ダウ暴落の影響で変動幅に要注意 – トレンドですか?レンジですか?


こんにちは。喜平です。

火曜日と木曜日はトレンドチェックです。この記事では移動平均線の4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、2日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロ円>
4時間足:→ 1時間足:↓ 15分足:→
<ポンド円>
4時間足:→ 1時間足:↓ 15分足:↓
<オーストラリアドル円>
4時間足:↓ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロドル>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:↓
となっています。

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね中心線となる移動平均線25MAより上で推移は、上昇トレンド↑

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね中心線となる移動平均線25MAより下で推移は、下降トレンド↓

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね上限ライン(+2σ)と下限ライン(-2σ)の間で推移は、レンジ→

時間の短い足しか見ていないと、長い足の流れに逆らってエントリーしてしまうことがあるので注意しましょう。

ドル円は上昇トレンド手前のレンジ相場という様子です。4時間足で25MAが75MAを上抜け、直近高値を超えられるかに注目したいと思います。ユーロ円は日足でレンジ上限付近ですが、4時間足で25MAの勾配が上がってきているのでレンジブレイクできるかどうかです。ポンド円は4時間足で上昇トレンドですが、1時間足、15分足では押しが発生していますので、サポートラインでの反発に期待したいです。オーストラリアドル円は先週の下落からの反発が弱い感じです。戻り売りの様子が見られるかどうかに注目です。ユーロドルは4時間足のレンジが狭くなってきています。ドルが強くなる傾向になっていますので、もみ合いからレンジ下抜けの可能性があるかに注目です。

追記:上記のトレンドチェックは午前3時くらいから発生したダウ暴落前の確認です。今後、変動幅が大きく推移する可能性があると思いますので、エントリーリスクは大きくなります。ご注意ください。

本日2/6の夜は、

22:30 (米)貿易収支 12月

が予定されています。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

コインチェックの仮想通貨NEM流出事件のあと、仮想通貨はビットコインも含め全面安となっていますね。私は現段階で手を出すつもりはありませんが、どこまで下がるかには興味があります。仮想通貨は将来的には金融の一角を担うと思っているので、アメリカの著名投資家ジョン・テンプルトンの言葉とされる「強気相場は、悲観の中に生まれ、懐疑の中に育ち、楽観の中で成熟し、幸福感の中で消えていく」という言葉をふと思い出しました。

ダウの暴落も気になります。

心(メンタル)のコントロール -FXで一番大切なこと

金利先高感でリスクオンとなるか – トレード準備と独り言


こんにちは。喜平です。

日曜日は今週の相場見通しのため、週足チャート、日足チャート、4時間足チャートを見て流れをつかんでおきます。

<ドル円>
週足:↓ 日足:↑ 4時間足:↑
<ユーロ円>
週足:↑ 日足:↑ 4時間足:↑
<ポンド円>
週足:↑ 日足:↑ 4時間足:↓
<オーストラリアドル円>
週足:→ 日足:↓ 4時間足:↓
<ユーロドル>
週足:↑ 日足:↑ 4時間足:→
となっています。
※5本足移動平均線の傾きが、
上昇:↑ 下降:↓ レンジ(水平に近い):→

ドル円は週足の直近安値付近から反発となり、上昇しています。ユーロ円は上昇トレンドとなっていますが、週足、日足でチャネル上限付近です。ポンド円は4時間足でレンジ上限からの反転が始まっているように見えます。オーストラリアドル円は日足、4時間足で下降トレンドとなっています。週足でも連続陰線でまだ下値余地があるように感じます。ユーロドルは週足、日足で上昇トレンドとなっていますが、4時間足ではややもみ合いになっています。

今週のドル円は、連邦準備制度理事会(FRB)が先週の連邦公開市場委員会(FOMC)後の声明で、金利引き上げを継続しても景気は緩やかな拡大が続き、インフレに関しても上昇の見通しを示したこと、雇用統計が結果が予想よりも良かったこと、長期金利が上昇したこと、日本銀行が国債買い入れオペを増額したことなどにより、上昇が継続する可能性が高いと感じます。チャート的には日足の移動平均線25MAを上抜けられるかどうかに注目したいと思います。

今週のユーロ円は、先週のユーロ圏GDP速報値が予想通りの伸びとなったことによる金融緩和策の早期解除期待、日本銀行が国債買い入れオペを増額したことによる円売りなどにより、上昇が継続する可能性が高いと感じます。チャート的には、週足、日足でチャネル上限付近のため、押し目が発生する可能性は意識しておきたいです。

今週のポンド円は、今週開催の英中銀金融政策委員会(MPC)後の声明発表が注目です。原油高継続、日本銀行の国債買い入れオペ増額を背景に、強気な声明内容だと一段高になるかもしれません。チャート的には4時間足での押しが移動平均線25MAまでに反転できるかに注目したいと思います。

今週のオーストラリアドル円は、先週の売り要因とされる対米ドル相場と欧米の株安の展開に影響されると考えますが、2/6に予定される豪準備銀行理事会の政策金利、声明も注目です。チャート的には週足でまだ下値余地があるように見えます。

