FOMCと中東地政学で荒れ相場注意 – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

水曜日は4時間足、1時間足、15分足のチャートでトレンド相場か、レンジ相場かを確認して、3日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:↑ 1時間足:↑ 15分足:→
<ユーロ円>
4時間足:↑ 1時間足:↑ 15分足:↑
<ポンド円>
4時間足:↑ 1時間足:↑ 15分足:→
<豪ドル円>
4時間足:↑ 1時間足:→ 15分足:→
<ユーロドル>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:↑

となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場


ドル円は、日足下降トレンドラインを上抜けたあたりでややもみ合いとなっています。高値を更新してくるようであれば、108.8円の日足水平ラインを目指す展開が想定されます。ただ、結構上げてきているので、FOMC、中東地政学でネガティブニュースが発生すると即リスクオフで急落する可能性もあるので短期トレード狙いになると思います。

ユーロ円も日足下降トレンドライン付近でのもみ合いになっています。ファンダメンタル的な厳しさから上値は重いと思いますが、戻り売りを狙うような状況でもありませんので、118.5~120.0円の中で乗れる波を捜していきたいです。

ポンド円は、9月上旬からの上げ幅が8円ほどになるので大きな調整が欲しいですが、まだ勢いは衰えていない感じですね。反転N字下降が来るまで待ちたいところです。136.0円を超えてくるようなら、上目線に転換しますので、買いであってもしっかりとしたN字を確認してエントリーしたいと思います。

豪ドル円は、概ね予想通りのもみ合いレンジとなりました。73.8~74.5円のレンジからの下抜けがしっかり確認できたら売り参戦したいです。

ユーロドルは、4時間足で形の悪い波でもみ合いレンジです。1.100~1.110ドルのレンジで反転をよく見てエントリー根拠を探りたいと思います。

注目したいニュースとしては、FOMC声明、パウエルFRB議長記者会見ですが、中東地政学リスクの急変も気になります。

<今週後半のイベント、経済指標発表情報>

9/18(水)の夜は、

17:30 (英)消費者物価指数(CPI、コア指数)8月
17:30 (英)小売物価指数(RPI)8月
17:30 (英)生産者物価指数(食品、エネルギー除くコアPPI)8月
18:00 (欧)建設支出 7月
18:00 (欧)消費者物価指数(HICP/コア指数、改定値)8月
20:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
21:30 (米)住宅着工件数 8月
21:30 (米)建設許可件数 8月
27:00 (米)米連邦公開市場委員会(FOMC)終了後政策金利発表
27:30 (米)パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長 定例記者会見

9/19(木)の夜は、

17:00 (欧)経常収支(季調前・季調済)7月
17:30 (英)小売売上高 8月
20:00 (英)イングランド銀行(BOE)金利発表
20:00 (英)英中銀資産買取プログラム規模
20:00 (英)英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨
21:30 (米)四半期経常収支 4-6月期
21:30 (米)フィラデルフィア連銀製造業景気指数 9月
21:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
21:30 (米)失業保険継続受給者数 前週分
23:00 (米)景気先行指標総合指数 8月
23:00 (米)中古住宅販売件数 8月

9/20(金)の夜は、

23:00 (欧)消費者信頼感(速報値)9月

が予定されています。



CFTC(全米先物取引委員会)集計によるシカゴIMM通貨先物 投機筋のポジション情報で、9/13の金曜日公表された9/10取引終了後の建て玉枚数および前週比の増減です。投機筋はリスクオンの流れに対して反応していないようにも見えます。

円/ドル
買い 56,579 (-643)
売り 23,988 (-5,552)

ユーロ/ドル
買い 180,535 (-5,609)
売り 230,377 (-4,903)

ポンド/ドル
買い 37,903 (-792)
売り 130,136 (6,482)

豪ドル/ドル
買い 36,994 (2,905)
売り 90,008 (-3,399)

1回のエントリーが利益確定となるか、損失確定となるかは全く気にする必要がありません。

メンタルに左右されず、ルールに従って淡々とエントリーと決済を行うゾーンの境地でトータルで勝つトレードを目指しましょう。

MT4簡単インストール GEMFOREX編
– チャート設定までをわかりやすく

エントリー待ち時間にアンケートで気分転換。
ポジポジ病の解消にもつながりますよ。

▲マクロミルアンケートモニタ▼


リスクオンもそろそろ終了か – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

先週の週足も、ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円、ユーロドルともに陽線でした。なかなか強い戻りでリスクオン継続でした。いつまで続くのでしょうかね。

日曜日は今週の相場見通しのため、週足チャート、日足チャート、4時間足チャートにおけるトレンド、レンジ判断、先週の取引レンジ、1時間足チャートの型を確認します。
チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。

