要人発言による相場の急変動に要注意 – トレード準備と独り言


こんにちは。喜平です。

日曜日は今週の相場見通しのため、週足チャート、日足チャート、4時間足チャートを見て流れをつかんでおきます。

<ドル円>
週足:↓ 日足:↓ 4時間足:↓
<ユーロ円>
週足:↑ 日足:→ 4時間足:↓
<ポンド円>
週足:↑ 日足:→ 4時間足:↓
<オーストラリアドル円>
週足:→ 日足:↓ 4時間足:→
<ユーロドル>
週足:↑ 日足:↑ 4時間足:→
となっています。
※5本足移動平均線の傾きが、
上昇:↑ 下降:↓ レンジ(水平に近い):→

ドル円は下落傾向が続いています。25日のトランプ大統領の強いドル発言で一時的に上昇しましたが、黒田日銀総裁の発言で戻り売りとなりました。まだ底の見極めは難しい状況です。ユーロ円とポンド円は似たような傾向になっていますが、ユーロは上昇下降の変動が大きいのに対して、ポンド円のほうが堅実に上昇しているように見えます。オーストラリアドル円は4時間足のレンジが続いている感じです。ユーロドルはドルの弱さから上昇となっています。4時間足では上昇一服のもみ合いレンジになっていますが、今後のドルの状況により上抜けするかもしれません。

今週のドル円は、先週のムニューシン財務長官によるドル安容認発言と、トランプ大統領による強いドル発言と正反対の発言があったことに対して、トランプ政権の次の発言、動きに左右されそうです。1/30のトランプ大統領による一般教書演説、1/30、31に実施される連邦公開市場委員会(FOMC)の声明は注目したいと思います。チャート分析では週足のボリンジャーバンド(25MA,2σ)下限と、直近安値(9/3 107.3円付近)を意識しておきたいと思います。

今週のユーロ円は、1/25欧州中央銀行(ECB)理事会後のドラギ総裁記者会見で、ユーロ高に強い懸念を示さなかったことから、欧州経済回復、金利正常化に向けてのユーロ買いは継続し、堅調な動きになるかもしれません。1/30の四半期GDP速報値は注目したいと思います。チャート分析では4時間足ボリンジャーバンド(25MA,2σ)下限、移動平均線200MAからの反発は注目しておきたいです。

今週のポンド円は、ユーロの金利正常化に向けての動きから、イングランド中央銀行(BOE)による早期利上げ期待が続いているとのことで、引き続き緩やかに上昇する可能性があると思います。チャート分析では4時間足ボリンジャーバンド(25MA,2σ)下限、移動平均線100MA、日足25MAを期待したいです。

今週のオーストラリアドル円は、原油高による資源価格連れ高のにより底堅い動きになる可能性が高いと思われますが、先週のように中国経済に影響が出るアメリカの貿易政策に関するニュースが流れるともみ合いになる可能性も考えられます。チャート分析では4時間足レンジもみ合いの上限、下限を意識しておきたいです。

今週のユーロドルは、1/25欧州中央銀行(ECB)理事会後のドラギ総裁記者会見で、ユーロ高に強い懸念を示さなかったことから、欧州経済回復、金利正常化に向けてのユーロ買いは継続し、堅調な動きになるかもしれません。このところの強い上昇の原因となっているトランプ政権の動きにも注意したいと思います。チャート分析では4時間足移動平均線25MAのサポートに注目したいと思います。

チャートをしっかり見極めてからエントリーしたいと思います。

今週発表の経済指標、イベントでは、
1/30 19:00 (欧)四半期域内総生産(GDP、速報値) 前期比 10-12月期
1/31 11:00頃 (米)トランプ大統領一般教書演説
1/31 22:15 (米)ADP雇用統計 前月比 1月
2/1 22:30 (米)四半期非農業部門労働生産(GDP、速報値)前期比 10-12月期
2/2 22:30 (米)雇用統計 前月比 1月

に注目したいと思います。

その他指標でもポジティブ、ネガティブサプライズがあれば、大きな変動も起こりますので、毎日必ず指標発表、要人の発言予定を確認してから、エントリーするようにしたいと思います。

