1017トレード根拠

こんにちは。喜平です。

自分で決めたルールを守って取引できていますか。ルールを決めたら必ず守りましょう。

エントリーするためにも決済するためにも根拠が明確である必要があります。

普通の会社員である私が仕事を終えて、帰宅後にエントリーした時のチャートの読み方、分析、根拠について日々のブログに残していきたいと思います。

まずは、USドル、ユーロ、ポンド関連の経済指標の確認です。

昨日10/17の夜は、
18:00 (独)ZEW景況感調査(期待指数) 10月
18:00 (欧)ZEW景況感調査 10月
21:30 (米)輸入物価指数 前月比 9月
21:30 (米)輸出物価指数 前月比 9月
22:15 (米)鉱工業生産 前月比 9月
22:15 (米)設備稼働率 9月
がありました。エントリー前に確認しておく必要があります。

今日10/18の夜は、
17:30 (英)失業保険申請件数 9月
17:30 (英)失業率 9月
18:00 (欧)建設支出 前月比 8月
20:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
21:30 (米)住宅着工件数 前月比 9月
21:30 (米)建設許可件数 前月比 9月
が予定されています。


赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA
ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA σ 2.0

昨日も全体的に移動平均線25MA、100MA、200MAが近いレンジ相場となっていました。私の場合、レンジ相場でボリンジャーバンドσ2.0の幅が狭く、変動が小さいとエントリーチャンスになりにくいです。

ポンド円はまたしても19:30頃、急落しました。前日までのようなEU離脱交渉関連のきっかけではなく、カーニー英中銀総裁が「インフレが3%を超える。今後数ヶ月での利上げが適切な可能性。」と発言しましたが、市場では「ほんまかいな。」みたいな反応で急落したようです。

チャートを見ていたらおそらく、直近安値更新のタイミングでエントリーしていたと思うのですが、まだ帰宅できていませんでした。帰宅後のチャートウォッチでは、大きく動いてしまったポンド円は除外し、緩やかな下降トレンドとなっていたユーロドル5分足チャートに着目してみました。

21:30の経済指標発表では、アメリカ輸出入物価指数が予測より良かったことから、ドルとユーロが買われました。ドル、ユーロが同時に上昇したので、ユーロドルは大した動きにはなりませんでしたが、21:55頃、先にユーロへ調整が入り、ユーロドルも直近安値を強い陽線で下抜けしましたので、エントリーしてみました。(チャート内○の部分)

エントリー後は緩やかな下落となったのですが、あまり勢いは感じられず、23:25頃、2連続陽線の次が陰線でしたが、その次が強めに上昇してきましたので手仕舞いとしました。(チャート内□の部分)

全体的に方向感の弱い相場の中、ところどころに大きめの動きが発生しているのですが、昨日はとらえることができませんでした。こんな時はあせらずに、流れが来るのを待つのがよいと思います。今日の夜は良い流れになりますように。

損切りルールに引っかかった時は躊躇なく決済してください。FX取引は確率です。常に勝つことではなく、トータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

FXの基礎知識

1016トレード根拠

こんにちは。喜平です。

自分で決めたルールを守って取引できていますか。ルールを決めたら必ず守りましょう。

エントリーするためにも決済するためにも根拠が明確である必要があります。

普通の会社員である私が仕事を終えて、帰宅後にエントリーした時のチャートの読み方、分析、根拠について日々のブログに残していきたいと思います。

まずは、USドル、ユーロ、ポンド関連の経済指標の確認です。

昨日10/16の夜は、
18:00 (欧)貿易収支 8月
21:30 (米)ニューヨーク連銀製造業景気指数 10月
がありました。エントリー前に確認しておく必要があります。

今日10/17の夜は、
18:00 (独)ZEW景況感調査(期待指数) 10月
18:00 (欧)ZEW景況感調査 10月
21:30 (米)輸入物価指数 前月比 9月
21:30 (米)輸出物価指数 前月比 9月
22:15 (米)鉱工業生産 前月比 9月
22:15 (米)設備稼働率 9月
が予定されています。


赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA
ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA σ 2.0

