1010トレード根拠

こんにちは。喜平です。

自分で決めたルールを守って取引できていますか。ルールを決めたら必ず守りましょう。

エントリーするためにも決済するためにも根拠が明確である必要があります。

普通の会社員である私が仕事を終えて、帰宅後にエントリーした時のチャートの読み方、分析、根拠について日々のブログに残していきたいと思います。

まずは、USドル、ユーロ、ポンド関連の経済指標の確認です。

昨日10/10の夜は、
17:30 (英)鉱工業生産指数 前月比 8月
17:30 (英)製造業生産指数 前月比 8月
17:30 (英)貿易収支 8月
がありました。エントリー前に確認しておく必要があります。

本日10/11夜は、
20:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
が予定されています。また深夜ですが、
10/12 3:00 (米)米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨
が予定されています。


赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA
ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA σ 2.0

昨日も全体的に方向感の無いのチャートが多い中、唯一上昇トレンドが見られたユーロドルに注目してエントリータイミング見計らっていました。そんな中、ユーロドル5分足チャートにおいて、切り上げた高値から調整で落ちてきて、抵抗として働いていた移動平均線100MAで反発しました。そして20:40頃、やや強い陽線でもみ合っていたレンジを上抜けてきたため、エントリーしてみました。(チャート内○の部分)①

上から移動平均線25MA、100MA、200MAと並ぶトレンド相場であったこと、100MAあたりで長めの下ヒゲをつけたこともエントリーの根拠となります。

エントリー後も少しだけ上昇の勢いが継続しましたが、ボリンジャーバンドσ+2.0付近で頭を抑えられるような形になり、21:25頃、移動平均線5MAを下抜けして3連続陰線となりましたので手仕舞いとしました。(チャート内□の部分)

ルールはしっかり守って次のチャンスを待ちます。引き続きユーロドル5分足チャートで移動平均線100MA反発の再チャレンジを期待しました。

すると、移動平均線100MAより少し上にあった75MA(15分足25MA)あたりで反発したのち、22:25頃、強めの陽線で25MAを上抜いてきたため、2回目のエントリーをしてみました。(チャート内○の部分)②

エントリー後は一旦押すも、25MAが抵抗となり、今度は先ほど頭打ちした高値を抜いてきました。そしてキリのよい1.180ドルも上抜けましたが、伸び悩み、1回目同様、移動平均線5MAを下抜けして3連続陰線となりましたので手仕舞いとしました。(チャート内□の部分)

昨日はチャートウォッチを始めてからの動きが小さかったので、やや上昇トレンドにはなっていたユーロドルで、下の抵抗ラインを探してのロングトレードでした。他の通貨のチャートも23:00前から動き始めたので、もう少し待ってからエントリー検討した方がよかったかもしれませんね。エントリーしたい気持ちが先走るのは抑えていきたいと思います。

損切りルールに引っかかった時は躊躇なく決済してください。FX取引は確率です。常に勝つことではなく、トータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

おすすめ オーディオブック はこちら

1004トレード根拠

こんにちは。喜平です。

自分で決めたルールを守って取引できていますか。ルールを決めたら必ず守りましょう。

エントリーするためにも決済するためにも根拠が明確である必要があります。

普通の会社員である私が仕事を終えて、帰宅後にエントリーした時のチャートの読み方、分析、根拠について日々のブログに残していきたいと思います。

まずは指標の確認です。昨日の夜は、
20:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
21:15 (米)ADP雇用統計 前月比 9月
23:00 (米)ISM非製造業景況指数(総合)9月
がありました。
エントリー前には調べておく必要があります。


黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA
ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA σ 2.0

前日に引き続き方向感のないレンジ相場でした。トレンド根拠は狙えないので、5分足チャートでのレンジ反転狙いでチャートサーフィンしていました。もちろん前日の教訓通り、15分足チャートも合わせてしっかりチェックします。そんな中、ユーロドル5分足チャートにおいて、20:50頃、一度ボリンジャーバンドσ +2.0を越えた後、反転して下落し、(米)ADP雇用統計の直前でまた上昇してσ +2.0を抜いてきました。指標発表後、下落し始めたので1分足チャートに切り替えてエントリータイミングを見計らいました。最初の1分で下落した後、次の1分で上昇し、さらに次の1分で再び下落してきましたので、エントリーしてみました。(チャート内○の部分)

ローソク足が再びボリンジャーバンドσ +2.0を完全に上抜けたら損切りです。

エントリー直後も下落の勢いは保たれ、気持ちよく下がりました。やはり、勢いというのは大切だと思います。22:50頃、3連続の陽線で3つ目が伸びてきたタイミングで決済しました。(チャート内□の部分)

(米)ISM非製造業景況指数は大きく変動することもあるので発表までには決済しておきたいという気持ちもありました。ISM非製造業景況指数発表後は再び下がりましたが、エントリー根拠が明確にはならなかったのでスルーしました。前日のユーロドルでのマイナスを取り返した形となり良かったと思います。

