もみ合いレンジの振られやすさに注意 – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

ドル円は落ちそうで落ちずに、踏ん張っていますね。

クロス円も上昇からもみ合いに転じている感じです。振られやすい相場に注意してください。

水曜日は4時間足、1時間足、15分足のチャートでトレンド相場か、レンジ相場かを確認して、3日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:↓
1時間足:↑
15分足 :→

<ユーロ円>
4時間足:↑
1時間足:↑
15分足 :→

<ポンド円>
4時間足:↑
1時間足:↑
15分足 :→

<豪ドル円>
4時間足:↑
1時間足:→
15分足 :→

<ユーロドル>
4時間足:↑
1時間足:→
15分足 :↓

となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場


ドル円は、104円から急上昇で2円ほど上昇となりましたが、106円付近のもみ合いとなっています。このような相場は振られやすいので、エントリーしても骨折り損のくたびれもうけになりがちです。もう少し勝ちやすい流れが来るまで待ちましょう。

ユーロ円は、ややもみ合いとなっていますが、まだ上目線であり、127円台までいく可能性はあると思われます。強い水平ラインからのN字上昇で20~30pips狙いと行きたいところです。

ポンド円は、上昇一服のもみ合いレンジです。ユーロ円と似た動きになっていますが、異なるところは日足高値がまだ更新できていないところです。目先は4時間足高値を想定したレンジ相場への対応となります。

豪ドル円は、1時間足も重みを感じられるようになってきました。まだ上目線なので売りは難しいと思います。麗74.5円を明確に下抜けてからですね。現状での狙い目は、少し大きめの押し目か、76円台への勢いが出たときでしょうか。

ユーロドルは、1時間足でヘッドアンドショルダーを形成しています。形が崩れるのを見極めるとしたら、1.18ドル上抜けか、1.17ドル下抜けですが、上目線なので売りはリスクが大きくなると思います。

今週はアメリカ雇用統計もありますし、今のもみ合いが継続する想定でウォッチしたいと思います。

<今週後半のイベント、経済指標発表情報>

8/5(水)の夜は、

16:55 (独)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値)7月
17:00 (欧)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値)7月
17:30 (英)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値)7月
18:00 (欧)小売売上高 6月
20:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
21:15 (米)ADP雇用統計 7月
21:30 (米)貿易収支 6月
22:45 (米)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値)7月
22:45 (米)総合購買担当者景気指数(PMI、改定値)7月
23:00 (米)ISM非製造業景況指数(総合)7月

8/6(木)の夜は、

17:30 (英)建設業購買担当者景気指数(PMI)7月
20:30 (米)チャレンジャー人員削減数 7月
21:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
21:30 (米)失業保険継続受給者数 前週分

日曜日の独り言で20:00とお知らせした(英) イングランド銀行(BOE)金利発表、英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨、ベイリー英中銀(BOE)総裁発言は15:00になりました。

8/7(金)の夜は、

21:30 (米)雇用統計 7月
23:00 (米)卸売在庫 6月
23:00 (米)卸売売上高 6月

が予定されています。

金曜日はお待ちかねアメリカ雇用統計です。


CFTC(全米先物取引委員会)集計によるシカゴIMM通貨先物 投機筋のポジション情報で、7/31の金曜日公表された7/28取引終了後の建て玉枚数および前週比の増減です。ユーロが大きく買い越しで、ここんところの相場が反映されている感じです。

円/ドル(ドル円の反対です)
買い 62,924 (+12,070)
売り 34,417 (+2,870)

ユーロ/ドル
買い 242,127 (+37,942)
売り 84,568 (+5,430)

ポンド/ドル
買い 39,329 (-6,901)
売り 64,738 (+3,428)

豪ドル/ドル
買い 42,402 (+624)
売り 47,414 (+5,431)

XMのゼロカットシステム
– 相場急変でも追証の発生なし


ドル円は戻り売りスタンバイ – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

先週の週足は、ドル円が陰線、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円、ユーロドルが陽線でした。

ドル円下降、それ以外は、上昇の流れが継続でした。強い動きとなっていますね。

日曜日は今週の相場見通しのため、週足チャート、日足チャート、4時間足チャートにおけるトレンド、レンジ判断、先週の取引レンジ、1時間足チャートの型を確認します。
チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。