<ドル円>
週足:→ 日足:↓ 4時間足:↑
先週始値:106.8円 終値:108.1円
先週高値:108.3円 安値:106.8円
先週1時間足チャート型:上昇基調

<ユーロ円>
週足:↓ 日足:↓ 4時間足:↑
先週始値:117.8円 終値:119.8円
先週高値:120.0円 安値:117.6円
先週1時間足チャート型:上昇基調

<ポンド円>
週足:↓ 日足:→ 4時間足:↑
先週始値:131.1円 終値:135.2円
先週高値:135.2円 安値:130.8円
先週1時間足チャート型:上昇基調

<豪ドル円>
週足:↓ 日足:↓ 4時間足:↑
先週始値:73.1円 終値:74.4円
先週高値:74.5円 安値:73.0円
先週1時間足チャート型:強い上昇

<ユーロドル>
週足:→ 日足:↓ 4時間足:→
先週始値:1.103ドル 終値:1.108ドル
先週高値:1.111ドル 安値:1.093ドル
先週1時間足チャート型:もみ合い

となっています。


<今週のドル円>

日足の下降トレンドライン付近まで戻しましたが、戻りの勢いはそれほど衰えていません。買いで入れる状況にもなっていないので、4時間足レベルで強い水平線を背景にしたN字の発生まで待ちたいところです。9/18深夜のFOMC、パウエル議長記者会見に対する市場の反応には注目したいと思います。

<今週のユーロ円>

9/12のECB声明では一時的に急落しましたが、急反発で高値更新しています。ユーロ円もまだ上昇勢いを保っていますが、上昇継続でも戻り売りでもしっかりとしたN字を確認してからエントリー根拠を探っていきたいですね。

<今週のポンド円>

4時間足ダブルボトムがネックラインを上抜け後、きっちりサポートラインとして働き、25MA反発とのあわせ技もあり強い上昇となりました。ポンドらしい強い上昇です。勢いがあるので1時間足でエントリータイミングを探りたいところですが、急な上昇が続きましたので、深い押しには気をつけたいです。

<今週の豪ドル円>

9月に入ってからはほぼ1時間足25MAのサポートが続いています。75.0円まではいきそうな気配がありますが、そろそろもみ合いレンジに入ってもおかしくありません。74.0~75.0円の動きで想定しておきたいと思います。

<今週のユーロドル>

1.110ドル付近の水平ラインに上昇を阻まれて戻されています。1.105ドルと1.110ドルの強め水平ラインでもみ合いレンジになりそうな感じですが、下抜けてくるようだと売ってみたいチャートです。


今週の5分足、15分足のトレードは、抵抗、サポートとなる水平線を確認して、直近高値までのロング(買い)、直近安値までのショート(売り)で最長1時間の短期でエントリー根拠を探りたい思います。

4時間足、日足では、チャンスがあれば、ユーロドルでショートを狙ってみたいと思います。

今週発表の経済指標、イベントでは、

9/17
10:30 (豪)豪準備銀行(RBA)金融政策会合議事要旨公表

9/18
18:00 (欧)消費者物価指数(HICP、改定値)8月

9/19
03:00 (米)米連邦公開市場委員会(FOMC)終了後政策金利発表
03:30 (米)パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長 定例記者会見
20:00 (英)イングランド銀行(BOE)金利発表
20:00 (英)英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨

9/20
08:30 (日)全国消費者物価指数(CPI)8月

に注目したいと思います。

指標発表、要人の発言予定はトレード前には必ず確認してくださいね。

9/16(月)の夜は、

21:30 (米)ニューヨーク連銀製造業景気指数 9月

9/17(火)の夜は、

18:00 (独)ZEW景況感調査 9月
18:00 (欧)ZEW景況感調査 9月
22:15 (米)鉱工業生産 8月
22:15 (米)設備稼働率 8月
23:00 (米)NAHB住宅市場指数 9月

の経済指標発表、イベントが予定されています。

世界中8000万人が利用する話題のホテル検索サイト 国内&海外ホテル予約最大50%オフ『トリバゴ』


「酵素玄米」ってご存知ですか。

炊いた玄米と小豆を3日間以上保温し続け、酵素のはたらきを活性化させたごはんのことで、美味しく玄米を食べる方法のひとつです。

メディアでも活躍中の人気雑穀料理家 柴田真希先生監修により、この酵素玄米ごはんの食味と栄養価を更にアップし、小豆と厳選した数種類の雑穀をプラスして作ったのが酵素玄米専用のブレンド雑穀「玄米酵素ブレンド」です。

100%国内産、無農薬、合成添加物も一切使用しておらず、毎日安心、安全に食べ続けられるブレンド雑穀となっています。 一般的な普通の炊飯器で簡単に炊くことができ、特別な道具も必要ありません。

