米中通商協議がらみニュース要注意 – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

先週の週足は、ドル円、ユーロ円が陰線、、豪ドル円、ポンド円、ユーロドルが陽線でした。

米中通商協議に関するサプライズでの急変動は注意が必要です。

日曜日は今週の相場見通しのため、週足チャート、日足チャート、4時間足チャートにおけるトレンド、レンジ判断、先週の取引レンジ、1時間足チャートの型を確認します。
チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。

<ドル円>
週足:→ 日足:↑ 4時間足:→
先週始値:109.5円 終値:108.6円
先週高値:109.7円 安値:108.6円
先週1時間足チャート型:下降もみ合い

<ユーロ円>
週足:↓ 日足:→ 4時間足:→
先週始値:120.7円 終値:120.1円
先週高値:121.0円 安値:120.0円
先週1時間足チャート型:大きなもみ合い(下降)

<ポンド円>
週足:→ 日足:↑ 4時間足:↑
先週始値:141.4円 終値:142.6円
先週高値:143.2円 安値:140.8円
先週1時間足チャート型:上昇もみ合い

<豪ドル円>
週足:↓ 日足:→ 4時間足:→
先週始値:74.1円 終値:74.3円
先週高値:74.8円 安値:73.9円
先週1時間足チャート型:大きなもみ合い

<ユーロドル>
週足:↓ 日足:→ 4時間足:→
先週始値:1.102ドル 終値:1.106ドル
先週高値:1.112ドル 安値:1.100ドル
先週1時間足チャート型:弱含み

となっています。


<今週のドル円>

4時間足レンジ上限付近のもみ合いを上抜けたように見えたのですが、レンジ下限付まで戻されました。しかしながら、108.5円のなかなか強い水平ラインなので、簡単に下にブレイクするとも思えません。サプライズニュースが無い限り、もう少しこのレンジでもみ合いが予測されます。日足の目線を分けるラインは108.5円、注目水平ラインは108.9円、107.9円です。

<今週のユーロ円>

日足レンジ上限付近のもみ合いが続いています。もみ合いレンジ(119.5~121.3円)をブレイクしないとエントリー根拠が見つけにくい感じですね。日足の目線を分けるラインは119.5円、注目水平ラインは121.3円、119.5円です。

<今週のポンド円>

4時間足もみ合いレンジを上抜けて、高値から少し押しています。141.7円でサポートとなるとわかりやすいですが、4時間足25MAでサポートされる可能性も含めてのエントリー根拠を探りたいと思います。日足の目線を分けるラインは139.4円、注目水平ラインは141.7円です。

<今週の豪ドル円>

日足で意識される水平ライン74.25円付近は上抜けましたが勢いは出ていません。4時間足もみ合いからのブレイクを待ってN字のエントリー根拠を確認したいと思います。日足の目線を分けるラインは74.25円、注目水平ラインは74.85円、73.9円です。

<今週のユーロドル>

1.100ドルの強い水平ラインからの反発は、1.110ドルも少し上抜けましたが、1.1115ドルの抵抗から下げとなり、もみ合いレンジ内に戻されました。先週末は急落の後に戻りが発生していますが、1.1075ドルを上抜けられず再び売りが強くなるなら、レンジ下限1.10ドルまでの動きを狙ってみたいと思います。日足の目線を分けるラインは1.1075ドル、注目水平ラインは1.1115ドル、1.1065ドルです。

今週の5分足、15分足のトレードは、抵抗、サポートとなる水平線を確認して、

ドル円・・・ロング(買い)、ショート(売り)

ユーロ円・・・ロング(買い)、ショート(売り)

ポンド円・・・ロング(買い)

豪ドル円・・・ロング(買い)、ショート(売り)

ユーロドル・・・ショート(売り)

で直近高値、直近安値までのN字エントリー根拠を探りたい思います。

4時間足、日足では、各もみ合いレンジのブレイクを待ちたいと思います。


今週発表の経済指標、イベントでは、

12/9
08:50 (日)四半期実質国内総生産(GDP、改定値)7-9月期

12/11
22:30 (米)消費者物価指数(CPI)11月

12/12
04:00 (米)米連邦公開市場委員会(FOMC)終了後政策金利発表
04:30 (米)パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長 定例記者会見
21:45 (欧)欧州中央銀行(ECB)政策金利
22:30 (欧)ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁 定例記者会見

12/13
22:30 (米)小売売上高 11月

に注目したいと思います。FOMCは要注目です。

12/9(月)の夜は、

特に経済指標発表、イベントは予定されていません。

12/10(火)の夜は、

18:30 (英)月次国内総生産(GDP)10月
18:30 (英)鉱工業生産指数 10月
18:30 (英)製造業生産指数 10月
18:30 (英)商品貿易収支 10月
18:30 (英)貿易収支 10月
19:00 (独)ZEW景況感調査 12月
19:00 (欧)ZEW景況感調査 12月
22:30 (米)四半期非農業部門労働生産性・改定値 7-9月期

の経済指標発表、イベントが予定されています。