月曜日は週末に大きな出来事がない限り、前週の流れが継続します。全体的にレンジ相場の中、ユーロ円が下降トレンドとなっていましたので、押し目待ちで注目していたのですが、小さな振幅を繰り返して勢いがありません。ポンド円はまたしてもEU離脱交渉ネタで急落しましたが、その後、急速な回復をみせていました。

そして22:30を過ぎてからやっと、全体的に少し円高に振れてくる気配がありましたので、各チャートを改めて確認した結果、やはり波の振幅が徐々に小さくなっていたユーロ円5分足チャートと、抵抗になる可能性がある複数の移動平均線に近づきつつあるポンド円5分足チャートに注目してみました。

そんな中、ポンド円5分足チャートで22:45頃、移動平均線100MA、75MA(15分足25MA)付近で上ヒゲをつけて下がり始め、一旦、5MAを下回った後、少し反発し、23:05頃、再び下がり始めたってきたタイミングで、エントリーしてみました。(チャート内○の部分)

急落した半分以上上昇しましたので、反転すれば戻り売りが強くなるという思惑も、エントリーの根拠となります。

エントリー後は比較的勢いを持って下落したのですが、大きく下がらないうちにもみ合いが発生しました。その後の時間で、経済指標の発表や要人発言なども予定されておらず、またレンジを形成すると考えましたので、エントリー付近の148.5円をストップ、148.25円をリミットとして注文を入れてチャートウォッチを継続しました。そして23:45頃、一瞬の下ひげでリミット注文が確定しました。

昨日はエントリーを迷いました。やはり月曜日は動きが捉えにくいことが多いですね。月曜日の結果がマイナスになると、火曜日以降で取り戻したくなる気持ちから、判断を誤ってしまうこともあります。月曜日は小さくても良いので、無理をせずプラスを押えておいた方がよいように思います。そう考えると昨日の取り組みは、ストップ&リミット注文より、もみ合い時点で小さなプラス確保が正解だったかも。

損切りルールに引っかかった時は躊躇なく決済してください。FX取引は確率です。常に勝つことではなく、トータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

FX会社について

北朝鮮弾道ミサイル発射に警戒 – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

日曜日は週足チャート、日足チャート、4時間足チャートを見て流れをつかんでおきます。(今週から4時間足を追加しました)

<ドル円>
週足:→ 日足:↑ 4時間足:↓
<ユーロ円>
週足:↑ 日足:↑ 4時間足:→
<ポンド円>
週足:→ 日足:↑ 4時間足:→
<オーストラリアドル円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
<ユーロドル>
週足:↑ 日足:→ 4時間足:→
となっています。
(↑:上昇 ↓:下降 →:レンジ)
各通貨とも調整局面になってきているようです。

北朝鮮に弾道ミサイル発射準備の兆候ありと報道されています。情勢は緊張が継続していますので、引き続きリスクオフ(円買い)相場への注意が必要です。衆議院選挙の状況も混沌としてきています。世の中のニュースはすぐに為替に反映されますので、過去のニュースはあまり気にしないようにしていますが、急変動要因の対策としてストップは忘れずに設定したいと思います。

今週の気になる経済指標、イベントとして、10/17(火)18:00 ドイツZEW景況感調査、10/18 21:30 アメリカ建設許可件数、住宅着工件数、10/20 23:00 アメリカ中古住宅販売件数でしょうか。アメリカの住宅関連指標は近い将来の消費活動を判断する重要な経済指標です。その他経済指標でもポジティブ、ネガティブサプライズがあれば、大きな変動も起こりますので、毎日必ず指標発表、要人の発言予定を確認してから、エントリーするようにしたいと思います。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

あいにく天気が悪いですが、日曜日ですので落ち着いた気分で悠々自適時間の妄想をしたいと思います。

これからのシーズン暑くもなく、寒くもなく旅行には最適ですね。私も関東近辺でハイキングに行ったりしています。写真も好きなのでカメラを2台ほど持って、毎年、紅葉を撮りに行きます。今はほとんどニコニコレンタカーを借りての日帰り旅行ですが、悠々自適時間が持てるようになったら、4WDの自家用車を購入して、少し遠くまで足を伸ばし、温泉旅館に泊って、おいしいものを食べて、早朝から2000~3000m級の山にアタックしたいです。もちろん、混まない平日がよいですね。