異なる時間足チャートで見えるもの – 買ったら下がり売ったら上がるの予防

みなさんは何種類の時間足チャートを見ていますか。

私は日曜日のトレード準備と独り言の記事では週足、日足、4時間足をチェックしています。
また水曜のトレンドですか?レンジですか?の記事で4時間足、1時間足、15分足の分析を行っていますが、これらの足のチェックは毎日エントリー前に行うようにしています。

トレンド、レンジの判断をする場合、上位足、例えば、5分足メインでトレードするなら、15分足、1時間足チャートを見ることはとても有効です。1つの時間足しか見ていないと、買いエントリーしたら下がり、売りエントリーしたら上がるといったことが起こりやすいような気がします。

木を見て森を見ないみたいな、短い時間の一時的な動きでエントリーしてしまうと、大きな相場の流れに逆らってしまう可能性があります。

上位足で上昇トレンドなら、下位足でも上昇の波を意識したトレードをすることにより勝ちやすくなるでしょう。上位足でレンジ相場なら、下位足でもそのレンジ範囲を意識しておくことで、決済のポイントをつかみやすくなります。

例で示すと、5分足チャートで下げてきたローソク足が反転の動き

1時間足チャートでも確認してレンジ下限からの反発なのでレンジ上限または25MAでの決済を意識して買いエントリー

また、利幅を大きく、損切り幅を小さくするために、下位足を見ることも忘れてはいけません。5分足メインのトレードで1分足を見ることです。
どの時間足チャートでも小さな波があります。5分足の上昇トレンドでエントリーする場合、1分足で見て、波の下限から上昇するタイミングで、エントリーした方が、利益を大きく、損失を小さくすることができます。せいぜい数pipsのことですが、積もれば意外と大きいです。

MT4などチャート機能を使用すれば、上位足で引いた水平ラインやトレンドラインは下位足に切り替えてもそのまま表示されますので、判断の助けとなりますよ。

ブログ内トピックス一覧

ブログTOPに戻る