モバイルトレード環境はこれで決まり

FXトレードは可能な限りパソコンでするのがよいと思います。

やっぱりチャートは大きな画面で見た方が判断しやすいし、表示設定やインジケーターを使う自由度も高いからです。

もちろんスマートフォンでもなんら問題なくトレードできますが、トレードの最中に電話やメール、LINE通知が来るのは困りますよね。

またパソコンでトレードしていても、もうすぐエントリーチャンスが来そうな状況で出かけなければならず、続きはスマートフォンでということもあるでしょう。

そんな問題を解決するためのモバイルトレードの環境としておすすめなのは、トレード専用のスマートフォンやタブレットを持つことですね。

トレード専用は最新の端末でなくても十分に使えます。新しいスマートフォンに変えたときに、前に使っていたたものをトレード専用にしてしまうとか、中古のタブレットは特におすすめです。ある程度大きな画面の方が、トレード根拠の判断もしやすいですからね。

トレード専用端末をネットにつなぐのに持っているスマートフォンのテザリング機能を使うのもいいんですけど、電池の消耗も気になってしまいますので、格安のデータ専用SIMを契約しましょう。

中古タブレットではWiFiモデルではなく、データSIMを挿せるLTEモデルにしましょう。

データ専用SIMは音声通話付きよりも安くて、格安SIM各社、だいたい3GBで月々900円くらいなので助かります。

IIJmio

格安SIMはドコモ回線を使用するもの、au回線を使用するもの、ソフトバンク回線を使うものがあります。

ソフトバンク回線はちょっとマイナーなのでドコモかauの回線を使用するSIMがよいでしょう。

最近はSIMフリーの端末も多くなっていますが、もともとドコモ端末は格安ドコモ回線データSIM、もともとau端末は格安au回線データSIMの組み合わせの方が相性もよいと思います。

au回線なら古めの端末でも対応していることが多いマイネオが良いと思います。



私は以前、機種変更して使わなくなったドコモ端末にIIJmioのSIMを刺して使っていましたが、使い勝手はよかったです。今はiPadのauLTE版で、マイネオSIMを使っています。平日の昼休み時間帯は通信速度が落ちるようですが、夜のトレードでは問題ありません。

モバイルでもトレード根拠をしっかりと確認することは大事ですよ。