FXとは – 外貨預金よりお得だけど資金管理が重要

FXとは「Foreign eXchange」という英語の省略形です。

正式には「外国為替証拠金取引」といい、ドルやユーロなどの外国通貨を売買し、価格に変動があったときの差益や金利を儲けることを目的とした金融商品です。

同じような目的の資産運用では外貨預金も考えられますが、どのように違うのでしょうか。

外貨預金の場合、100円/ドルの時に1万ドルを預金した場合、100万円が必要となります(手数料除く)。

為替相場は変動しますが、例えば100円/ドルから110円/ドルとなると、1万ドルは日本円で110万円となるわけですから、為替差益として10万円の利益が発生します。

また、預金金利が年率3%とすると、1年間の金利による利益は110万円×3%ですから3.3万円の利益となりますね。

外貨預金の場合、1年間でドル相場が100円/ドルから110円/ドルに上がり、預金金利が年率3%の場合、1年間で13.3万円の利益が出ます。

実際には、最初に円をドルに交換する時、1年が経ちドルを円に交換する必要があるので、その手数料が差し引かれ、利益はもっと少なくなるでしょう。

何千万円もの資産があれば、それでもいいのかもしれませんが、10万円の資産であれば、ドル相場が年間10円上がったとしても、1万円程度の利益が出るだけです。国内定期預金マシですが、ちょっと物足りないかもしれません。

外貨預金の弱点はもう一つあります。一般的に世界経済が減速する場面では円高が進みやすいです。

そんな時、1万ドルの外貨預金をするとどうなるでしょう。円高で為替相場が100円/ドルから90円/ドルとなると、為替差損として10万円の損失が出てしまいます。

こうなるともはや資産運用とは言えません。つまり、円高が進む見込みがある時、外貨預金はできません。


一方、FXはどうでしょうか。

FXが外貨預金と比べて、魅力的なところは2つあります。

1つ目は少額資金でスタートできる点です。

名前を再確認してみましょう。「証拠金取引」とありますね。つまり1万ドルの取引をする時に、1万ドルを必要とせず、その25分の1といった証拠金を支払って取引することができる金融商品となります。1万ドルの25分の1だと約4万円ですね。約4万円で1万ドルの取引ができるのです。

先ほどと同じように1年間でドル相場が100円/ドルから110円/ドルに上がったとします。そうすると同じように13.3万円の利益が出るのです。元本と合わせると17.3万円となり、元本からみると約4.3倍です。これは資産運用として大成功です。

2つ目の魅力は、円安、円高どちらでも利益を出すことが可能なことです。

さきほど、外貨預金では円高になると利益をだせないことを説明しました。しかし、FXでは相場が下がった時でも売りポジションをを持てば、ドル相場が100円/ドルから90円/ドルに下がったとしても、金利では2.7万円の損失が発生しますが、為替差益は10万円のプラスとなりますので差し引き7.3万円の利益です。

つまり、FXでは相場が上がろうが下がろうが、どちらに動いても利益を出すことができるのです。

FXは小額資金から運用することができ、円高でも円安でも利益を出せる投資といえます。

と、ここまでFXの良いところだけお話しました。


ここからは、FXについての怖いところ、リスクについてお話します。

円高相場では、FXの売りポジションを持てば、説明した通り利益が出せるのですが、買いポジションを持ってしまった場合、どうなるのでしょうか。

ドル相場が100円/ドルで1万ドルをFX買いポジションで持って、90円/ドルに円高が進んだとします。この場合、為替差損として10万円、金利では2.7万円の損失が発生し、合計12.7万円の損失となります。

FXでは約4万円で1万ドルをFX買いポジションが持てますが、投資額4万円で12.7万円の損失となるのです。

これは投資額の3倍以上の損失ですが、実際には損失が口座残高の70~80%となった時点で強制決済になるでしょう。

資金大半を失うのは怖いですよね。

でも、よく考えてください。

外貨預金で1万ドルを取引しても、FXで1万ドルを取引してもドル相場が10円下がって損する額は同じ10万円です。10円上がって儲かる額も同じ10万円になるのです。

FXは小額資金で大きなお金を動かし、円高でも円安でも利益が出せますが、持つポジションを間違うと損も大きくなるリスクをもった外国通貨を買ったり、売ったりする金融商品と理解しておくのがよいと思います。

そして、大きな利益が出せる反面、大きな損失が出る可能性もあるため、資金管理がとても重要ということも覚えておいてください。

FX取引をするためにはFX会社で取引口座を開設する必要があります。リスク管理を考えると海外FX会社での口座開設がおすすめなのですが、最初は不安も多いと思いますので、国内のFX会社で最低取引単位が1000通貨以下のところでもよいと思います。

取引単位が1万通貨取引単位だと上記のようにドル円の取引をするために約4万円が必要になりますが、1000通貨(ドル円の取引だと1000ドル)だと約4000円で済みますので安心ですね。利益も損失も出ませんが、架空の取引を行うデモ口座で体験してみるのもよいと思います。是非一度体験してみることをおすすめします。

FX会社の情報はこちら


ブログ内トピックス一覧