北朝鮮関連のリスクオフはまだまだ発生する可能性があると思います。ストップは忘れずに入れるようにします。

損切りルールに引っかかった時は躊躇なく決済してください。FX取引は確率です。常に勝つことではなく、トータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

インディケーター(サインツール)について

1003トレード根拠

こんにちは。喜平です。

自分で決めたルールを守って取引できていますか。ルールを決めたら必ず守りましょう。

エントリーするためにも決済するためにも根拠が明確である必要があります。

普通の会社員である私が仕事を終えて、帰宅後にエントリーした時のチャートの読み方、分析、根拠について日々のブログに残していきたいと思います。

まずは指標の確認ですが、昨日の夜は、
経済指標の発表はありませんでした。


黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA
ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA σ 2.0

昨日も全体的に方向感のない中、私が表示させているチャートの中に唯一トレンドが見られたユーロドル5分足に注目していました。そんな中、23:05頃、2連続の強めの陽線で直近高値と5分足600MA(15分足200MA)を上抜けしてきたので、エントリーしてみました。(チャート内○の部分)

上から25MA、100MA、200MAと並ぶ上昇トレンド相場であることもエントリーの根拠となります。

しかしながら、勢いは続かず、小さなローソク足でもみ合いの後、23:55頃、エントリーの根拠となった5分足600MAをとサポートとして期待した25MAを抜けたので損切りとしました。(チャート内□の部分)

エントリーした時は良い根拠と考えたのですが、15分足チャートで見た場合、直近の安値から70pips程度の上昇となっており、伸び代が少なくなっていた可能性があります。また、このあとのチャートを見ると5分足600MA(15分足200MA)が抵抗として働いていたように感じます。

今回は初めての損切り紹介となりました。ブログを開始してから結果がマイナスとなるエントリーはもちろんあるのですが、比較的短時間での決済で、反省を含めた紹介に適さない感じでしたので控えていました。

しかし今回は主にチェックしている5分足チャートより期間の長い15分足チャートもしっかり確認しておくこと、最近の上昇下降pips幅を意識しておくこと、という反省がありましたので紹介させていただきました。

北朝鮮関連のリスクオフはまだまだ発生する可能性があると思います。ストップは忘れずに入れるようにします。

損切りルールに引っかかった時は躊躇なく決済してください。FX取引は確率です。常に勝つことではなく、トータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

MT4について

0929トレード根拠

こんにちは。喜平です。

自分で決めたルールを守って取引できていますか。ルールを決めたら必ず守りましょう。

エントリーするためにも決済するためにも根拠が明確である必要があります。

普通の会社員である私が仕事を終えて、帰宅後にエントリーした時のチャートの読み方、分析、根拠について日々のブログに残していきたいと思います。

まずは指標の確認です。昨日の夜は、
21:30 (米)個人消費支出(PCE) 前月比 8月
21:30 (米)個人所得 前月比 8月
22:45 (米)シカゴ購買部協会景気指数 9月
23:00 (米)ミシガン大学消費者態度指数・確報値 9月
がありました。
エントリー前には調べておく必要があります。


赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA
ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA σ 2.0

移動平均線が水平に近いレンジ相場が多い中、ポンド円5分足チャートでボリンジャーバンドσ+2.0の反転下落チャンスと、ユーロドル5分足チャートでボリンジャーバンドσ-2.0の反転上昇チャンスを待っていましたが、上記経済指標(米)個人消費支出(PCE)の発表時間が近づいて来ましたので、一時待機しました。そんな中、21:30指標発表のタイミングでユーロドル5分足が強い陽線で移動平均線25MAと直近高値を抜いてきました。

指標発表直後のエントリー根拠でしたので1分足チャートも確認して、上昇後1.1815ドルまで下落した後、再び上昇するタイミングでエントリーしてみました。(チャート内○の部分)

上から25MA、100MA、200MAと並ぶ上昇トレンド相場であることもエントリーの根拠となります。

ローソク足が25MAを完全に下抜けたら、根拠の打ち消しとなるため損切りです。

エントリー直後は伸びましたが、その後はもみ合いとなり、22:05頃、3連続の陰線が5MAを下抜けしてきたタイミングで決済しました。(チャート内□の部分)

上昇トレンドは続いていましたので25MAでの反転も期待しましたが、上記経済指標(米)シカゴ購買部協会景気指数の結果で大きく下げましたのでエントリー待機は終了としました。

今回は初めてのユーロドルのエントリー紹介となりましたが、やや冴えない結果となりました。ルールに従ってエントリー、決済することが基本なので気にせずに次に期待したいと思います。ポンド円5分足チャートも最初の指標発表で大きく下げたのですが、ポンドは変動が大きいと難しくなることが多いためスルーしました。

北朝鮮関連のリスクオフはまだまだ発生する可能性があると思います。ストップは忘れずに入れるようにします。

損切りルールに引っかかった時は躊躇なく決済してください。FX取引は確率です。常に勝つことではなく、トータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

FXの基礎知識 はこちら