1020トレード根拠

こんにちは。喜平です。

自分で決めたルールを守って取引できていますか。ルールを決めたら必ず守りましょう。

エントリーするためにも決済するためにも根拠が明確である必要があります。

普通の会社員である私が仕事を終えて、帰宅後にエントリーした時のチャートの読み方、分析、根拠について日々のブログに残していきたいと思います。

まずは、USドル、ユーロ、ポンド関連の経済指標の確認です。

昨日10/20の夜は、
23:00 (米)中古住宅販売件数 前月比 9月
がありました。エントリー前に確認しておく必要があります。


赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA
ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA σ 2.0

昨日は21:30頃、チャートウォッチを開始しましたが、全体的に方向感弱く、エントリー根拠が見つかりにくい相場でした。こんな時は明確な根拠が見つかるまで、エントリーはしてはいけません。FX初心者の頃は、とにかくエントリーしたい気持ちが強いので、明確な根拠がないままにエントリーして損失を出してしまうことがよくありました。心のコントロールはとても大事だと思います。

なかなか明確な根拠がみつからないまま、23:00が過ぎ、ノートレードになるかもと思い始めた23:15頃、狭いレンジでもみ合いが続いていたポンド円5分足チャートで直近高値を強い陽線で上抜けてきたので、エントリーしてみました。(チャート内○の部分)

移動平均線が上から25MA、100MA、200MAと並ぶ上昇トレンドであったこともエントリーの根拠となります。

週末ということもありそれほど大きな動きにはならないかなと思いつつチャートを見ていましたが、エントリー後も思っていたよりは強めに上昇しました。そして23:50頃、3連続の陰線で移動平均線5MAを下抜けてきましたので決済しました。(チャート内□の部分)

ポンド円としては利幅が少なかったですが、大きな経済指標発表もない週末で、我慢が必要な相場だったのでやむを得ません。心のコントロールで根拠が曖昧なエントリーに気をつけたいですね。来週明けの相場は、少なからず選挙の結果が影響すると思います。

今週は急に気温が低くなり、雨の日が多かったですね。私の周りでも体調を崩している人が多かったです。体調が悪いと判断力も鈍るので、トレードしないという選択もありだと思います。体調が悪くてトレード結果も悪いと落ち込んでしまいますが、私は今でもたまにやらかしてしまいます。寝落ちでマイナスとか最悪(笑)

損切りルールに引っかかった時は躊躇なく決済してください。FX取引は確率です。常に勝つことではなく、トータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

FX凄腕名人紹介

1016トレード根拠

こんにちは。喜平です。

自分で決めたルールを守って取引できていますか。ルールを決めたら必ず守りましょう。

エントリーするためにも決済するためにも根拠が明確である必要があります。

普通の会社員である私が仕事を終えて、帰宅後にエントリーした時のチャートの読み方、分析、根拠について日々のブログに残していきたいと思います。

まずは、USドル、ユーロ、ポンド関連の経済指標の確認です。

昨日10/16の夜は、
18:00 (欧)貿易収支 8月
21:30 (米)ニューヨーク連銀製造業景気指数 10月
がありました。エントリー前に確認しておく必要があります。

今日10/17の夜は、
18:00 (独)ZEW景況感調査(期待指数) 10月
18:00 (欧)ZEW景況感調査 10月
21:30 (米)輸入物価指数 前月比 9月
21:30 (米)輸出物価指数 前月比 9月
22:15 (米)鉱工業生産 前月比 9月
22:15 (米)設備稼働率 9月
が予定されています。


赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA
ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA σ 2.0

月曜日は週末に大きな出来事がない限り、前週の流れが継続します。全体的にレンジ相場の中、ユーロ円が下降トレンドとなっていましたので、押し目待ちで注目していたのですが、小さな振幅を繰り返して勢いがありません。ポンド円はまたしてもEU離脱交渉ネタで急落しましたが、その後、急速な回復をみせていました。

そして22:30を過ぎてからやっと、全体的に少し円高に振れてくる気配がありましたので、各チャートを改めて確認した結果、やはり波の振幅が徐々に小さくなっていたユーロ円5分足チャートと、抵抗になる可能性がある複数の移動平均線に近づきつつあるポンド円5分足チャートに注目してみました。

そんな中、ポンド円5分足チャートで22:45頃、移動平均線100MA、75MA(15分足25MA)付近で上ヒゲをつけて下がり始め、一旦、5MAを下回った後、少し反発し、23:05頃、再び下がり始めたってきたタイミングで、エントリーしてみました。(チャート内○の部分)

急落した半分以上上昇しましたので、反転すれば戻り売りが強くなるという思惑も、エントリーの根拠となります。

エントリー後は比較的勢いを持って下落したのですが、大きく下がらないうちにもみ合いが発生しました。その後の時間で、経済指標の発表や要人発言なども予定されておらず、またレンジを形成すると考えましたので、エントリー付近の148.5円をストップ、148.25円をリミットとして注文を入れてチャートウォッチを継続しました。そして23:45頃、一瞬の下ひげでリミット注文が確定しました。

