強いドル円は調整待ち – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

先週の週足は、ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円が陽線、ユーロドルが陰線でした。

ドルの強さが際立っていますが、バランスがあるのでどこかで調整になるでしょうね。

クロス円はもう少しもみ合いそうな予感です。

まだボラティリティは大きいので、エントリーロットは小さめがよさそうです。

日曜日は今週の相場見通しのため、週足チャート、日足チャート、4時間足チャートのジグザグ判断で、直近のトレンド、レンジ判断、先週の取引レンジ、1時間足チャートの型を確認します。

チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。

<ドル円>
週足:→ 日足:↑ 4時間足:↑
始値:106.4円 終値:108.3円
高値:108.6円 安値:106.4円
1時間足チャート型:上昇

<ユーロ円>
週足:↑ 日足:↑ 4時間足:↑
始値:128.5円 終値:129.0円
高値:129.6円 安値:128.2円
1時間足チャート型:上昇もみ合い

<ポンド円>
週足:↑ 日足:↑ 4時間足:↑
始値:148.2円 終値:149.9円
高値:150.7円 安値:148.1円
1時間足チャート型:上昇もみ合い

<豪ドル円>
週足:↑ 日足:↑ 4時間足:→
始値:82.1円 終値:83.2円
高値:84.0円 安値:82.1円
1時間足チャート型:もみ合い

<ユーロドル>
週足:↑ 日足:→ 4時間足:↓
始値:1.207ドル 終値:1.191ドル
高値:1.211ドル 安値:1.189ドル
1時間足チャート型:しっかり下降

となっています。

通貨強弱(CCFpインジケータ)は

日足
ポンド>豪ドル>ドル>ユーロ>円

4時間足
ドル>ポンド>ユーロ>豪ドル>円

です。

Advertisements

<今週のドル円>

先週は他の通貨ペアを圧倒するような上昇となりました。さすがに伸びすぎ感は否めませんので、まずは4時間足レベルで、しっかりとした押しを確認することが必要です。1本調子で上げているので効くラインの判定が難しいですが、106.9円あたりを想定してきたいと思います。106.55円も週足では意識されるラインなので第2候補でしょうか。日足の目線を分けるラインは105.76円、注目水平ラインは106.90円です。

<今週のユーロ円>

4時間足でややもみ合っています。ひとまずは注目水平ライン128.18円までの調整とサポートを確認し、反転上昇の動きで再度、買いエントリーポイントを探りたいと思います。日足の目線を分けるラインは127.48円、注目水平ラインは128.18円です。

<今週のポンド円>

日足高値を更新後は、1時間足で下降チャネルを形成しています。再び安値を切り上げてきたら、1時間足の25MA上抜けタイミングなどで、直近高値までの流れを狙ってみたいと思います。日足の目線を分けるラインは147.37円、注目水平ラインは150.35円、149.1円です。

<今週の豪ドル円>

日足高値からの急落の後、回復の勢いが他のクロス円と比べて弱い感じです。日足のトレンドライン、または注目水平ライン82.29円まで押してからの反発上昇狙いか、ここから上昇した場合は、83.75円を上抜け後のN字形成確認してから上げの動きを狙いたいと思います。日足の目線を分けるラインは82.0円、注目水平ラインは83.75円、82.29円です。

<今週のユーロドル>

週足の上昇トレンドラインがレジスタンスとして効いているように見えます。日足トレンドは転換した可能性があり、戻り売り狙いとなるでしょうか。注目水平ライン1.2025ドルのレジスタンスが確認できたら、4時間足25MA下抜けあたりでの売りエントリータイミングを見極めたいと思います。日足の目線を分けるラインは1.2058ドル、注目水平ラインは1.2025ドルです。

今週の5分足、15分足のトレードは、抵抗、サポートとなる水平線を確認して、

ドル円・・・ロング(買い)

ユーロ円・・・ロング(買い)

ポンド円・・・ロング(買い)

豪ドル円・・・ロング(買い)

ユーロドル・・・ショート(売り)

で直近高値、安値までのN字エントリー根拠を探りたい思います。

4時間足、日足の中期トレードは、チャンスがあれば、ドル円、ポンド円、豪ドル円のロングを狙いたいと思います。

Advertisements

今週発表の経済指標、イベントでは、

3/9
08:50 (日)四半期実質国内総生産(GDP、改定値)10-12月期
19:00 (欧)四半期域内総生産(GDP、確定値)10-12月期
3/10
22:30 (米)消費者物価指数(CPI)2月
24:00 (加)カナダ銀行 政策金利

3/11
21:45 (欧)欧州中央銀行(ECB)政策金利
22:30 (欧)ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁 定例記者会見

3/12
16:00 (英)月次国内総生産(GDP)1月
22:30 (加)失業率 2月

に注目したいと思います。

今週は注目指標が少なめです。

来週3/14からはアメリカが夏時間になります。

3/8(月)の夜は、

19:00 (英)ベイリー英中銀(BOE)総裁 発言
24:00 (米)卸売在庫 1月

3/9(火)の夜は、

19:00 (欧)四半期域内総生産(GDP、確定値)10-12月期

が予定されています。

喜平が使っているFX会社「GemForex」
– 高額口座開設ボーナスが魅力!
入金無しでFXリアルトレードできます

Advertisements
タイトルとURLをコピーしました