トレードスタイル3

こんにちは。喜平です。

相場は波のように動きます。上がったり、下がったり、小さな波もあるし、大きな波もあります。

いろいろな通貨ペア、時間足のチャートを見てください。小さく波打ちながら、徐々に上がっていく波もあるし、下がっていく波もあります。またほぼ水平に動く波もあるでしょう。

相場に取り組むことを考えた場合、波の一番低いところで買って、波の一番高いところで売るのが最も利益が出るのですが、それはプロでもなかなか難しいと思います。

レンジ相場で上値抵抗と下値サポートがわかりやすい時は取れることもあるのですが、上値抵抗をブレイクして上に放たれると一気に上昇することもあり、ショートポジション(売りポジション)を持っていると大きな損失が出てしまうかもしれません。

私は単純に抵抗値、サポート値になったからといって売買するのはリスクが大きいため、反転のサインを根拠としてエントリーするようにしています。
例えば、上値抵抗に対しては長い上ヒゲや、トンボ(十字線)が現れて小さな陰線が続くといった反転サインです。

そのようなサインが現れてからエントリーした場合、高値から安値までの半分以下しか利幅が取れないかもしもしれませんが、50%も取れれば十分で、個人トレーダーなら30%取れれば成功と考えて良いと思います。

もちろんサインが出たからといって必ず反転するとは限りません。少しだけ下がってまた上昇していくこともありますのでエントリー前にストップ(損切り)を設定して、必ず実行するようにします。

何よりも大事なことは損失を最小限に抑えることですね。

また私は1分足チャートや5分足チャートといった期間の短いチャートで確認できる小さな波のことをミクロチャネルと呼んでいるのですが、このミクロチャネルを意識するかしないかで3~5pips損益に影響します。

基本的にはミクロチャネルの下でロング(買い)エントリー、ミクロチャネルの上でショート(売り)エントリーとしています。トレンドがはっきりしている時はトレンドと反対方向のエントリーはリスクが大きくなるので注意したほうがよいです。

日々のブログでチャート分析結果と、エントリー、決済の記録を残し、悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。


トレードスタイル2

こんにちは。喜平です。

相場はどの程度予測できるのでしょうか。

普通の会社員にとってはかなり難しいと思います。チャートが上昇トレンドを見せていても、そのあと上がり続けるとは限りません。急落することもあります。

ポジションを持つ時間にも関係しますが、上昇トレンドであっても上がる確率は60~70%くらいだそうです。つまり上昇トレンドで順張りをしても30~40%は下がって、損失を出してしまう可能性があることを意識するようにしています。

だからストップ(損切り値)を設定することはとても大事ですね。そうしないと損切りができなくてマイナスになったポジションを持ち続け、ほぼ確実に大きな損失を出してしまいます。

ストップの設定は自分なりのルールで決めておきます。いちばん簡単なのはエントリーから20pips、30pipsマイナスになったらと決めることですが、サポート値がブレイクされたときというのも一つの考えだと思います。

私は基本的にエントリーした根拠が打ち消された段階で手仕舞いすることが多いです。例えば、上昇トレンドで25MAサポートをエントリーの根拠とするなら、25MAを5pips下回ったら手仕舞いにします。そうすることにより比較的損失を抑えることができるような気がします。

ストップだけでなく、エントリー、リミット(利益確定値)のルールは人それぞれだと思いますが、私は移動平均線、MACD、ボリンジャーバンド、ローソク足を使用して決めています。一目均衡表やフィボナッチなど、ルールを設定するためのテクニカル指標はたくさんあるので、いろいろ試してみて、結果がいちばんよいルールを探してみるのもよいですね。

利益が出せるか、損失を出すかそれは確率だと考えています。60%勝てるルールとは10回エントリーして6勝4敗のルールです。勝ちも負けも20pipsなら、10回でプラス120pips、マイナス80pips、トータルでプラス40pipsとなり、悠々自適時間獲得への第1歩となります。

しかし、常に60%勝てるルールは簡単には見つからないと思います。自動売買のプログラムを書いて、1ヶ月間検証した結果、勝率が高いルールが見つかったと思っても、次の1ヶ月間ではマイナスになることもあります。相場は波がありますし、それに応じた判断も必要にいなってくるでしょう。

『相場は相場に聞け。』ということでしょうけど、新しいルールはまずデモトレードで試してからリアルトレードするのがよいと思います。