クロス円が上昇トレンドの気配 – トレード準備と独り言


こんにちは。喜平です。

日曜日は今週の相場見通しのため、週足チャート、日足チャート、4時間足チャートを見て流れをつかんでおきます。

<ドル円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↑
<ユーロ円>
週足:↑ 日足:↑ 4時間足:→
<ポンド円>
週足:↑ 日足:↑ 4時間足:↑
<オーストラリアドル円>
週足:↑ 日足:↑ 4時間足:↑
<ユーロドル>
週足:↑ 日足:↑ 4時間足:↓
となっています。
※5本足移動平均線の傾きが、
上昇:↑ 下降:↓ レンジ(水平に近い):→

週足ではユーロ円、ポンド円、オーストラリアドル円、ユーロドルに上昇トレンドの気配がでてきました。ドル円は週足レンジが継続しており、4時間足ではレンジ上限付近となっています。ユーロ円、ユーロドルは4時間足でやや調整中です。

今週のドル円は、引き続きレンジ内のもみ合いが予測されますが、インフレ関連指標である卸売物価指数、消費者物価指数にサプライズがあると影響が大きくなるかもしれません。北朝鮮関連は南北会談実現に向けて、トランプ大統領が2月の平昌冬季五輪期間中の米韓合同軍事演習の延期を受け入れたことなどにより、突発リスクは低下していると思われます。チャート分析では4時間足でレンジ上限付近から反転の様子が見られることから、やや調整の下降になる可能性があります。

今週のユーロ円は、引き続き上昇が継続するかが注目ですが、欧州指標の改善、金利先高観が広がりによる上昇が、直近安値から4円程度になったことなどにより、調整売りも発生しやすい状況になっていると思います。チャート分析では4時間足で先週末の調整下落が移動平均線25MAのサポートを受けるかにどうかに注目したいと思います。

今週のポンド円は、原油価格が上昇していることもあり、引き続き底堅い展開になりやすいと思われます。チャート分析では、日足、4時間足ともに上昇トレンドとなっており、直近高値も更新してきているため、買いを基本で考えたいです。

今週のオーストラリアドル円は、原油高からの資源価格上昇期待が継続しており、底堅い展開になりやすいと思われます。また、今週発表の中国消費者物価指数や貿易収支の影響も確認しておきたいです。チャート分析では抵抗となりやすい節目の90.00円と直近高値が近づいてきており、ややもみ合う場面があるかもしれません。

今週のユーロドルは、ユーロ圏の金利先高観継続から上昇が継続する可能性はあるものの調整売りも発生しやすい状況になっていると思います。金融当局要人によるユーロ高けん制発言には警戒が必要というニュースがありましたので注意はしておきたいです。チャート分析では日足でレンジ上限付近であること、4時間足で移動平均線25MAを下抜けていることから、調整の下降となる可能性があります。

チャートをしっかり見極めてからエントリーしたいと思います。

今週発表の経済指標では、
1/11 22:30 (米)卸売物価指数
1/12 22:30 (米)消費者物価指数
1/12 22:30 (米)小売売上高
に注目したいと思います。

その他指標でもポジティブ、ネガティブサプライズがあれば、大きな変動も起こりますので、毎日必ず指標発表、要人の発言予定を確認してから、エントリーするようにしたいと思います。

明日1/8夜は、
19:00 (欧)消費者信頼感(確定値)
19:00 (欧)小売売上高 前月比
の経済指標発表が予定されています。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

みなさんはどのような環境でトレードされていますか。最近はスマートフォンでもなんら問題なくトレードできますが、トレードの最中に電話やメール、LINE通知が来るのは困りますよね。

トレードする機器は単独のパソコンか、タブレットにするのがよいと思います。ある程度大きな画面の方が、トレード根拠の判断もしやすいです。タブレットはWiFiモデルもいいですが、LTEモデルで格安SIMが使えるものを選ぶと使用場所を選ばず便利です。
私は格安SIMで通信の安定性に定評があるIIJmioを使っています。1ヶ月3GBあれば仕事が終わった後のトレードに十分使えます。それで月々900円なら助かりますね。

