FOMC今年利上げは予測通りでやや失望 – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

火曜日と木曜日はトレンドチェックです。この記事では移動平均線の4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、2日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:↓
<ユーロ円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:↑
<ポンド円>
4時間足:→ 1時間足:↑ 15分足:↑
<オーストラリアドル円>
4時間足:↓ 1時間足:↓ 15分足:↑
<ユーロドル>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:↑

となっています。

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね中心線となる移動平均線25MAより上で推移は、上昇トレンド↑

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね中心線となる移動平均線25MAより下で推移は、下降トレンド↓

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね上限ライン(+2σ)と下限ライン(-2σ)の間で推移は、レンジ→

時間の短い足しか見ていないと、長い足の流れに逆らってエントリーしてしまうことがあるので注意しましょう。

全体的にレンジ状態ですが、ポンド円はイギリスのEU離脱交渉が進んでいること、およびインフレ指標も好調のため、4時間足で下値を切り上げる動きがあります。FOMCの結果で、15分足でドル円は下落、クロス円、ユーロドルは上昇となっています。

今朝方のFOMC声明とパウエル議長の記者会見では、金利は予測どおり0.25%利上げ、今年にあと2回の利上げとしましたが、これまでの予測と変化がなかったことで市場は、やや失望の反応となったようです。しかし、来年以降の予測については強気で、現在発生している諸問題から、タカ派的な意思決定が先送りされた印象でした。

引き続き、貿易戦争への警戒感、イギリスとロシアの関係悪化、森友問題からの安倍内閣の支持率低下などリスクオフにつながる問題も多いため、急変動には注意が必要だと思います。

メインで見ているチャートだけでなく、一つ、二つ上の長い時間足チャートも合わせて確認すると、大きな動きの中での位置が把握できるのでエントリー判断の助けになると思いますよ。

本日3/22の夜は、
17:30 (独)製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値) 3月
17:30 (独)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値) 3月
18:00 (欧)製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値) 3月
18:00 (欧)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値) 3月
18:00 (欧)経常収支 1月
18:00 (独)IFO企業景況感指数 3月
18:00 (欧)欧州中央銀行(ECB)月報
18:30 (英)小売売上高指数 前月比 2月
21:00 (英)イングランド銀行(BOE、英中央銀行)政策金利発表
21:00 (英)英中銀資産買取プログラム規模
21:00 (英)英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨
21:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
22:00 (米)住宅価格指数 前月比 1月
23:00 (米)景気先行指標総合指数 前月比 2月

明日3/23の夜は、
21:30 (米)耐久財受注 前月比 2月
23:00 (米)新築住宅販売件数 前月比 2月

が予定されています。イングランド銀行(BOE、英中央銀行)政策金利、英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨は注目したいと思います。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

金曜日は特に大きな話題がない限りブログ投稿をお休みします。

インディケーター(サインツール)について

ユーロ円、上昇トレンドの25MAサポート – ベストトレード根拠


こんにちは。喜平です。

悠々自適時間を獲得するため、自分で決めたルールをしっかり守ってトレードしていきたいと思います。

仕事を終えて帰宅後に、FX取引する時のチャートの読み方、分析、エントリーと決済の根拠についてブログに残していきます。

水曜日と土曜日は週の前半と後半のベストトレード根拠の公開です。今日は、今週月曜日~火曜日のベストトレード根拠です。




赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
赤破線:15分足5MA 黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)

3/19月曜日のユーロ円5分足チャートです。夕方になってから、イギリスがEU離脱交渉で移行時期について合意するとの情報から、ポンドが牽引する形で、クロス円、ドル円も上昇しました。久しぶりに強い上昇を感じましたが、私がチャートを見始めた段階では、ポンド円で約1.5円、ユーロ円で約70銭、ドル円でも約35銭ほど上がっており、トレンドを狙うにしても押し目がほしいところです。

そんな中、ユーロ円5分足チャートにおいて、上昇していたローソク足が下がり始め、20:20頃、25MAにぶつかりました。そして少しだけ下に抜けましたが、すぐに25MAにサポートされ、再び上に抜けてきました。3連続の陽線となり、次の足で上昇を始めたタイミングで、買いエントリーしてみました。(チャート内○の部分)

移動平均線の並びは上昇トレンドにはなっていませんでしたが、25MAが100MAと200MAを緩み無く上抜けて、上昇の強さを感じたこと、600MA(15分足200MA)を上抜けたこともエントリー根拠となります。ポンド円も似たような動きだったのですが、変動が特に大きかったので見送りました。

エントリー後はかなり力強く上昇し、わずか20分で50銭ほど上がりました。25MAとの乖離が大きくなり、チャネルラインも上抜けましたので、陰線が下がり始めたタイミングで、決済としました。(チャート内□の部分)

上昇トレンドの25MAサポートは定番ですが、その他条件も含めてよいトレード根拠だったと思います。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

今日3/21夜は、

18:30 (英)雇用統計 2月
20:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
21:30 (米)四半期経常収支 10-12月期
23:00 (米)中古住宅販売件数 前月比 2月

3/22早朝
03:00 (米)米連邦公開市場委員会(FOMC)政策金利発表
03:30 (米)パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長、定例記者会見

が予定されています。

エントリー前には再確認したいと思います。FOMC声明とパウエル議長記者会見は要注目です。

悠々自適時間を獲得して、脱普通の会社員を目指します。

週末は暖かかったのに、また寒さが逆戻りです。この季節は日による寒暖差が大きいので、体調を崩さないようお過ごしください。

MT4のインストール方法

米ダウ平均大幅反落でリスクオフ – トレンドですか?レンジですか?


こんにちは。喜平です。

火曜日と木曜日はトレンドチェックです。この記事では移動平均線の4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、2日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロ円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:↑
<ポンド円>
4時間足:→ 1時間足:↑ 15分足:→
<オーストラリアドル円>
4時間足:↓ 1時間足:↓ 15分足:→
<ユーロドル>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:↑
となっています。

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね中心線となる移動平均線25MAより上で推移は、上昇トレンド↑

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね中心線となる移動平均線25MAより下で推移は、下降トレンド↓

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね上限ライン(+2σ)と下限ライン(-2σ)の間で推移は、レンジ→

時間の短い足しか見ていないと、長い足の流れに逆らってエントリーしてしまうことがあるので注意しましょう。

昨日はイギリスがEU離脱交渉で移行時期の条件で合意に達したとの報道によりポンドが上昇しました。それにともないユーロ、ドルも上昇したのですが、上昇一服後は、アメリカ株式相場の大幅反落で下げに転じました。
全体的にはレンジ継続の様子ですが、オーストラリアドル円は軟調です。今週はFOMC声明、パウエル議長の記者会見が予定されていますが、トランプ大統領をはじめ、要人による予定外時間の発言で変動する可能性を留意しておきたいと思います。

本日3/20の夜は、

18:30 (英)消費者物価指数(CPI) 前月比 2月
18:30 (英)小売物価指数(RPI) 前月比 2月
18:30 (英)卸売物価指数(食品、エネルギー除くコアPPI) 前年同月比 2月
19:00 (独)ZEW景況感調査 3月
19:00 (欧)ZEW景況感調査 3月
24:00 (欧)消費者信頼感(速報値) 3月

が予定されています。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

MT4について