金利先高感でリスクオンとなるか – トレード準備と独り言


こんにちは。喜平です。

日曜日は今週の相場見通しのため、週足チャート、日足チャート、4時間足チャートを見て流れをつかんでおきます。

<ドル円>
週足:↓ 日足:↑ 4時間足:↑
<ユーロ円>
週足:↑ 日足:↑ 4時間足:↑
<ポンド円>
週足:↑ 日足:↑ 4時間足:↓
<オーストラリアドル円>
週足:→ 日足:↓ 4時間足:↓
<ユーロドル>
週足:↑ 日足:↑ 4時間足:→
となっています。
※5本足移動平均線の傾きが、
上昇:↑ 下降:↓ レンジ(水平に近い):→

ドル円は週足の直近安値付近から反発となり、上昇しています。ユーロ円は上昇トレンドとなっていますが、週足、日足でチャネル上限付近です。ポンド円は4時間足でレンジ上限からの反転が始まっているように見えます。オーストラリアドル円は日足、4時間足で下降トレンドとなっています。週足でも連続陰線でまだ下値余地があるように感じます。ユーロドルは週足、日足で上昇トレンドとなっていますが、4時間足ではややもみ合いになっています。

今週のドル円は、連邦準備制度理事会(FRB)が先週の連邦公開市場委員会(FOMC)後の声明で、金利引き上げを継続しても景気は緩やかな拡大が続き、インフレに関しても上昇の見通しを示したこと、雇用統計が結果が予想よりも良かったこと、長期金利が上昇したこと、日本銀行が国債買い入れオペを増額したことなどにより、上昇が継続する可能性が高いと感じます。チャート的には日足の移動平均線25MAを上抜けられるかどうかに注目したいと思います。

今週のユーロ円は、先週のユーロ圏GDP速報値が予想通りの伸びとなったことによる金融緩和策の早期解除期待、日本銀行が国債買い入れオペを増額したことによる円売りなどにより、上昇が継続する可能性が高いと感じます。チャート的には、週足、日足でチャネル上限付近のため、押し目が発生する可能性は意識しておきたいです。

今週のポンド円は、今週開催の英中銀金融政策委員会(MPC)後の声明発表が注目です。原油高継続、日本銀行の国債買い入れオペ増額を背景に、強気な声明内容だと一段高になるかもしれません。チャート的には4時間足での押しが移動平均線25MAまでに反転できるかに注目したいと思います。

今週のオーストラリアドル円は、先週の売り要因とされる対米ドル相場と欧米の株安の展開に影響されると考えますが、2/6に予定される豪準備銀行理事会の政策金利、声明も注目です。チャート的には週足でまだ下値余地があるように見えます。

今週のユーロドルは、先週のユーロ圏GDP速報値が予想通りの伸びとなったことなどを背景とした金融緩和策の早期解除期待があるものの、米ドルも長期金利が上昇していることもあり、もみ合いとなる可能性があります。チャート的には日足で移動平均線5MAをキープした力強い上昇となっていますが、4時間足ではややもみ合いとなっており、ドルが強含みの様子となった場合、押しが発生する可能性もあると思います。

チャートをしっかり見極めてからエントリーしたいと思います。

今週発表の経済指標、イベントでは、
2/5 24:00 (米)ISM非製造業景況指数(総合) 1月
2/6 12:30 (豪)豪準備銀行 政策金利発表
2/8 21:00 (英)イングランド銀行(BOE)政策金利発表、金融政策委員会(MPC)議事要旨

に注目したいと思います。

その他指標でもポジティブ、ネガティブサプライズがあれば、大きな変動も起こりますので、毎日必ず指標発表、要人の発言予定を確認してから、エントリーするようにしたいと思います。

明日2/5夜は、

17:55 (独)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値) 1月
18:00 (欧)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値) 1月
18:30 (英)サービス部門購買担当者景気指数(PMI) 1月
19:00 (欧)小売売上高 前月比 12月
24:00 (米)ISM非製造業景況指数(総合) 1月