<ドル円>
週足:→ 日足:↓ 4時間足:↓
始値:106.0円 終値:105.7円
高値:106.1円 安値:104.2円
1時間足チャート型:V字上昇

<ユーロ円>
週足:→ 日足:↑ 4時間足:↑
始値:123.4円 終値:124.6円
高値:125.2円 安値:123.0円
1時間足チャート型:強含み

<ポンド円>
週足:→ 日足:↑ 4時間足:↑
始値:135.6円 終値:138.5円
高値:139.2円 安値:135.1円
1時間足チャート型:上昇基調

<豪ドル円>
週足:→ 日足:↑ 4時間足:↑
始値:75.0円 終値:75.6円
高値:75.9円 安値:74.8円
1時間足チャート型:強含み

<ユーロドル>
週足:→ 日足:↑ 4時間足:↑
始値:1.164ドル 終値:1.177ドル
高値:1.191ドル 安値:1.164ドル
1時間足チャート型:上昇基調

となっています。


<今週のドル円>

104.0円に迫るところまで下げてから、急激なショートカバーから一時は106.0円まで戻しました。週足で意識されるラインではたまにあるので注意が必要ですね。日足で上ヒゲは出ていますが、4時間足上昇勢いはまだ残っているので、戻り売りタイミングは注目水平ライン105.25円、1時間足25MA下抜け後、N字形成を待ってから見極めたいと思います。日足の目線を分けるラインは106.05円、注目水平ラインは106.38円、105.25円です。

<今週のユーロ円>

日足直近高値を上抜けてきました。上昇勢いは維持されていますが、目先では4時間足の押しを確認してから、125.0円までの流れを狙いたいところです。日足の目線を分けるラインは122.6円、注目水平ラインは123.6円です。

<今週のポンド円>

日足直近高値に迫る勢いでしたが、最終は伸び悩みました。上昇勢いは強いですが、ここからの買いは飛び乗りとなってしまいますので、4時間足の押し目をしっかり確認してから、先週高値139.2円付近までの動きについていきたいと思います。日足の目線を分けるラインは135.42円、注目水平ラインは137.09円です。

<今週の豪ドル円>

先々週に日足直近高値がレジスタンスとなり、やや勢いは衰えていますが、日足25MAのサポート継続中です。先週末には1時間足もみ合いレンジを上抜けた後、やや押されていますが、注目水平ライン75.41円から再度、上昇流れに乗る動きが確認できれば、乗ってみたいと思います。日足の目線を分けるラインは74.42円、注目水平ラインは75.41円、75.0円です。

<今週のユーロドル>

先週は月足の下降トレンドラインを少し上抜けてきました。この勢いが続くとなると、約12年続いた月足の下降トレンドが転換する可能性に留意する必要があると思います。まあ、今週の動きだけで考えると、4時間足の押しはしっかり確認したいところです。少なくとも注目水平ライン1.162ドル付近までは押してほしいですね。果たして希望がかなうかどうか(笑)。日足の目線を分けるラインは1.15ドル、注目水平ラインは1.162ドルです。

今週の5分足、15分足のトレードは、抵抗、サポートとなる水平線を確認して、

ドル円・・・ショート(売り)

ユーロ円・・・ロング(買い)

ポンド円・・・ロング(買い)

豪ドル円・・・ロング(買い)

ユーロドル・・・ロング(買い)

で直近高値、安値までのN字エントリー根拠を探りたい思います。

方向感ははっきりしていますので、日足の流れに逆らったエントリーは避けたいと思います。

4時間足、日足の中期トレードは、チャンスがあればドル円でショートを狙いたいと思います。


今週発表の経済指標、イベントでは、

8/3
08:50 (日)四半期実質国内総生産(GDP、改定値)1-3月期
23:00 (米)ISM製造業景況指数 7月

8/4
13:30 (豪)豪準備銀行(RBA)政策金利発表

8/5
21:15 (米)ADP雇用統計 7月
23:00 (米)ISM非製造業景況指数(総合)7月

8/6
20:00 (英)イングランド銀行(BOE)金利発表
20:00 (英)英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨
20:30 (英)ベイリー英中銀(BOE)総裁 発言

8/7
21:30 (米)雇用統計 7月

に注目したいと思います。

金曜日のアメリカ雇用統計は大注目です。

8/3(月)の夜は、

16:55 (独)製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)7月
17:00 (欧)製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)7月
17:30 (英)製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)7月
22:45 (米)製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)7月
23:00 (米)建設支出6月
23:00 (米)ISM製造業景況指数 7月

8/4(火)の夜は、

18:00 (欧)卸売物価指数(PPI)6月
23:00 (米)製造業新規受注 6月

が予定されています。

喜平が使っているFX会社「GemForex」
– まだデモトレード? 資金ゼロからリアルトレード始めませんか!