0925トーレド根拠

こんにちは。喜平です。

自分で決めたルールを守って取引できていますか。ルールを決めたら必ず守りましょう。

エントリーするためにも決済するためにも根拠が明確である必要があります。

普通の会社員である私が仕事を終えて、帰宅後にエントリーした時のチャートの読み方、分析、根拠について日々のブログに残していきたいと思います。

まずは指標の確認です。昨日の夜は、
22:00 (欧)ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁、発言
がありました。
指標だけでなく、FRB(アメリカ連邦準備制度理事会)議長、ECB(欧州中央銀行)総裁の発言は影響力が大きいので注意が必要です。


黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA
ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA σ2.0

昨日は注目すべきトレンドはなくレンジ狙いでチャートを眺めていました。ポンド円5分足チャートにおいて、22:55頃ボリンジャーバンド+2σから離れる形で少し落ち、一度弱い反発をした後、200MAを抜け切れない上ヒゲ、そして2つめの陰線が出始めたタイミングでエントリーしてみました。(チャート内○の部分)

100MA、200MAがほぼ重なるレンジ相場で、その200MAが抵抗になっているとの判断もエントリーの根拠となります。

エントリー後に少し上昇するも、やはり200MAを抜けない状況が続きました。その後少し下がり、ボリンジャーバンド-2σにぶつかったので決済のタイミングを見計らったのですが、まだ若干下向きの勢いがあったためキープしました。

そうしていると23:50頃急落が始まりました。全く状況が把握できなかったのですが、少しもみ合った151.25付近で決済しました。ニュースを確認すると北朝鮮外相が「トランプ大統領の発言は宣戦布告に相当」と見解を示したことによるリスクオフ反応ということがわかりました。

結果から見るともう少し持っていたらとも思いましたが、0時前であり、過去の経験から理由のわからない急落は大きな反発を食らうこともあったため、私としてはよしとします。

うーん、でもやっぱりもったいなかったかな。「利は伸ばせ」といいますが、これは損切り同様、心理的に難しいですね。

やはり今週は北朝鮮関連の影響が出ました。反対方向のポジションでなくて良かったです。みなさんもストップは忘れずに入れてください。

損切りルールに引っかかった時は躊躇なく決済してください。FX取引は確率です。常に勝つことではなく、トータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

おすすめ FX本 はこちら

0921トレード根拠

こんにちは。喜平です。

自分で決めたルールを守って取引できていますか。ルールを決めたら必ず守りましょう。

エントリーするためにも決済するためにも根拠が明確である必要があります。

普通の会社員である私が仕事を終えて、帰宅後にエントリーした時のチャートの読み方、分析、根拠について日々のブログに残していきたいと思います。

まずは指標の確認です。昨日の夜は、
21:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
21:30 (米)フィラデルフィア連銀製造業景気指数 9月
22:00 (米)住宅価格指数 前月比 7月
22:30 (欧)ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁、発言
23:00 (欧)消費者信頼感(速報値) 9月
23:00 (米)景気先行指標総合指数 前月比 8月
の発表がありました。
エントリー前には調べておく必要があります。


黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA
ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA σ2.0

昨日オーストラリアドル円5分足チャートにおいて、20:10頃強い陰線で直近安値を下抜けした段階(チャート内○の部分)でエントリーしたかったのですが、帰宅が21:30くらいだったのでチャートを見ていませんでした。チャートを見た時は既に節目の89.00に近かったこと、1時間足では上昇トレンドでサポートされやすい位置まで落ちてきていることもありスルーです。

レンジ相場だったユーロ円とポンド円も見ていましたがボリンジャーバンドの幅も狭く、足も長めでエントリーするタイミングを見つけることができませんでした。


ユーロ円5分足チャート


ポンド円5分足チャート

ということ残念ながらエントリー根拠が見つからずノーエントリーです。

エントリー根拠が見つからなければエントリーしない。

重要なルールですね。次にがんばります。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

FX凄腕名人紹介

0919トレード根拠

こんにちは。喜平です。

自分で決めたルールを守って取引できていますか。ルールを決めたら必ず守りましょう。

エントリーするためにも決済するためにも根拠が明確である必要があります。

普通の会社員である私が仕事を終えて、帰宅後にエントリーした時のチャートの読み方、分析、根拠について日々のブログに残していきたいと思います。

まずは指標の確認です。昨日の夜は、
21:30 (米)四半期経常収支 4-6月期
21:30 (米)住宅着工件数 前月比 8月
21:30 (米)建設許可件数 前月比 8月
21:30 (米)輸入物価指数 前月比 8月
の発表がありました。
エントリー前には調べておく必要があります。


黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA
ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA σ2.0

昨日ポンド円5分足チャートにおいて、21:30頃ボリンジャーバンド+σ2.0を突き抜けた長い上ヒゲが発生しました。さらに長い陰線が出ましたのでエントリーのタイミングを見計らいました。急激な変化ですぐにエントリーするのは失敗も多いので私は避けています。その次の足で上ヒゲをつけた陽線で反発した後、短い陰線が連続で下がってきましたので、エントリーしてみました。(チャート内○の部分)
ポンドは急激な変化の多いじゃじゃ馬通貨ですので、エントリーしたら高めのストップはすぐに入れておきます。最初のトリガーとなった大きな上ヒゲ高値の少し上の151.05をストップとしました。急激な変動があると頭の判断がついていかなくなり、思わぬ損失を出してしまうことがあります。注意しましょう。

その後は徐々に陰線が長くなりました。最初の関門は切りの良い150.5となりますが、勢いがあると判断しましたので、直近の抵抗線となっている付近、150.35にリミットを入れました。利益が出る方向についても急激な変動があると頭の判断がついていかなくなりますので、リミットを入れたほうが無難な結果になると思います。同時にストップも150.9までずらしました。

移動平均線が平行に近く、位置も近いレンジ相場になっていたこともボリンジャーバンドを使用する根拠となります。

ポンド円での根拠を紹介させていただくのは初めてになりましたが、平均以上の利幅が取れました。

明日の9/21(木)3:00はFOMC政策金利の発表があります。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

FX会社について