高値更新でエントリーも勢い続かず- トレード根拠

こんにちは。喜平です。

自分で決めたルールを守って取引できていますか。ルールを決めたら必ず守りましょう。

エントリーするためにも決済するためにも根拠が明確である必要があります。

普通の会社員である私が仕事を終えて、帰宅後にエントリーした時のチャートの読み方、分析、根拠について日々のブログに残していきたいと思います。

まずは、USドル、ユーロ、ポンド関連の経済指標の確認です。

昨日11/13の夜は、
26:45 (米)黒田日銀総裁 発言(スイス)
がありました。エントリー前にイベントを確認しておく必要があります。

今日11/14の夜は、
18:30 (英)消費者物価指数(CPI) 前月比 10月
18:30 (英)小売物価指数(RPI) 前月比 10月
18:30 (英)生産者物価指数(PPI) 前月比 10月
19:00 (欧)鉱工業生産 前月比 9月
19:00 (独)ZEW景況感調査 11月
19:00 (欧)ZEW景況感調査 11月
19:00 (欧)四半期域内総生産(GDP、改定値) 前期比 7-9月期
19:00 (欧)ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁、発言
19:00 (米)イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長 発言
19:00 (英)カーニー英中銀(BOE)総裁 発言
19:00 (日)黒田東彦日銀総裁 発言
22:30 (米)生産者物価指数(PPI) 前月比 10月
が予定されています。中銀総裁パネル討論会の発言も要注意です。


赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA
ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA σ 2.0

昨日は特に経済指標発表もなく、各通貨ペア共に狭いレンジの動きとなっていました。市場はアメリカの税制改革の行方、イギリスのEU離脱の行方を慎重に見極めようとしているような報道がありました。
そんな中、ユーロ円、ユーロドル5分足チャートで移動平均線25MAの傾きが上向きになってきていることに注目してみました。

そして、22:15頃、ユーロドル5分足チャートにおいて、かなり強めの陽線で直近高値を上抜いてきたので、エントリーしてみました。(チャート内○の部分)①

しかしながら、まだレンジの領域のためか思ったほど勢いは続かず、22:40頃、3連続陰線で5MAを下抜けてしまいましたので手仕舞いとしました。(チャート内□の部分)

レンジから抜け切れていない状況でのトレンド的エントリーで根拠が弱かったことを反省しつつ、次はレンジ反転のエントリー根拠を探して、ユーロドル5分足チャートをウォッチしてみました。

すると、23:10頃、ボリンジャーバンドσ+2.0に抑えられた長めの上ヒゲの後、強めの陰線で5MAを下抜けてきましたので、エントリーしてみました。(チャート内○の部分)②

しかし、またしても勢いは出ず、すぐにもみ合いとなり、23:45頃、3連続陽線が出てしまいましたので手仕舞いとしました。(チャート内□の部分)

いずれにしても、やや判断が甘かったように思いますので、反省を今日のトレードにつなげたいと思います。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。FX取引は確率です。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

初めてのFX Q&A

4連続陽線で100MAを上抜け – トレード根拠

こんにちは。喜平です。

自分で決めたルールを守って取引できていますか。ルールを決めたら必ず守りましょう。

エントリーするためにも決済するためにも根拠が明確である必要があります。

普通の会社員である私が仕事を終えて、帰宅後にエントリーした時のチャートの読み方、分析、根拠について日々のブログに残していきたいと思います。

まずは、USドル、ユーロ、ポンド関連の経済指標の確認です。

昨日11/9の夜は、
22:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
がありました。エントリー前に確認しておく必要があります。

今日11/10の夜は、
18:30 (英)鉱工業生産指数 前月比 9月
18:30 (英)製造業生産指数 前月比 9月
18:30 (英)貿易収支 9月
00:00 (米)ミシガン大学消費者態度指数・速報値 11月
が予定されています。


赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA
ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA σ 2.0

昨日は移動平均線が互いに近い、ボリンジャーバンドが狭いなどレンジ相場になっている通貨ペアが多かったです。相場全体の70%がレンジ相場と言われていますので、普通の状態だと思います。

ということでレンジ相場でのボリンジャーバンド反転を狙い、ローソク足が良い形で反転するポイントを探してチャートウォッチしました。
良い形とは、ボリンジャーバンドだけでなく、移動平均線100MAや200MAがサポートとなったり、抵抗となったりする合わせ技、強めの陽線や陰線で移動平均線を抜けてくるような形です。

そんな中、ユーロドル5分足チャートにおいて、ローソク足がリンジャーバンドσ-2.0から離れ、移動平均線200MAでサポートされた後、23:40頃、4連続陽線で100MAを上抜けてきましたので、エントリーしてみました。(チャート内○の部分)

