

8/3
18:00 (欧)卸売物価指数(PPI)6月
23:00 (米)製造業新規受注 6月

8/4
16:55 (独)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値)7月
17:00 (欧)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値)7月
17:30 (英)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値)7月
18:00 (欧)小売売上高 6月
20:00 (米)MBA住宅ローン申請指数
21:15 (米)ADP雇用統計 7月 ★
22:45 (米)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値)7月
22:45 (米)総合購買担当者景気指数(PMI、改定値)7月
23:00 (米)ISM非製造業景況指数 7月 ★

8/5
17:30 (英)建設業購買担当者景気指数(PMI)7月
20:00 (英)イングランド銀行(BOE)金利発表 ★
20:00 (英)英中銀資産買取プログラム規模
20:00 (英)英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨 ★
20:30 (米)チャレンジャー人員削減数 7月
21:30 (米)貿易収支 6月
21:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
21:30 (米)失業保険継続受給者数 前週分

8/6
21:30 (加)失業率 7月
21:30 (米)雇用統計 7月 ★
23:00 (米)卸売在庫 6月
23:00 (米)卸売売上高 6月

です。

金曜日は大注目のアメリカ雇用統計です。

CFTC(全米先物取引委員会)集計によるシカゴIMM通貨先物 投機筋のポジション情報で、7/27取引終了後の建て玉枚数および前週比の増減です。

先週はやや落ち着いて大きな増減はありませんでした。

元データはこちら
(下にスクロールしたNon-Commercial分が投機筋のポジションです)

CFTC Commitments of Traders Long Report - CME (Futures Only)
This is the viewable version of the most recent release of the CME long form futures only commitments report.

円/ドル(ドル円の反対です)
買い 32,975 (-2,499)
売り 92,909 (+1,704)

ユーロ/ドル
買い 202,245 (-6,424)
売り 164,119 (+1,272)

ポンド/ドル
買い 41,194 (-3,029)
売り 46,878 (-842)

豪ドル/ドル
買い 57,415 (+343)
売り 96,762 (+4,000)

( )内は先週比

投資本専門店 トレーダーズショップ
– オーディオブックも充実しています
– 送料無料 !

喜平が使っているFX会社「GemForex」
– 太っ腹な口座開設ボーナスが魅力!
入金無しでFXリアルトレードできます

Advertisements
タイトルとURLをコピーしました