下値を探る気配が継続 – トレンドですか?レンジですか?


こんにちは。喜平です。

火曜日と木曜日はトレンドチェックです。この記事では移動平均線の4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、2日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロ円>
4時間足:↓ 1時間足:→ 15分足:↓
<ポンド円>
4時間足:↓ 1時間足:↓ 15分足:→
<オーストラリアドル円>
4時間足:↓ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロドル>
4時間足:↓ 1時間足:→ 15分足:↓
となっています。

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね中心線となる移動平均線25MAより上で推移は、上昇トレンド↑

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね中心線となる移動平均線25MAより下で推移は、下降トレンド↓

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね上限ライン(+2σ)と下限ライン(-2σ)の間で推移は、レンジ→

時間の短い足しか見ていないと、長い足の流れに逆らってエントリーしてしまうことがあるので注意しましょう。

ドル円はほぼレンジですが、戻りが弱く元気が無い感じです。直近安値付近で踏ん張れるか、安値を更新するのかに注目したいと思います。ユーロ円は弱い下降トレンドが継続しており、まだ反発する気配が見えていません。ポンド円も弱い下降トレンドが継続しており、まだ反発する気配が見えていません。今日の経済指標発表の結果に対する動きに注目です。オーストラリアドル円は4時間足では下降トレンドですが、1時間足ではレンジに移行しており、次にどちらにブレイクするかに注目です。ユーロドルは日足の25MA付近ですが、4時間足以下の時間足では、まだ反発する気配が見えていません。

本日2/13の夜は、

18:30 (英)消費者物価指数(CPI) 前月比 1月
18:30 (英)小売物価指数(RPI) 前月比 1月
18:30 (英)卸売物価指数(食品、エネルギー除くコアPPI) 前年同月比 1月

が予定されています。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

トレンドとは?レンジとは?

米株式相場の暴落を発端に相場は不安定 – トレード準備と独り言


こんにちは。喜平です。

日曜日は今週の相場見通しのため、週足チャート、日足チャート、4時間足チャートを見て流れをつかんでおきます。

<ドル円>
週足:↓ 日足:↓ 4時間足:→
<ユーロ円>
週足:→ 日足:↓ 4時間足:→
<ポンド円>
週足:→ 日足:↓ 4時間足:↓
<オーストラリアドル円>
週足:↓ 日足:↓ 4時間足:→
<ユーロドル>
週足:↑ 日足:↓ 4時間足:→
となっています。
※5本足移動平均線の傾きが、
上昇:↑ 下降:↓ レンジ(水平に近い):→

先週はニューヨーク株式相場の暴落を発端にリスクオフの円買いが強くなりました。ドル円は週足で再び直近安値付近まで下げましたが少し反発しています。ユーロ円、ポンド円は週足で移動平均25MAの右上がりは維持していますが、その25MA付近まで調整が入りました。日足でもボリンジャーバンド下限付近です。オーストラリアドル円は週足でボリンジャーバンド下限付近で、まだレンジ内の動きです。日足、4時間足で下降トレンドとなっています。ユーロドルは日足でも移動平均25MAの右上がりを維持していますが、その25MA付近まで調整しました。引き続き荒い動きが予測されますのでポジションは控えめにいきたいと思います。

今週のドル円は、金利先高観によりアメリカを発端として主要国の株価が下落したことによるリスク回避の円買いはやや落ち着くと思います。株式相場は調整局面という見方が広がっていることから、株高を期待するドル買いも控えられ、不安定な値動きになると思われます。市場不安から経済指標の結果に対する反応が大きくなる可能性については考慮しておきたいです。
チャート的には先週末の反発が4時間足25MAを上抜けるところまで維持できるのか、戻り売りにあってしまうのかに注目したいと思います。

今週のユーロ円は、リスク回避の円買いが弱くなる可能性が高いと思われ、ユーロ圏GDP改定値などで域内経済の順調な回復が確認された場合、欧州中央銀行(ECB)による金融緩和策の早期縮小期待により、ユーロ買いが再開すると思われます。
チャート的には日足でボリンジャーバンド下限から反発できるかどうかですが、このところレンジの下限と上限では特に動きが大きくなっているので大局をみて判断していきたいです。

今週のポンド円は、リスク回避の円買いが弱くなる可能性が高いと思われ、先週、英中央銀行総裁が早期利上げの必要性について言及したことによる早期追加利上げへの期待が広がれば、ポンド買いが再開されると思われます。経済指標発表には注目したいです。
チャート的には日足でボリンジャーバンド下限から反発できるかどうかですが、ポンド特有の激しい動きには注意したいと思います。

今週のオーストラリアドル円は、先週の準備銀行による賃金の伸びは当面低水準にとどまるという指摘、12月貿易収支が予想に反して赤字となったこと、12月小売売上高も予想以上に落ち込んだことなどから、弱含みが継続すると思われます。
チャート的には週足のボリンジャーバンド下限から反発できるかどうかですが、100MAを下抜けすると、直近安値の81円台を目指す可能性もあります。