IIJmio

格安SIMはドコモ回線を使用するものと、au回線を使用するものがあります。新たにタブレットを購入する余裕がなく、機種変更などして使っていないスマートフォンが余っている場合は、それをトレード専用にして格安SIMを契約するのもよいと思います。ドコモで契約していたスマートフォンならドコモ回線の格安SIM、auで契約していたスマートフォンならau回線の格安SIMが使える可能性が高いと思いますので一度確認してみると良いでしょう。au回線ならXperiaZ3(SOL26)など古めの端末でも対応するマイネオが良いと思います。価格も魅力的ですね。


月曜日は特に大きな話題がない限りブログ投稿をお休みします。

移動平均線5MAサポートからの直近高値上抜け – 謹賀新年(トレード初め)


新年、明けましておめでとうございます。

喜平です。

今年もしっかりと根拠を確認し、ルールを守ってトレードしていきたいと思います。

昨年9月に備忘録的ブログを書き始めて4ヶ月が経ちました。ブログで公開するため、それまでよりも丁寧に根拠を確認する習慣がつき、勝率も少し上がりました。やはり、根拠をしっかり確認することは大事ですね。

今年の株式取引大発会は、日経平均が741円の大幅高となりました。昨年の大発会も480円高で年間で4000円近く上がりましたので、今年も株高期待が高まります。

ビットコインも昨年11月ごろから急上昇となり、一時は220万円を超える展開となりましたが、年末にかけて数回150万円くらいまで下振れし、現状は200万円程度となっています。今後の需要見込みと、投機的な動きにより、今後もある程度は上昇しそうな感じですが、急上昇あれば急降下ありで、変動がかなり大きく、喜平は手を出すつもりがありません。ルールを守る自信が無く、博打的になってしまうと思います。動きが激しいのはポンドが限界です(笑)

為替相場もいろいろな展開が考えられますが、弱小な個人デイトレーダーの立場としては相場についていくことが大事ですので、今までどおり、週初めの週足、日足、4時間足での流れ確認、2日に一回、4時間足、1時間足、15分足でのトレンド、レンジ確認、日々の根拠確認を続けていきたいと思います。

今日は今週のベストトレード根拠の公開です。




赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA
ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)

1/4木曜日のトレード根拠です。今年初のベストトレードは手堅くトレンド狙いのものとなりました。仕事初めも1/4でしたが、定時終了で帰宅しましたので、早めの時間からチャートを見ることができました。
どの通貨ペアもレンジの様子を見せる中、ユーロ円が小さなもみ合いから上に抜け出しそうなよい形になっていましたので注目しました。

そんな中、18:45頃、ユーロ円5分足チャートにおいて、移動平均線5MAにサポートされる形から、強めの陽線で直近高値を上抜けてきましたので、エントリーしてみました。(チャート内○の部分)

移動平均線が、上から25MA、100MA、200MAに並ぶ上昇トレンドであったこと、特に25MAの傾きが徐々に上向きになっていたこともエントリーの根拠となります。

エントリー後も、5MAにサポートされる形で順調に上昇しました。136.00円までいくことを期待しましたが、直前まで伸びる上ヒゲをつけた後、22:15のアメリカADP雇用統計発表前にもみ合いとなりました。
発表直前にはローソク足が5MAを下抜けましたので、リスク回避も考えて、22:10頃、決済としました。(チャート内□の部分)

小さなローソク足の横ばいから、上昇トレンドに移るタイミングを捕まえることができたトレード初めとしても良いトレードだったと思います。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。FX取引は確率です。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