5分足チャートではレンジ相場でしたが、15分足で移動平均線25MAが100MA、200MAから上放たれてきていたことも買いでエントリーした根拠となります。

エントリー後も陽線が続いて上昇し、0:10頃、直近でもみ合いがあった付近、1.1635ドルに設定していた指値にかかり決済となりました。

中国のトランプ大統領歓待ぶりはすごいですね。28兆円ものアメリカ製品購入の契約セレモニーなども用意周到な感じでした。三国志では名将の側には優秀な策士がいますが、習近平氏の側近にも諸葛孔明のような人物がいるのでしょうか。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。FX取引は確率です。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

MT4のインストール方法 はこちら

1026トレード根拠

こんにちは。喜平です。

自分で決めたルールを守って取引できていますか。ルールを決めたら必ず守りましょう。

エントリーするためにも決済するためにも根拠が明確である必要があります。

普通の会社員である私が仕事を終えて、帰宅後にエントリーした時のチャートの読み方、分析、根拠について日々のブログに残していきたいと思います。

まずは、USドル、ユーロ、ポンド関連の経済指標の確認です。

昨日10/26の夜は、
17:00 (欧)マネーサプライM3 前年同月比 9月
20:45 (欧)欧州中央銀行(ECB)政策金利
21:30 (欧)ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁、定例記者会見
21:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
23:00 (米)住宅販売保留指数 前月比
がありました。エントリー前に確認しておく必要があります。

今日10/27の夜は、
21:30 (米)四半期実質国内総生産(GDP、速報値) 前期比年率 7-9月期
23:00 (米)ミシガン大学消費者態度指数・確報値 10月
が予定されています。アメリカGDP速報値は超重要ですよ。


赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA
ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA σ 2.0

昨日20:45発表の 欧州中央銀行(ECB)政策金利は予測通り、0.00%に据え置きとなったのですが、ECBの声明としてテーパリング(量的金融緩和の縮小)の発表によりユーロ売りとなりました。前日のポンドほど大きな動きではなかったですが、ユーロ円で0.5円、ユーロドルで0.5セントほど下がりました。

昨日もチャートウォッチを始めたのは21:00を過ぎていましたので、21:30のドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁、定例記者会見とアメリカ新規失業保険申請件数を待つことにしました。

結果として大きな動きにはなりませんでしたので、普段通りの感覚でチャートウォッチを開始しました。このような状況で狙いたくなるのはユーロの戻り売りですので、ユーロ円、ユーロドルに注目していました。

そんな中、22:15頃、ユーロドル5分足チャートにおいて、下落から戻り上昇の後、移動平均線25MAでひっかかり、3連続陰線で下落して、5MAを下抜けてきましたので、エントリーしてみました。(チャート内○の部分)

エントリー直後は少し横ばいとなりましたが、5MAとぶつかるタイミングで再び大きく下落しました。そしてボリンジャーバンドσ-2.0付近で、長めの下ヒゲも発生し、またまた5MAにぶつかりましたが、今度は下落することなく横ばいとなりました。陰線と陽線が交互になるもみ合いとなりましたので、決済としました。(チャート内□の部分)

会社員としての仕事の疲れもあり眠たくなってきたことも決済の根拠となります(笑)

昨日はドラフト会議がありましたね。早実の清宮君はさすがの大人気で7球団が指名でした。結果として日本ハムが交渉権を獲得。大リーグへ行く大谷君に代わって人気者になるといいですね。

台風22号が近づいてきます。皆さま、お気をつけください。

損切りルールに引っかかった時は躊躇なく決済してください。FX取引は確率です。常に勝つことではなく、トータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

近々、SSL化してURLが https://uujiteki.net に変わる予定です。

おすすめ オーディオブック はこちら

1017トレード根拠

こんにちは。喜平です。

自分で決めたルールを守って取引できていますか。ルールを決めたら必ず守りましょう。

エントリーするためにも決済するためにも根拠が明確である必要があります。

普通の会社員である私が仕事を終えて、帰宅後にエントリーした時のチャートの読み方、分析、根拠について日々のブログに残していきたいと思います。

まずは、USドル、ユーロ、ポンド関連の経済指標の確認です。

昨日10/17の夜は、
18:00 (独)ZEW景況感調査(期待指数) 10月
18:00 (欧)ZEW景況感調査 10月
21:30 (米)輸入物価指数 前月比 9月
21:30 (米)輸出物価指数 前月比 9月
22:15 (米)鉱工業生産 前月比 9月
22:15 (米)設備稼働率 9月
がありました。エントリー前に確認しておく必要があります。

今日10/18の夜は、
17:30 (英)失業保険申請件数 9月
17:30 (英)失業率 9月
18:00 (欧)建設支出 前月比 8月
20:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
21:30 (米)住宅着工件数 前月比 9月
21:30 (米)建設許可件数 前月比 9月
が予定されています。


赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA
ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA σ 2.0