今週のユーロドルは、ユーロ圏とアメリカの金利先高観の強さに影響されると思われます。アメリカの経済指標が予想を上回り、利上げ期待が膨らみ、アメリカ長期金利の上昇が続くと弱含みになり、反対にユーロ圏の経済指標が良い場合は、欧州中央銀行(ECB)による金融緩和策の早期縮小期待により、強含みになる可能性があると思われます。
チャート的には一番落ちついて見ることができますね。日足25MAからの反発上昇を期待したいところです。

チャートをしっかり見極めてからエントリーしたいと思います。

今週発表の経済指標、イベントでは、
2/13 18:30 (英)消費者物価指数(CPI) 前月比 1月
2/14 19:00 (欧)四半期域内総生産(GDP、改定値)
22:30 (米)消費者物価指数(CPI) 前月比 1月
22:30 (米)小売売上高 前月比 1月

に注目したいと思います。

その他指標でもポジティブ、ネガティブサプライズがあれば、大きな変動も起こりますので、毎日必ず指標発表、要人の発言予定を確認してから、エントリーするようにしたいと思います。

明日2/12夜は、特に経済指標発表は予定されていません。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

「酵素玄米」ってご存知ですか。

炊いた玄米と小豆を3日間以上保温し続け、酵素のはたらきを活性化させたごはんのことで、美味しく玄米を食べる方法のひとつです。

メディアでも活躍中の人気雑穀料理家 柴田真希先生監修により、この酵素玄米ごはんの食味と栄養価を更にアップし、小豆と厳選した数種類の雑穀をプラスして作ったのが酵素玄米専用のブレンド雑穀「玄米酵素ブレンド」です。

100%国内産、無農薬、合成添加物も一切使用しておらず、毎日安心、安全に食べ続けられるブレンド雑穀となっています。 一般的な普通の炊飯器で簡単に炊くことができ、特別な道具も必要ありません。

雑穀は、大麦、はと麦、小豆、たかきび、黒豆、黒米、赤米という厳選された7種類もの雑穀が使用され、バランスの取れた栄養、食物繊維も豊富に含まれています。

酵素ってなじみのない方もおられると思いますが、体内のあらゆる化学反応の手助けとして機能してくれるタンパク質の一種です。食べ物の消化吸収をはじめ、体内で起こるあらゆる生体反応は、全て酵素が大きな役割を果たしています。そのような酵素は、新陳代謝を促進させ、身体を健康に保つ効果が期待できます。

まるでお赤飯のような外観ともっちもちの食感は、同じ玄米とは思えないほどおいしいです。

ご家庭で簡単にできる健康ごはん、一度試してみませんか?


月曜日は特に大きな話題がない限りブログ投稿をお休みします。

戻り売りのエントリーと決済 – ベストトレード根拠


こんにちは。喜平です。

悠々自適時間を獲得するため、自分で決めたルールをしっかり守ってトレードしていきたいと思います。

普通の会社員である私がFX取引をできるのは、長くても平日午後8時から12時くらいです。

仕事を終えて帰宅後に、FX取引する時のチャートの読み方、分析、エントリーと決済の根拠についてブログに残していきます。

水曜日と土曜日は週の前半と後半のベストトレード根拠の公開です。今日は、今週水曜日~金曜日のベストトレード根拠です。



赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
赤破線:15分足5MA 黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA
ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)

2/9金曜日のポンド円5分足チャートです。20:00頃から下げ相場に参戦したかったですが、仕事中でチャートが見れませんでした。100pipsが狙える相場だったので残念です。
私がチャートを見始めたのは22:00頃でしたので、「.00節目」の150.00円からの反発が始まっているところでした。3連続陽線が出ていましたが、ここで買いエントリーというのは急激な戻り売りを警戒するのでスルーです。少しでも緩やかな反転下降が現れるのを待ちました。

そして、23:20頃、移動平均線5MAの傾きが下向きとなり、その5MAを下抜けたところで、売りエントリーしてみました。(チャート内○の部分)

エントリー根拠の打消しは損切りするルールですので、ローソク足が5MAを完全に上抜けたら損切りです。

エントリー後は、やや荒い動きながらも5MAに沿って下落が継続しました。そして23:40頃、陰線1本のみですが、値動きに上昇の気配がありましたので決済としました。(チャート内□の部分)
大きく下落した後の相場はもみ合いであっても値動きは大きくなります。特にポンド円の場合は、簡単に50pipsくらい動きますので、勢いが衰えたときは決済することを考えるようにしています。
ちょっとチキン(臆病)な感じですが、相場によっては確実に利益確定することも大事ですね。

結果としては戻り売りタイミングをとらえて、短時間で普通の利幅が取れたよいトレードだったと思います。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間を獲得して、脱普通の会社員を目指します。

FXの基礎知識