FXとは – 外貨預金との違い

FXとは「Foreign eXchange」という英語の省略形です。 正式には「外国為替証拠金取引」といい、ドルやユーロなどの外国通貨を売買し、価格に変動があったときの差益や金利を儲けることを目的とした金融商品です。

同じようなことを目的とするなら外貨預金も考えられますが、外貨預金の場合、100円/ドルの時に1万ドルを預金した場合、100万円が必要となります(手数料除く)。為替相場が100円/ドルから110円/ドルとなると、1万ドルは日本円で110万円となるわけですから、為替差益として10万円の利益が発生します。また、預金金利が年率3%とすると、1年間で為替の上昇分と合わせて3.3万円の利益となります。

外貨預金の場合、1年間でドル相場が100円/ドルから110円/ドルに上がり、預金金利が年率3%の場合、1年間で13.3万円の利益が出ます。実際には、最初に円をドルに交換する時、1年が経ちドルを円に交換する必要があるので、その手数料が差し引かれ、利益はもっと少なくなるでしょう。

何千万円もの資産があれば、それでもいいのかもしれませんが、10万円の資産であれば、ドル相場が年間10円も上がって、1万円程度の利益が出るだけです。ちょっと寂しいですね。

FXの魅力は少額資金でスタートできる点にあります。名前を再確認してみましょう。「証拠金取引」とありますね。つまり1万ドルの取引をする時に、1万ドルを必要とせず、その25分の1といった証拠金を支払って取引することができる金融商品となります。1万ドルの25分の1だと約4万円ですね。約4万円で1万ドルの取引ができるのです。

先ほどと同じように1年間でドル相場が100円/ドルから110円/ドルに上がったとします。そうすると同じように13.3万円の利益が出るのです。元本と合わせると17.3万円となり、元本からみると約4.3倍です。これは魅力を感じますね。

しかし相場が下がった時はどうなるでしょう。ドル相場が100円/ドルから90円/ドルに下がったとします。金利は付きますので2.7万円の利益は発生しますが、為替差損で10万円のマイナスとなります。これは元本より大きい金額ですので、元本を失うことになるのです。実際には為替差損のマイナスが元本より大きくなる前に強制決済されます。

元本を失うのは怖いですよね。でもよく考えてください。外貨預金で1万ドルを取引しても、FXで1万ドルを取引してもドル相場が10円下がって損する額は同じ10万円です。10円上がって儲かる額も同じ10万円になるのです。

FXは小額資金で大きなお金を動かし、利益も大きくできますが、損も大きくなるリスクをもった外国通貨を買ったり、売ったりする金融商品と理解しておくのがよいと思います。

金融商品を買ったり、売ったりということであれば、株式も考えられます。しかし、日本の株式市場が取引を行っているのは、平日の午前9時から午後3時まで、昼休みは取引が中断されますので、普通の会社員ではリアルタイムで取引することが難しいです。FXは平日のほぼ24時間、世界中のどこかの市場が開いているため、午後9時や10時でも動く相場を見ながら取引できることも魅力だと思います。

FX取引をするためにはFX会社で取引口座を開設する必要があります。最初は不安も多いと思いますので、国内のFX会社で最低取引単位が1000通貨以下のところがよいと思います。取引単位が1万通貨取引単位だと上記のようにドル円の取引をするために約4万円が必要になりますが、1000通貨(ドル円の取引だと1000ドル)だと約4000円で済みますので安心ですね。利益も損失も出ませんが、架空の取引を行うデモ口座で体験してみるのもよいと思います。是非一度体験してみることをおすすめします。

FX会社の情報はこちら


ブログ内トピックス一覧