トレンド待ちで流れについていく – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

週明け後の環境認識です。

ドル円、ユーロ円は下降の流れ、ユーロドルは上昇の流れですが、上位足から順番に確認を行い、トレンドとチャネル内の波の動きのしっかりと見極めてエントリーしましょう。

水曜日は4時間足、1時間足、15分足のチャートでトレンド相場か、レンジ相場かを確認して、3日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:↓
1時間足:↓
15分足 :↓

<ユーロ円>
4時間足:→
1時間足:↓
15分足 :↓

<ポンド円>
4時間足:↑
1時間足:→
15分足 :→

<豪ドル円>
4時間足:↑
1時間足:→
15分足 :↓

<ユーロドル>
4時間足:↑
1時間足:↑
15分足 :↑

となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場


ドル円は、良い感じで下の流れです。104.0円付近のレジスタンスを下抜ければN字確認して直近安値103.2円くらいまでを狙いたいと思います。

ユーロ円は、反発上昇の可能性も想定していますが、4時間足上昇トレンドラインを少し下抜けました。この上昇トレンドラインがサポレジ転換する動きが確認できれば、売ってみたいと思いますが、まだ上昇の可能性もあるので慎重な見極めが必要です。

ポンド円は、わかりにくいレンジですので、注目水平ライン、138.5円上抜けか、137.59円下抜けでのN字確認ができるまで待ちたいと思います。

豪ドル円は、注目水平ライン75.75円の攻防でしょうか。ここもやはり強い下抜けからのN字下降を確認したいと思います。

ユーロドルは、少し押していますが、1時間足上昇チャネル内の動きです。注目水平ライン1.1865ドルを上抜けてきたら買いエントリーポイントを探りたいと思います。

<今週後半のイベント、経済指標発表情報>

11/18(水)の夜は、

19:00 (欧)消費者物価指数(HICP、改定値)10月
21:00 (米)MBA住宅ローン申請指数
22:30 (米)住宅着工件数 10月
22:30 (米)建設許可件数 10月
22:30 (加)消費者物価指数(CPI)10月

11/19(木)の夜は、

18:00 (欧)経常収支(季調前・季調済)9月
19:00 (欧)建設支出 9月
22:30 (米)フィラデルフィア連銀製造業景気指数 11月
22:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
22:30 (米)失業保険継続受給者数 前週分
24:00 (米)景気先行指標総合指数 10月
24:00 (米)中古住宅販売件数 10月
24:00 (欧)ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁 発言

11/20(金)の夜は、

24:00 (欧)消費者信頼感(速報値)11月

が予定されています。


CFTC(全米先物取引委員会)集計によるシカゴIMM通貨先物 投機筋のポジション情報で、11/10取引終了後の建て玉枚数および前週比の増減です。ドルは先週明けの急上昇の影響でしょうか、売り玉が大きく減っています。

円/ドル(ドル円の反対です)
買い 55,644 (+4,632)
売り 13,750 (-9,164)

ユーロ/ドル
買い 202,374 (-5,863)
売り 67,087 (-801)

ポンド/ドル
買い 27,872 (+171)
売り 45,567 (+6,639)

豪ドル/ドル
買い 49,371 (-7,158)
売り 58,091 (+248)