昨日はエントリーを迷いました。やはり月曜日は動きが捉えにくいことが多いですね。月曜日の結果がマイナスになると、火曜日以降で取り戻したくなる気持ちから、判断を誤ってしまうこともあります。月曜日は小さくても良いので、無理をせずプラスを押えておいた方がよいように思います。そう考えると昨日の取り組みは、ストップ&リミット注文より、もみ合い時点で小さなプラス確保が正解だったかも。

損切りルールに引っかかった時は躊躇なく決済してください。FX取引は確率です。常に勝つことではなく、トータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

FX会社について

1013トレード根拠

こんにちは。喜平です。

自分で決めたルールを守って取引できていますか。ルールを決めたら必ず守りましょう。

エントリーするためにも決済するためにも根拠が明確である必要があります。

普通の会社員である私が仕事を終えて、帰宅後にエントリーした時のチャートの読み方、分析、根拠について日々のブログに残していきたいと思います。

まずは、USドル、ユーロ、ポンド関連の経済指標の確認です。

昨日10/13の夜は、
21:30 (米)消費者物価指数(CPI) 前月比 9月
21:30 (米)消費者物価指数(CPIコア指数) 前月比 9月
21:30 (米)小売売上高 前月比 9月
21:30 (米)小売売上高(除自動車) 前月比 9月
23:00 (米)ミシガン大学消費者態度指数 速報値 10月
23:00 (米)企業在庫 前月比 8月
がありました。エントリー前に確認しておく必要があります。


赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA
ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA σ 2.0

昨日はアメリカの重要な経済指標発表が多く、週末といこともあり、概ね21:30までの取り組みと考えていました。幸いにも普通の会社員としては早め帰宅ができたため、19:00頃からチャートウォッチしていました。昨日に引き続き、ポンドはEU離脱交渉関連の発言で大きな下げがありましたが、長い下ヒゲを2連続でつけていましたので、注目していました。そんな中、ポンド円5分足チャートにおいて、レンジ下限付近の移動平均線300MA(15分足100MA)で切り返したあと、19:35頃、ローソク足のサイズを拡大させながら強い陽線が連続発生したので、エントリーしてみました。(チャート内○の部分)①

移動平均線25MA、100MA、200MAがお互いに近いレンジ相場であり、ボリンジャーバンドσ-2.0から急速に離れる方向であったこともエントリーの根拠となります。

エントリー後もポンドらしい勢いでローソク足を伸ばしました。いつもながら勢いづいた時のポンドは惚れ惚れします。もし反対ポジションもっていたら即、損切りです。ポンドは簡単に100pips以上動くことがありますので冷静に判断して、ギャンブル感が出ないようにしたいです。そしてキリの良い149.0円も上抜きましたが、やや失速し、20:00頃、3連続陰線が確定するように感じたところで決済しました。(チャート内□の部分)

実際には3本目は陽線となりましたが、5MAを完全に下抜けてきていたのでよしとします。

重要経済指標発表まで1時間半となりましたが、レンジ反発狙いでもう少しだけ粘ってみることにしました。同じくポンド円5分足チャートでレンジ高値付近で頭を抑えられ、3連続の陰線で5MAを下回り、20:45頃、さらに強めの陰線が出ましたので、2回目のエントリーをしてみました。(チャート内○の部分)②

エントリー後もレンジ下限に向けてだらだら下がる感じでしたが、21:15頃、ローソク足がトンボとなり、需要経済指標発表も近づいてきましたので、手仕舞いとしました。(チャート内□の部分)

今回の経済指標発表後はドルを中心に大きな動きとなりました。発表の数値が予測より良いか悪いかを、普通の会社員が判断することはかなり難しいと思います。私は最重要、重要とされる経済指標前はレンジ狙いでエントリーすることが多く、発表前には決済してポジションを持たないようにしています。

損切りルールに引っかかった時は躊躇なく決済してください。FX取引は確率です。常に勝つことではなく、トータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

トレードするためのPC&モバイル環境

1009トレード根拠

こんにちは。喜平です。

自分で決めたルールを守って取引できていますか。ルールを決めたら必ず守りましょう。

エントリーするためにも決済するためにも根拠が明確である必要があります。

普通の会社員である私が仕事を終えて、帰宅後にエントリーした時のチャートの読み方、分析、根拠について日々のブログに残していきたいと思います。

まずは、USドル、ユーロ、ポンド関連の経済指標の確認です。

昨日10/9の夜は、
経済指標の発表はありませんでした。
本日10/10夜は、
17:30 (英)鉱工業生産指数 前月比 8月
17:30 (英)製造業生産指数 前月比 8月
17:30 (英)貿易収支 8月
が予定されています。


赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA
ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA σ 2.0