明日は来週のトレード準備として、長い足での流れの確認、相場見通しの予定です。

おすすめ オーディオブック はこちら

年末年始経済指標のお知らせ – ベストトレード根拠

こんにちは。喜平です。

自分で決めたルールを守って取引できていますか。ルールを決めたら必ず守りましょう。

エントリーするためにも決済するためにも根拠が明確である必要があります。

普通の会社員である私が仕事を終えて、帰宅後にエントリーした時のチャートの読み方、分析、根拠についてブログに残していきたいと思います。

水曜日と土曜日は週の前半と後半のベストトレード根拠の公開です。今日は、今週月曜日~火曜日のベストトレード根拠です。



しかしながら、欧米が、クリスマス休暇、聖ステファノの日などで休場のため動きが弱く、この2日間で明確な根拠を見つけることができませんでした。

明確な根拠が見つからない場合はトレードしないのがルールですので、ベストトレード根拠は無しとなります。

今日と明日はチャートチェックをする予定なので、根拠が見つかればエントリーしたいと思います。

今日で今年のブログ投稿納めとなります。

自分自身が初心を忘れないため、ルールと根拠をしっかり確認するため、そしてFX初心者の方、なかなか思うようにいかない方にとって少しでも参考になればと思って始めたブログも100記事を超え、ぼちぼち軌道に乗ってきました。

来年も悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

まだまだ未熟な出来栄えですが、来年もよろしくお願いいたします。

今日から年明けまでの主な経済指標、イベント予定だけお知らせしておきます。

12/27
24:00 (米)消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード) 12月
24:00 (米)住宅販売保留指数 前月比 11月

12/28
22:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分

12/29
22:00 (独)消費者物価指数(CPI、速報値) 前月比 12月

1/2
17:55 (独)製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値) 12月
18:00 (欧)製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値) 12月
18:30 (英)製造業購買担当者景気指数(PMI) 12月

1/3
17:55 (独)失業者数 前月比 12月
17:55 (独)失業率 12月
18:30 (英)建設業購買担当者景気指数(PMI) 12月
21:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
00:00 (米)建設支出 前月比 11月
00:00 (米)ISM製造業景況指数 12月

1/4
04:00 (米)連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨

18:30 (英)サービス部門購買担当者景気指数(PMI) 12月
21:30 (米)チャレンジャー人員削減数 前年比 12月
22:15 (米)ADP雇用統計 前月比 12月
22:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分

1/5
19:00 (欧)卸売物価指数(PPI) 前月比 11月
19:00 (欧)卸売物価指数(PPI) 前年同月比 11月
19:00 (欧)消費者物価指数(HICP、速報値) 前年同月比 12月
22:30 (米)雇用統計(非農業部門雇用者数変化、失業率、平均時給)
22:30 (米)貿易収支 11月
24:00 (米)製造業新規受注 前月比 11月
24:00 (米)ISM非製造業景況指数(総合)12月

年明けは1/6(土)を投稿始めにしたいと思います。

みなさま、よいお年をお迎えください。

欧米クリスマス休暇で動きなし – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

火曜日と木曜日はトレンドチェックです。この記事では移動平均線の4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、2日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロ円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<ポンド円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→
<オーストラリアドル円>
4時間足:↑ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロドル>
4時間足:↑ 1時間足:→ 15分足:→

となっています。(月曜日は欧米がクリスマス休場のためアジア時間終了後の確認結果)

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね中心線となる移動平均線25MAより上で推移は、上昇トレンド↑

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね中心線となる移動平均線25MAより下で推移は、下降トレンド↓

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね上限ライン(+2σ)と下限ライン(-2σ)の間で推移は、レンジ→

時間の短い足しか見ていないと、長い足の流れに逆らってエントリーしてしまうことがあるので注意しましょう。

ドル円、ユーロ円、ポンド円、オーストラリアドル円、ユーロドル、いずれもレンジ相場というよりほぼ動きがありません。月曜日は私もノートレードですが、火曜にチャンスが現れるかどうか微妙です。根拠が見つからなければ連続ノートレードになるので、水曜日のベストトレード根拠は延期にするかもしれません。

本日12/26の夜は、

23:00 (米)ケース・シラー米住宅価格指数 10月
24:00 (米)リッチモンド連銀製造業指数 12月

が予定されています。ユーロ圏、イギリス、オーストラリアは休場です。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。FX取引は確率です。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

おすすめ FX本 はこちら