明日1/29夜は、
22:30 (米)個人消費支出(PCE) 前月比 12月
22:30 (米)個人所得 前月比 12月

の経済指標発表が予定されています。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

~~~~~~~~~~~~~~~

海外旅行はいざという時に安心なところがいいですよね。喜平もパスポートの入ったカバンを盗まれたり、トランクを中継地の空港で降ろされてしまったり、トラブルにあったことがあります。

そんな時も頼りになるのはやはり大手。日本旅行はヨーロッパが得意みたいだけど、ハワイもグッドな大手です。






海外旅行となると、英語が少しでも話せたほうが楽しいですよね。

英語を学習する苦痛から解放する日本初、1日たった6分間、聞くだけです。

英会話に挫折した人、諦めた人が『話せるようになる』英会話音声教材「ネイティブ・イングリッシュ」

いかがでしょうか。


月曜日は特に大きな話題がない限りブログ投稿をお休みします。

ECB、MPC、日銀の金融緩和策に注目- トレード準備と独り言


こんにちは。喜平です。

日曜日は今週の相場見通しのため、週足チャート、日足チャート、4時間足チャートを見て流れをつかんでおきます。

<ドル円>
週足:↓ 日足:↓ 4時間足:↓
<ユーロ円>
週足:↑ 日足:→ 4時間足:↓
<ポンド円>
週足:↑ 日足:↑ 4時間足:↓
<オーストラリアドル円>
週足:↑ 日足:↑ 4時間足:↓
<ユーロドル>
週足:↑ 日足:→ 4時間足:→
となっています。
※5本足移動平均線の傾きが、
上昇:↑ 下降:↓ レンジ(水平に近い):→

ドル円は引き続き弱含みとなっているものの4時間足ではレンジの様子が見えていますので一旦下げ止まるかもしれません。ユーロ円は週足で上昇を保っていますが、日足での変動は大きくなっています。ポンド円は上昇が続いていますが、4時間足でやや調整中です。オーストラリアドル円は週足、日足で上昇となっていますが、大きな波のレンジの様子です。ユーロドルはドルの弱さから上昇となっていますが、日足、4時間足ではもみ合いレンジに移行しています。

今週のドル円は他国の金融政策に影響されるとのニュースが見られました。ユーロ圏の経済回復により早期金利回復の思惑が進んだ場合、ユーロ買いドル売りの影響を受けて円買い円高傾向なり、1/22~23開催の日銀金融政策決定会合で現行の金融緩和策を維持することが決定された場合、円売り円安が進む可能性がありそうです。チャート分析では4時間足で見られるレンジの様子から、反発し上昇するか、さらなる下値を探る動きになるのかに注目したいと思います。

今週のユーロ円は、1/25に開催が予定される欧州中央銀行(ECB)理事会に向け、金融緩和策縮小を期待したユーロ買いが進む可能性があるが、現状維持となった場合、要人によるユーロ高けん制の発言が見られた場合は、もみ合いになる可能性もありそうです。チャート分析では135円台のレンジを意識したいと思いますが、ニュースなどによる突発的な動きには気をつけたいと思います。

今週のポンド円は、1/24雇用統計、1/25ECB総裁定例記者会見、1/26四半期GDPなどの結果により、2月の金融政策委員会(MPC)の政策金利発表に向けた思惑による動きがあるかもしれません。チャート分析では4時間足25MAでの反発が継続すれば、日足での弱い上昇トレンドが続きそうです。

今週のオーストラリアドル円は、中国経済の安定的な成長継続が続いているものの、原油価格の上昇が停滞していることによる資源価格連れ高の思惑後退から、もみ合いになる可能性がありそうです。チャート分析では日足のレンジを意識しておきたいと思います。

今週のユーロドルは、1/25に開催が予定される欧州中央銀行(ECB)理事会に向け、金融緩和策縮小を期待したユーロ買いが進む可能性があるが、現状維持となった場合、要人によるユーロ高けん制の発言が見られた場合は、もみ合いになる可能性もありそうです。チャート分析では4時間足でのレンジ形成がどこまで続くかに注目したいと思います。

チャートをしっかり見極めてからエントリーしたいと思います。

今週発表の経済指標では、
1/23 9:00 (日)日銀金融政策決定会合終了後、政策金利発表
1/25 21:45 (欧)欧州中央銀行(ECB)政策金利発表
1/26 18:30 (英)四半期国内総生産(GDP、速報値)
1/26 22:30 (米)四半期実質国内総生産(GDP、速報値)

に注目したいと思います。

その他指標でもポジティブ、ネガティブサプライズがあれば、大きな変動も起こりますので、毎日必ず指標発表、要人の発言予定を確認してから、エントリーするようにしたいと思います。

明日1/22夜は、経済指標発表は特に予定されていません。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

みなさん、ワインはお好きですか。私は大好きです。ビールよりも少しリッチな感じになりますし、おつまみもちょっと良いものを選んでしまいます。特に生ハム、ソーセージ、チーズは最高に合うと思います。

紹介させていただくグルメソムリエは、世界各地の美味しいワイン、生ハム、ソーセージ、チーズなどを扱う専門店です。