の経済指標発表が予定されています。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

要人発言による相場の急変動に要注意 – トレード準備と独り言


こんにちは。喜平です。

日曜日は今週の相場見通しのため、週足チャート、日足チャート、4時間足チャートを見て流れをつかんでおきます。

<ドル円>
週足:↓ 日足:↓ 4時間足:↓
<ユーロ円>
週足:↑ 日足:→ 4時間足:↓
<ポンド円>
週足:↑ 日足:→ 4時間足:↓
<オーストラリアドル円>
週足:→ 日足:↓ 4時間足:→
<ユーロドル>
週足:↑ 日足:↑ 4時間足:→
となっています。
※5本足移動平均線の傾きが、
上昇:↑ 下降:↓ レンジ(水平に近い):→

ドル円は下落傾向が続いています。25日のトランプ大統領の強いドル発言で一時的に上昇しましたが、黒田日銀総裁の発言で戻り売りとなりました。まだ底の見極めは難しい状況です。ユーロ円とポンド円は似たような傾向になっていますが、ユーロは上昇下降の変動が大きいのに対して、ポンド円のほうが堅実に上昇しているように見えます。オーストラリアドル円は4時間足のレンジが続いている感じです。ユーロドルはドルの弱さから上昇となっています。4時間足では上昇一服のもみ合いレンジになっていますが、今後のドルの状況により上抜けするかもしれません。

今週のドル円は、先週のムニューシン財務長官によるドル安容認発言と、トランプ大統領による強いドル発言と正反対の発言があったことに対して、トランプ政権の次の発言、動きに左右されそうです。1/30のトランプ大統領による一般教書演説、1/30、31に実施される連邦公開市場委員会(FOMC)の声明は注目したいと思います。チャート分析では週足のボリンジャーバンド(25MA,2σ)下限と、直近安値(9/3 107.3円付近)を意識しておきたいと思います。

今週のユーロ円は、1/25欧州中央銀行(ECB)理事会後のドラギ総裁記者会見で、ユーロ高に強い懸念を示さなかったことから、欧州経済回復、金利正常化に向けてのユーロ買いは継続し、堅調な動きになるかもしれません。1/30の四半期GDP速報値は注目したいと思います。チャート分析では4時間足ボリンジャーバンド(25MA,2σ)下限、移動平均線200MAからの反発は注目しておきたいです。

今週のポンド円は、ユーロの金利正常化に向けての動きから、イングランド中央銀行(BOE)による早期利上げ期待が続いているとのことで、引き続き緩やかに上昇する可能性があると思います。チャート分析では4時間足ボリンジャーバンド(25MA,2σ)下限、移動平均線100MA、日足25MAを期待したいです。

今週のオーストラリアドル円は、原油高による資源価格連れ高のにより底堅い動きになる可能性が高いと思われますが、先週のように中国経済に影響が出るアメリカの貿易政策に関するニュースが流れるともみ合いになる可能性も考えられます。チャート分析では4時間足レンジもみ合いの上限、下限を意識しておきたいです。

今週のユーロドルは、1/25欧州中央銀行(ECB)理事会後のドラギ総裁記者会見で、ユーロ高に強い懸念を示さなかったことから、欧州経済回復、金利正常化に向けてのユーロ買いは継続し、堅調な動きになるかもしれません。このところの強い上昇の原因となっているトランプ政権の動きにも注意したいと思います。チャート分析では4時間足移動平均線25MAのサポートに注目したいと思います。

チャートをしっかり見極めてからエントリーしたいと思います。

今週発表の経済指標、イベントでは、
1/30 19:00 (欧)四半期域内総生産(GDP、速報値) 前期比 10-12月期
1/31 11:00頃 (米)トランプ大統領一般教書演説
1/31 22:15 (米)ADP雇用統計 前月比 1月
2/1 22:30 (米)四半期非農業部門労働生産(GDP、速報値)前期比 10-12月期
2/2 22:30 (米)雇用統計 前月比 1月

に注目したいと思います。

その他指標でもポジティブ、ネガティブサプライズがあれば、大きな変動も起こりますので、毎日必ず指標発表、要人の発言予定を確認してから、エントリーするようにしたいと思います。