昨日は祝日でしたが普通にお仕事があった私としてはいつも通りの夜からのチャートウォッチでした。例えお休みだったとしてもアジア時間帯は慣れておらず読みにくいため、基本的にはFXから離れて遊んでいると思います。東京市場がお休みの週明けということで全体的にレンジ傾向のチャートが多い中、唯一上昇トレンドが見られたポンド円に注目してエントリータイミング見計らっていました。そんな中、ポンド円5分足チャートにおいて、20:00頃、3連続陽線の3本目で直近高値を抜いてきましたので、エントリーしてみました。(チャート内○の部分)①

上から移動平均線25MA、100MA、200MAと並ぶトレンド相場であったこともエントリーの根拠となります。

エントリー後も上昇の勢いが継続しましたが、特にニュースがない中の上昇でしたのでどこかで反転して下落することを想定しました。急いで15分足チャート、1時間足チャートを確認したところ、1時間足チャートの移動平均線100MAに抵抗がありそうだと感じたため、その手前でキリのよい148.5円でリミットを入れたところ、20:15頃、すぐに約定しました。

まだFX取り組み時間としては余裕があったため、引き続きポンド円5分足チャートをウォッチしていたところ、想定通り下がってきました。直近安値からは1.6円ほど上昇していましたので、下落に強さが見られた場合、調整だとしても、押し目は深くなる可能性が高くなります。

上昇の頂点から高値を切り下げる2つの小さな波の後、22:40頃、強めの陰線で下に抜けてきましたので、2回目のエントリーをしてみました。(チャート内○の部分)②

一旦もみ合うも、やはり下落の傾向は維持されましたので、今度は148.0円でリミットを仕掛け、ウォッチを続けました。そして23:45頃、あっさりと約定しました。

相場と自分の想定が合わない時はとことんうまくいかないですが、今回のように行って来いでもうまくいくこともあります。
よって、調子が悪い、相場との相性が悪いと感じたら、熱くなって追いかけず、手仕舞いして日を改めることが大切だと思います。

損切りルールに引っかかった時は躊躇なく決済してください。FX取引は確率です。常に勝つことではなく、トータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

おすすめ FX本 はこちら

1006トレード根拠

こんにちは。喜平です。

自分で決めたルールを守って取引できていますか。ルールを決めたら必ず守りましょう。

エントリーするためにも決済するためにも根拠が明確である必要があります。

普通の会社員である私が仕事を終えて、帰宅後にエントリーした時のチャートの読み方、分析、根拠について日々のブログに残していきたいと思います。

まずは指標の確認です。昨日の夜は、
21:30 (米)非農業部門雇用者数変化 前月比 9月
21:30 (米)失業率 9月
21:30 (米)平均時給 前月比 9月
23:00 (米)卸売在庫 前月比 8月
がありました。
非農業部門雇用者数、失業率、平均時給のアメリカ雇用統計で相場に大きな影響を与える超重要指標です。私は発表時にポジションを持つことは避けるようにしています。


赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA
ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA σ 2.0

アメリカ雇用統計発表前は嵐の前の静けさという感じで、通常、小さなレンジ相場になることが多い気がします。昨日も一昨日のポンドショックからあまり反発しない状況で各通貨とも冴えない動きとなっていました。そんな中、ポンド円5分足チャートにおいて、20:20頃、突然、大陽線が発生し、予定外の要人発言でもあったのかと思い、調べてみましたが、特に何も見つかりませんでした。少し様子を見ていると、20:40頃、強いトレンドが発生したときにサポートとなることが多い移動平均線5MA完全に下抜けしてきたので、エントリーしてみました。(チャート内○の部分)①

雇用統計発表前で大きな動きは発生しないであろうという思惑、大陽線が長い上ヒゲを持っていたこと、ボリンジャーバンドσ +2.0からはね返ってきていたこともエントリー根拠となります。

突然の急上昇に備えてのストップは148円に設定しました。

エントリー直後も勢いはないもののダラダラと下がりました。そして9:15頃、少し大きめの陰線が発生したところで決済しました。(チャート内□の部分)

雇用統計発表時に持ち越しは避けたいため、10分前のタイムリミットが決済の根拠となります。

21:30に発表された雇用統計は予測に対してプラス項目、マイナス項目が混在しましたが、市場はドル買いで反応しました。変動がかなり大きいので発表直後のエントリーはかなり難易度が高く、私はスルーします。

引き続き注目していたポンド円5分足チャートも連れ高が一服し、再び移動平均線5MAは下抜けしてきたため、22:20頃、2回目のエントリーをしてみました。(チャート内○の部分)②

しかしながら思ったようには下落せずも見合いが続きましたので、23:20頃、手仕舞いしました。(チャート内□の部分)

が、、、その後、大きく下落していきました。根拠が不明確なまま決済してしまったことに後悔です。週末だから動きは少ないと思ったんですけどね。

損切りルールに引っかかった時は躊躇なく決済してください。FX取引は確率です。常に勝つことではなく、トータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

FX凄腕名人紹介