雑穀は、大麦、はと麦、小豆、たかきび、黒豆、黒米、赤米という厳選された7種類もの雑穀が使用され、バランスの取れた栄養、食物繊維も豊富に含まれています。

酵素ってなじみのない方もおられると思いますが、体内のあらゆる化学反応の手助けとして機能してくれるタンパク質の一種です。食べ物の消化吸収をはじめ、体内で起こるあらゆる生体反応は、全て酵素が大きな役割を果たしています。そのような酵素は、新陳代謝を促進させ、身体を健康に保つ効果が期待できます。

まるでお赤飯のような外観ともっちもちの食感は、同じ玄米とは思えないほどおいしいです。



食生活の乱れが気になる方、ご家庭で簡単にできる健康ごはん、一度試してみませんか?

戻りの勢い継続か – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

水曜日は4時間足、1時間足、15分足のチャートでトレンド相場か、レンジ相場かを確認して、3日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:→ 1時間足:↑ 15分足:→
<ユーロ円>
4時間足:→ 1時間足:↑ 15分足:→
<ポンド円>
4時間足:→ 1時間足:↑ 15分足:↑
<豪ドル円>
4時間足:→ 1時間足:↑ 15分足:→
<ユーロドル>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→

となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場


ドル円は、先週の高値を上抜けて戻りの勢いが衰えていません。更に高値更新が続くなら、108.0円付近までは行きそうです。但し、日足以上の下げ目線は続いていますので、買いで入るなら、短期の波にとどめておいた方がよさそうに思います。本格参入には次の大きな売り波を待ちたいですね。

ユーロ円も先週の高値を上抜けてきていますので、まだ戻り勢いはありそうです。120.0円付近まではあるかもしれません。ドル円同様、本格参入には次の大きな売り波を待ちたいところです。

ポンド円は、1時間足25MAにサポートされながら、伸びてきています。節目の.00、.50円の水平ラインも意識が強くなっているように思えます。一気に133.0円上抜けてくる動きが見られるかもしれません。押した場合は、4時間足25MAのサポート確認ですね。

豪ドル円は、4時間足25MAを上抜けてからの勢いが続いていましたが、さすがに少しゆるんでいます。73.0円付近まで押しが入り、再度上昇が確認できたら、買いタイミングを見極めたいです。

ユーロドルは、1時間足でややもみ合いレンジです。下に抜けてきたら、N字確認で参戦したいと思います。

注目したいニュースとしては、今週ECB定例理事会、ドラギ総裁の記者会見、英EU離脱関連の動きなどです。

<今週後半のイベント、経済指標発表情報>

9/11(水)の夜は、

20:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
21:30 (米)生産者物価指数(PPI、コア指数)8月
23:00 (米)卸売在庫 7月
23:00 (米)卸売売上高 7月

9/12(木)の夜は、

18:00 (欧)鉱工業生産 前月比 7月
20:45 (欧)欧州中央銀行(ECB)政策金利
21:30 (欧)ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁 定例記者会見
21:30 (米)消費者物価指数(CPI、コア指数)8月
21:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
21:30 (米)失業保険継続受給者数 前週分

9/13(金)の夜は、

18:00 (欧)貿易収支(季調前、季調済)7月
21:30 (米)輸入物価指数 8月
21:30 (米)輸出物価指数 8月
21:30 (米)小売売上高 8月
23:00 (米)ミシガン大学消費者態度指数・速報値 9月
23:00 (米)企業在庫 7月

が予定されています。



CFTC(全米先物取引委員会)集計によるシカゴIMM通貨先物 投機筋のポジション情報で、9/6の金曜日公表された9/3取引終了後の建て玉枚数および前週比の増減です。先週は広範囲にリスクオンが進みましたので、今週末の発表では大きな増減が見られるかもしれません。

円/ドル
買い 57,222 (-2,573)
売り 29,540 (+3,352)

ユーロ/ドル
買い 186,144 (+12,693)
売り 235,280 (+23,025)

ポンド/ドル
買い 38,695 (+552)
売り 123,654 (-3,517)

豪ドル/ドル
買い 34,089 (+2,239)
売り 93,407 (+525)

1回のエントリーが利益確定となるか、損失確定となるかは全く気にする必要がありません。

メンタルに左右されず、ルールに従って淡々とエントリーと決済を行うゾーンの境地でトータルで勝つトレードを目指しましょう。

異なる時間足チャートで見えるもの
– 買ったら下がり売ったら上がるの予防

エントリー待ち時間にアンケートで気分転換。
ポジポジ病の解消にもつながりますよ。

▲マクロミルアンケートモニタ▼