食べ物となると品質や健康も気になりますが、直輸入の無添加生ハム原木やオーガニックワイン(BIOワイン)、世界コンクール金賞受賞のチーズ、また、抗生剤・ホルモン剤不使用にこだわったニュージーランド産の羊肉ラム肉など、安心していただけるものばかりです。

生ハム原木の輸入直販では国内最高の品揃えで目移りしてしまいますね。

毎月25日から29日までを「29の日感謝デー」となっており、特別な商品販売やサービスが魅力だと思います。新規会員登録時にすぐにお使いいただけるポイント500円のプレゼントもありますので一度試されてはいかがでしょうか。

高品質なワイン、美味しいおつまみは悠々自適時間にとって無くてはならないものだと思います(笑)





月曜日は特に大きな話題がない限りブログ投稿をお休みします。

ドル円は下げ継続か – トレード準備と独り言


こんにちは。喜平です。

日曜日は今週の相場見通しのため、週足チャート、日足チャート、4時間足チャートを見て流れをつかんでおきます。

<ドル円>
週足:↓ 日足:↓ 4時間足:↓
<ユーロ円>
週足:↑ 日足:→ 4時間足:↑
<ポンド円>
週足:→ 日足:↓ 4時間足:↑
<オーストラリアドル円>
週足:↑ 日足:↓ 4時間足:→
<ユーロドル>
週足:↑ 日足:↑ 4時間足:↑
となっています。
※5本足移動平均線の傾きが、
上昇:↑ 下降:↓ レンジ(水平に近い):→

週足ではドル円が約2円の強い下げとなりました。週末に消費者物価指数で上げましたが戻り売り状況でまだ底がわかりません。ユーロ円、ポンド円、ユーロドルは4時間足で強いV字上昇となっています。特にユーロドルはドルの弱さもあり、週足でも直近高値更新となりました。オーストラリアドル円は日足でレンジ上限付近から下げましたが、やや回復の気配もあります。

今週のドル円は、欧州中央銀行(ECB)や日本銀行などの他の主要中央銀行による金融緩和策縮小や利上げへの思惑が、連邦準備制度理事会(FRB)による今年3回の利上げより注目されるようになってきているとのことで、下値を探る可能性がありそうです。チャート分析では日足の直近安値である111.0円付近を下げ圧力が突破するか確認したいと思います。

今週のユーロ円は、欧州中央銀行(ECB)の12月理事会議事要旨で金融政策のガイダンス変更に言及があったことが意識されており、堅調な動きになる可能性が高いようです。チャート分析では日足での強い陽線発生、4時間足の移動平均線5MAの勢いが衰えておらず、更なる上昇を期待したいと思います。

今週のポンド円は、引き続き原油高継続や他の主要中央銀行の動きから早期利上げへの思惑などにより、強含みになる可能性があると思われます。チャート分析では週足、日足でも下値を切り上げてきていることから、急な上昇に対する調整は考えられるものの底堅い展開になりそうです。

今週のオーストラリアドル円は、原油高継続による資源価格連れ高への期待から買われやすい状況ですが、1/18に中国四半期GDPの経済指標発表があり影響を受ける可能性があります。チャート分析では4時間足の移動平均線1005MAをしっかり上抜けることができるかどうかに注目したいと思います。

今週のユーロドルは、欧州中央銀行(ECB)の12月理事会議事要旨で金融政策のガイダンス変更に言及があったことが意識されており、堅調な動きになる可能性が高いようです。しかし、ユーロ高が急速に進んだ場合、金融当局が通貨高をけん制する可能性については注意が必要とのニュースも見られました。チャート分析では週足、日足での直近高値更新と4時間足の移動平均線5MAの勢いから、一時的な調整はあるにせよ上昇を期待したいところです。

チャートをしっかり見極めてからエントリーしたいと思います。

今週発表の経済指標では、
1/18 11:00 (中)四半期GDP 前年同期比 10-12月期
1/18 22:30 (米)フィラデルフィア連銀製造業景気指数 1月
1/19 01:00 (米)週間石油在庫統計
1/19 24:00 (米)ミシガン大学消費者態度指数・速報値 1月
に注目したいと思います。

その他指標でもポジティブ、ネガティブサプライズがあれば、大きな変動も起こりますので、毎日必ず指標発表、要人の発言予定を確認してから、エントリーするようにしたいと思います。

明日1/8夜は、
19:00 (欧)貿易収支 11月
の経済指標発表が予定されています。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

今年のお正月は休みも短くてあわただしく、ゆっくり休めなかった人も多いのではないでしょうか。

ちょっとした悠々自適時間、リラックスできる時間を持つことは身体も精神にも必要なことです。ゆとりは感情を抑え、トレードで必要な心のコントロールを高めることにも役立つと思います。

じゃらんnetなら、2万軒以上の宿泊施設やクチコミ、全国14万件を超える観光スポット情報、約3万件のイベントや18万件のクチコミから趣向にあった宿やホテルを探せますよ。私も出張や国内の家族旅行で利用しています。



海外ならセレブな気分を味わえるプランに出会うことができるホームアウェイかな。


月曜日は特に大きな話題がない限りブログ投稿をお休みします。