明日1/29夜は、

22:30 (米)個人消費支出(PCE) 前月比 12月
22:30 (米)個人所得 前月比 12月

の経済指標発表が予定されています。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

ECB、MPC、日銀の金融緩和策に注目- トレード準備と独り言


こんにちは。喜平です。

日曜日は今週の相場見通しのため、週足チャート、日足チャート、4時間足チャートを見て流れをつかんでおきます。

<ドル円>
週足:↓ 日足:↓ 4時間足:↓
<ユーロ円>
週足:↑ 日足:→ 4時間足:↓
<ポンド円>
週足:↑ 日足:↑ 4時間足:↓
<オーストラリアドル円>
週足:↑ 日足:↑ 4時間足:↓
<ユーロドル>
週足:↑ 日足:→ 4時間足:→
となっています。
※5本足移動平均線の傾きが、
上昇:↑ 下降:↓ レンジ(水平に近い):→

ドル円は引き続き弱含みとなっているものの4時間足ではレンジの様子が見えていますので一旦下げ止まるかもしれません。ユーロ円は週足で上昇を保っていますが、日足での変動は大きくなっています。ポンド円は上昇が続いていますが、4時間足でやや調整中です。オーストラリアドル円は週足、日足で上昇となっていますが、大きな波のレンジの様子です。ユーロドルはドルの弱さから上昇となっていますが、日足、4時間足ではもみ合いレンジに移行しています。

今週のドル円は他国の金融政策に影響されるとのニュースが見られました。ユーロ圏の経済回復により早期金利回復の思惑が進んだ場合、ユーロ買いドル売りの影響を受けて円買い円高傾向なり、1/22~23開催の日銀金融政策決定会合で現行の金融緩和策を維持することが決定された場合、円売り円安が進む可能性がありそうです。チャート分析では4時間足で見られるレンジの様子から、反発し上昇するか、さらなる下値を探る動きになるのかに注目したいと思います。

今週のユーロ円は、1/25に開催が予定される欧州中央銀行(ECB)理事会に向け、金融緩和策縮小を期待したユーロ買いが進む可能性があるが、現状維持となった場合、要人によるユーロ高けん制の発言が見られた場合は、もみ合いになる可能性もありそうです。チャート分析では135円台のレンジを意識したいと思いますが、ニュースなどによる突発的な動きには気をつけたいと思います。

今週のポンド円は、1/24雇用統計、1/25ECB総裁定例記者会見、1/26四半期GDPなどの結果により、2月の金融政策委員会(MPC)の政策金利発表に向けた思惑による動きがあるかもしれません。チャート分析では4時間足25MAでの反発が継続すれば、日足での弱い上昇トレンドが続きそうです。

今週のオーストラリアドル円は、中国経済の安定的な成長継続が続いているものの、原油価格の上昇が停滞していることによる資源価格連れ高の思惑後退から、もみ合いになる可能性がありそうです。チャート分析では日足のレンジを意識しておきたいと思います。

今週のユーロドルは、1/25に開催が予定される欧州中央銀行(ECB)理事会に向け、金融緩和策縮小を期待したユーロ買いが進む可能性があるが、現状維持となった場合、要人によるユーロ高けん制の発言が見られた場合は、もみ合いになる可能性もありそうです。チャート分析では4時間足でのレンジ形成がどこまで続くかに注目したいと思います。

チャートをしっかり見極めてからエントリーしたいと思います。

今週発表の経済指標では、

1/23 9:00 (日)日銀金融政策決定会合終了後、政策金利発表
1/25 21:45 (欧)欧州中央銀行(ECB)政策金利発表
1/26 18:30 (英)四半期国内総生産(GDP、速報値)
1/26 22:30 (米)四半期実質国内総生産(GDP、速報値)

に注目したいと思います。

その他指標でもポジティブ、ネガティブサプライズがあれば、大きな変動も起こりますので、毎日必ず指標発表、要人の発言予定を確認してから、エントリーするようにしたいと思います。

明日1/22夜は、経済指標発表は特に予定されていません。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。