昨日も全体的に移動平均線25MA、100MA、200MAが近いレンジ相場となっていました。私の場合、レンジ相場でボリンジャーバンドσ2.0の幅が狭く、変動が小さいとエントリーチャンスになりにくいです。

ポンド円はまたしても19:30頃、急落しました。前日までのようなEU離脱交渉関連のきっかけではなく、カーニー英中銀総裁が「インフレが3%を超える。今後数ヶ月での利上げが適切な可能性。」と発言しましたが、市場では「ほんまかいな。」みたいな反応で急落したようです。

チャートを見ていたらおそらく、直近安値更新のタイミングでエントリーしていたと思うのですが、まだ帰宅できていませんでした。帰宅後のチャートウォッチでは、大きく動いてしまったポンド円は除外し、緩やかな下降トレンドとなっていたユーロドル5分足チャートに着目してみました。

21:30の経済指標発表では、アメリカ輸出入物価指数が予測より良かったことから、ドルとユーロが買われました。ドル、ユーロが同時に上昇したので、ユーロドルは大した動きにはなりませんでしたが、21:55頃、先にユーロへ調整が入り、ユーロドルも直近安値を強い陽線で下抜けしましたので、エントリーしてみました。(チャート内○の部分)

エントリー後は緩やかな下落となったのですが、あまり勢いは感じられず、23:25頃、2連続陽線の次が陰線でしたが、その次が強めに上昇してきましたので手仕舞いとしました。(チャート内□の部分)

全体的に方向感の弱い相場の中、ところどころに大きめの動きが発生しているのですが、昨日はとらえることができませんでした。こんな時はあせらずに、流れが来るのを待つのがよいと思います。今日の夜は良い流れになりますように。

損切りルールに引っかかった時は躊躇なく決済してください。FX取引は確率です。常に勝つことではなく、トータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

FXの基礎知識

1012トレード根拠

こんにちは。喜平です。

自分で決めたルールを守って取引できていますか。ルールを決めたら必ず守りましょう。

エントリーするためにも決済するためにも根拠が明確である必要があります。

普通の会社員である私が仕事を終えて、帰宅後にエントリーした時のチャートの読み方、分析、根拠について日々のブログに残していきたいと思います。

まずは、USドル、ユーロ、ポンド関連の経済指標の確認です。

昨日10/12の夜は、
18:00 (欧)鉱工業生産 前月比 8月
21:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
21:30 (米)卸売物価指数(PPI) 前月比 9月
23:30 (欧)ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁、発言
がありました。エントリー前に確認しておく必要があります。

本日10/13夜は、
21:30 (米)消費者物価指数(CPI) 前月比 9月
21:30 (米)消費者物価指数(CPIコア指数) 前月比 9月
21:30 (米)小売売上高 前月比 9月
21:30 (米)小売売上高(除自動車) 前月比 9月
23:00 (米)ミシガン大学消費者態度指数 速報値 10月
23:00 (米)企業在庫 前月比 8月
が予定されています。


赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA
ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA σ 2.0

昨日は私がチャートウォッチをする少し前、19:35頃、EUの主席交渉官が「英離脱交渉が袋小路に陥った」と発言したことにより、ポンド売りが加速しました。見ていたら安値更新+下落勢いでエントリーしたかったですね。しかしながら、チャートを見たときは下がりきって横ばいとなっていましたので残念ながらスルーです。大きく下がったときの後は変動が大きくなることが多いので難しい相場になりやすいです。他通貨は方向感が弱く、なかなか根拠が見つかりませんでしたが、根拠のない博打エントリーは厳禁ですので、チャンスを待ちます。そんな中、3日連続のユーロドル5分足チャートで、21:30の上記アメリカ経済指標発表の後、安値更新の動きが見られましたので、チャートを1分足に切り替えて、エントリーのタイミングを見計らいました。大きめの下落のあと、少し反発で戻り、再び下落が大きくなり、直近のもみ合いレンジをしっかり下抜けしてきたタイミングで、エントリーしてみました。(チャート内○の部分)

チャートで下から移動平均線25MA、100MA、200MAと並ぶトレンド相場であったこと、高値を切り下げながら、5分足移動平均線75MA(15分足25MA)が抵抗として働いていたこともエントリーの根拠となります。

エントリー後は少し下落のあと、反発するも5分足25MAが抵抗となって再び下落していきました。23:30から欧州中央銀行(ECB)の要人発言が予定されていましたので、勢いが無くなった時点で早めに決済としました。(チャート内□の部分)

昨日も抵抗ラインの後の勢いのあるローソク足を見つけることができてよかったです。まあ根拠がなければエントリーを諦めるだけなのですが、ブログネタが無いのは、ブロッガーとしてはつらいので(笑)

損切りルールに引っかかった時は躊躇なく決済してください。FX取引は確率です。常に勝つことではなく、トータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

ブログ内トピックス一覧