ECB高官発言でユーロ堅調 – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

火曜日と木曜日はトレンドチェックです。この記事では移動平均線の4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、2日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:↑
<ユーロ円>
4時間足:↑ 1時間足:↑ 15分足:↓
<ポンド円>
4時間足:→ 1時間足:↑ 15分足:→
<オーストラリアドル円>
4時間足:↑ 1時間足:↑ 15分足:→
<ユーロドル>
4時間足:→ 1時間足:↑ 15分足:↓

となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場

長い時間足のチャートも確認すると、短い時間足では見えない流れをつかむことができます。

昨日の週明けは、全体的に底堅い動きとなりましたが、現在は一服となっています。

アメリカ大使館のエルサレム移転による衝突で50人以上の死者が出ており、地政学的リスクへの警戒感は高まっていますが、米中貿易協議の再開を控え、貿易摩擦緩和への期待があるようです。また、ECB高官のビルロワ・ドガロー仏中央銀行総裁が「ユーロ圏経済の鈍化は一時的で、最初の利上げはQE終了後、数四半期後で、数年後ではない」と発言したことが好感され、ユーロは上昇しましたが、15分足ではやや調整となっています。

本日5/15の夜は、

17:30 (英)雇用統計 4月
18:00 (欧)鉱工業生産 前月比 3月
18:00 (欧)四半期域内総生産(GDP、改定値) 前期比 1-3月期
18:00 (独)ZEW景況感調査 5月
18:00 (欧)ZEW景況感調査 5月
21:30 (米)小売売上高 前月比 4月
21:30 (米)ニューヨーク連銀製造業景気指数 5月
23:00 (米)企業在庫 前月比 3月
23:00 (米)NAHB住宅市場指数 5月

が予定されています。



感情に左右されないメンタルでゾーンの境地へ。

1回のトレードにこだわらず、損切りルールをしっかり守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

豊かな悠々自適時間を手に入れて脱普通の会社員を目指します。

トレードするためのPC&モバイル環境
– トレード専用端末がおすすめ

ドル円は110円を超えられるのかに注目 – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

日曜日は今週の相場見通しのため、先週のチャート分析をしておきます。

週足チャート、日足チャート、4時間足チャートにおけるトレンド、レンジ判断、取引レンジ、終値、4時間足チャートの型を確認します。
(取引レンジ、終値は10pips未満四捨五入の概数)
チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。

<ドル円>
週足:→ 日足:↑ 4時間足:→
先週取引:108.7~110.0円
先週終値:109.4円
4時間足チャート型:逆V字下降

<ユーロ円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
先週取引:129.2~130.8円
先週終値:130.6円
4時間足チャート型:V字上昇

<ポンド円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
先週取引:147.0~149.3円
先週終値:148.1円
4時間足チャート型:もみ合い

<オーストラリアドル円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
先週取引:81.1~82.7円
先週終値:82.5円
4時間足チャート型:しっかり上昇

<ユーロドル>
週足:→ 日足:↓ 4時間足:→
先週取引:1.182~1.198ドル
先週終値:1.194ドル
4時間足チャート型:V字上昇

となっています。



先週は、ドル円が底堅い動きで見せており、109円台から大きく崩れることはありませんでした。
トランプ米大統領は5/8にイラン核合意から離脱すること、イランに対して過去最大級の経済制裁を行うことを発表しました。中東情勢悪化に対する警戒感が広がり、リスク回避のドル売りが強くなると考えていましたが、株式相場が落ち着いた動きであったこともあり、想定外のリスクオンの円売りとなりました。そして5/10には先々週5/2に続き、110円にタッチしましたが上値は重く、経済指標の結果でもみ合いとなっています。

欧州中央銀行(ECB)量的緩和政策(QE)の早期縮小観測が後退していることによるユーロ売りは、やや落ち着きを見せています。

ポンドは5/10に英中央銀行(BOE)がインフレやGDP予想を引き下げたことで利上げ観測が後退し、売りが強くなりました。

今週のドル円は、欧州中央銀行(ECB)や英中央銀行(BOE)の早期利上げ観測は後退、日本銀行の現行政策金利、金融政策維持の見通し、アメリカ連邦準備制度理事会(FRB)の利上げ継続方針により、109円台の高止まりから110円をしっかり抜けてくると111円を目指す展開になる可能性はありそうです。
しかし、北朝鮮問題は落ち着いているものの、中東地域における地政学的リスク増大に対する警戒感は残っており、要人発言等で、リスク回避的なドル売りが広がる可能性は残されていると思います。

チャート的には、抵抗となっている110円をしっかりと上抜け、日足200M付近110.5円を目指すことができるかどうかに注目したいと思います。

今週のユーロ円は、ユーロ圏の四半期総生産(GDP、改定値)などの経済指標が注目されますがサプライズが無い限り、もみ合いが継続する可能性が高いと思われます。しかし、中東情勢悪化に対する警戒感がさらに高まることなく、ドル買いユーロ売りとなった場合は、円に対しても弱含む可能性があると思われます。

チャート的には、週足200MA、日足直近安値のサポートを感じられることにより、先週の高値130.8円を上抜けてくると、日足25MA付近131.7円までは反発してほしいように感じます。

今週のポンド円は、武田薬品工業によるシャイアー買収に絡んだポンド買い円売りは当面継続するとみられていますが、金利先高感の後退により上値の重さは継続され、やや下ぶれる可能性もあると思われます。

チャート的には、4時間足でもみ合いレンジとなっていますが、先週安値147.0円を下抜けると、日足直近安値145円台が見えてくるかもしれません。

今週のオーストラリアドル円は、アメリカがイラン核合意離脱、イランに対して過去最大級の経済制裁を行うと発表したことによる原油先物上昇、資源先高観から堅調になる可能性があると思われます。5/17の4月雇用統計は注目されます。

チャート的には、日足で安値を切り上げていますので、日足25MAをしっかり上抜けて、日足レンジ上限付近83.6円を目指してほしいところです。

今週のユーロドルは、ユーロ圏の四半期総生産(GDP、改定値)などの経済指標が注目されますがサプライズが無い限り、もみ合いが継続する可能性が高いと思われます。しかし、中東情勢悪化に対する警戒感がさらに高まることなく、ドル買いが進行した場合は、弱含みになると思われます。

チャート的には、3週間ぶりに4時間足で25MAを上抜けましたが、この反発がどこまで継続できるのか、失速してしまうのかに注目したいと思います。

今週発表の経済指標、イベントでは、

5/15
15:00 (独)国内総生産(GDP、速報値) 前期比 1-3月期
17:30 (英)雇用統計 4月
18:00 (欧)四半期域内総生産(GDP、改定値) 前期比 1-3月期
21:30 (米)小売売上高 前月比 4月

5/17
10:30 (豪)雇用統計 4月

に注目したいと思います。5/15火曜日は要注意ですね。

その他指標でもポジティブ、ネガティブサプライズがあれば、大きな変動も起こりますので、毎日必ず指標発表、要人の発言予定を確認してから、エントリーするようにしたいと思います。

明日5/14夜は、特に経済指標発表が予定されていません。