今週のユーロドルは、先週のユーロ圏GDP速報値が予想通りの伸びとなったことなどを背景とした金融緩和策の早期解除期待があるものの、米ドルも長期金利が上昇していることもあり、もみ合いとなる可能性があります。チャート的には日足で移動平均線5MAをキープした力強い上昇となっていますが、4時間足ではややもみ合いとなっており、ドルが強含みの様子となった場合、押しが発生する可能性もあると思います。

チャートをしっかり見極めてからエントリーしたいと思います。

今週発表の経済指標、イベントでは、
2/5 24:00 (米)ISM非製造業景況指数(総合) 1月
2/6 12:30 (豪)豪準備銀行 政策金利発表
2/8 21:00 (英)イングランド銀行(BOE)政策金利発表、金融政策委員会(MPC)議事要旨

に注目したいと思います。

その他指標でもポジティブ、ネガティブサプライズがあれば、大きな変動も起こりますので、毎日必ず指標発表、要人の発言予定を確認してから、エントリーするようにしたいと思います。

明日2/5夜は、
17:55 (独)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値) 1月
18:00 (欧)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値) 1月
18:30 (英)サービス部門購買担当者景気指数(PMI) 1月
19:00 (欧)小売売上高 前月比 12月
24:00 (米)ISM非製造業景況指数(総合) 1月

の経済指標発表が予定されています。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

寒波の襲来はもう勘弁してほしいです。特に約束の無い休日は外出せず、1日中、家にいることが多くなりました。暖房つけっぱなしなので電気料金ビックリです。

私の趣味の一つは音楽ですが、ケースから出したギターは冷たい。指も動きにくい。ということで、ソファーに出しっぱなしのウクレレを弾くことが多くなっています。小さなウクレレはコタツに入りながらでも弾くことができ、音も小さいのでテレビを見ながら弾いても気にならないし、近所迷惑にもなりにくいですよ。

ウクレレは4本の弦しかありませんが、意外にもジャズやボサノバといったジャンルの曲を弾くことができます。ちょっとおしゃれなコードを使ってジャズの曲を弾くと、ウクレレのことをあまり知らない人はビックリします。本当にやさしい音なので、それほど難しくない曲をポロンと弾くだけでも自分自身が癒されます。

津村さんのDVDウクレレ講座はいろいろなジャンルから有名な曲ばかり54曲を素敵なアレンジで教えてくれる内容になっています。1~5巻で1巻あたり2~3時間で10~14曲のレッスンが収録されています。まとめて購入すると割引がありますが、1巻単位でも購入できますのでまずは好きな曲が入っているDVDだけ試してみるのがよいと思います。

津村さんの演奏はこんな感じ

いとしのエリー



月曜日は特に大きな話題がない限りブログ投稿をお休みします。

3連続陰線で移動平均線5MAを下抜け – ベストトレード根拠


こんにちは。喜平です。

悠々自適時間を獲得するため、自分で決めたルールをしっかり守ってトレードしていきたいと思います。

普通の会社員である私がFX取引をできるのは、長くても平日午後8時から12時くらいです。

仕事を終えて帰宅後に、FX取引する時のチャートの読み方、分析、エントリーと決済の根拠についてブログに残していきます。

水曜日と土曜日は週の前半と後半のベストトレード根拠の公開です。今日は、今週水曜日~金曜日のベストトレード根拠です。




赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
赤破線:15分足5MA 黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA
ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)

2/2金曜日のユーロドル5分足チャートです。22:30に月一の大イベントであるアメリカ雇用統計が予定されていましたので、どの通貨ペアも夕方から狭いレンジの動きとなっていました。

発表された結果は予想よりもよくて、直ちにドル買いの反応となりました。ドル円、ユーロドル1分足チャートでも見ていましたが、ほぼ緩み無く、一気に動きましたのでエントリーできるタイミングはありませんでした。「今日はもうチャンスがないかな。」とややあきらめていたのですが、それでもしばらくチャートを見ていると来ました。

エントリー根拠の予感です。ユーロドルで一気に下落した反動で、戻りが発生していたのですが、5分足600MA(15分足200MA)と、15分足5MAにぶつかったあたりから、戻り売りの様子が見られました。

そして、23:45頃、3連続陰線で5分足5MAを下抜けてきましたので、売りエントリーしてみました。(チャート内○の部分)

もし3連続陰線を打ち消す陽線が発生した場合は損切りです。

エントリー後は、5分足5MAに沿って下落が継続しました。0:00を過ぎてしまいましたが、週末ということもあり少しだけ延長することにしました。ボリンジャーバンド下限に接触した後、下ヒゲが発生して、もみ合いになる様子も感じられましたので、0:20頃、決済としました。(チャート内□の部分)

典型的な戻り売りタイミングをとらえることができたよいトレードだったと思います。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間を獲得して、脱普通の会社員を目指します。

なかなか寒さが引かないですね。家の暖房がフル稼働となっているせいか電気代がすごいことになっていました。

初めてのFX Q&A