豪ドル円、ポンド円の勢いに注目 – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

週明け後の環境認識です。

ドル円、ユーロ円、ユーロドルはもみ合いの様子ですので、豪ドル円、ポンド円の勢いに注目したいと思います。

水曜日は4時間足、1時間足、15分足のチャートでトレンド相場か、レンジ相場かを確認して、3日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:↑
1時間足:↑
15分足 :→

<ユーロ円>
4時間足:→
1時間足:→
15分足 :↓

<ポンド円>
4時間足:↑
1時間足:↑
15分足 :↑

<豪ドル円>
4時間足:↑
1時間足:→
15分足 :↓

<ユーロドル>
4時間足:→
1時間足:↓
15分足 :→

となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場


ドル円は、1.5円ほど急上昇となりましたが、日足下降トレンドラインのレジスタンスで、上昇勢いを抑えられています。日足の下降トレンドラインを上抜けた場合は、注目水平ライン104.15円などでしっかりサポートされることを確認出来てから買いエントリーしたいです。押した場合は、N字上昇を狙いたいですが、103.67円を下抜けて売り目線になる可能性も想定しておきたいと思います。

ユーロ円は、4時間足直近高値を更新してきましたが、やや押しています。1時間足でもみ合いとなっていますので、ここから勢いよく127円台に突入してきたら、N字確認で買いエントリー根拠を探りたいと思います。

ポンド円は、上昇勢いが増してきました。しかし、飛び乗りはリスクが大きいので、1時間足か15分足ではっきりとしたN字形成からの上昇を待ちたいところです。

豪ドル円は、日足、4時間足で上昇勢いをキープしていますので、1時間足の押し目は拾っていきたいところです。15分足、5分足の細かな動きに惑わされないようにしましょう。

ユーロドルは、1時間足の下降基調からややもみ合いの様子です。反転上昇するのか、再度、下降の流れができるか見極めてから次のエントリーポイントを探りたいと思います。

<今週後半のイベント、経済指標発表情報>

1/13(水)の夜は、

18:00 (欧)ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁 発言
19:00 (欧)鉱工業生産 11月
21:00 (米)MBA住宅ローン申請指数
22:30 (米)消費者物価指数(CPI)12月

1/14(木)の夜は、

22:30 (米)輸入物価指数 12月
22:30 (米)輸出物価指数 12月
22:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
22:30 (米)失業保険継続受給者数 前週分
26:30 (米)パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長 発言

1/15(金)の夜は、

19:00 (欧)貿易収支(季調済)11月
19:00 (欧)貿易収支(季調前)11月
22:30 (米)小売売上高 12月
22:30 (米)卸売物価指数(PPI)12月
22:30 (米)ニューヨーク連銀製造業景気指数 1月
23:15 (米)鉱工業生産 12月
23:15 (米)設備稼働率 12月
24:00 (米)企業在庫 11月
24:00 (米)ミシガン大学消費者態度指数・速報値 1月

が予定されています。


CFTC(全米先物取引委員会)集計によるシカゴIMM通貨先物 投機筋のポジション情報で、1/5取引終了後の建て玉枚数および前週比の増減です。特に大きな動きはありません。

円/ドル(ドル円の反対です)
買い 69,163 (+5,586)
売り 18,973 (+2,746)

ユーロ/ドル
買い 224,832 (+1,984)
売り 81,841 (+2,069)

ポンド/ドル
買い 35,526 (-209)
売り 31,861 (+958)

豪ドル/ドル
買い 59,738 (+5,911)
売り 63,645 (+3,312)


豪ドル円の上昇勢いに注目 – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

年末年始はゆっくり過ごされたでしょうか。

1都3県には緊急事態宣言も出て外出したくないところですが、FXトレードは自宅完結なので影響は少ないと思います。

今年も丁寧にチャート分析を行い、長期足のトレンド方向に短期足でコツコツ稼いでいきましょう。

トレードはお休みしていましたが、喜平は1/4がトレード始めでした。

先週は4勝1敗、105pips獲得でまずますの滑り出しです。

先週の週足は、ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円が陽線、ユーロドルが陰線でした。

日曜日は今週の相場見通しのため、週足チャート、日足チャート、4時間足チャートのジグザグ判断で、直近のトレンド、レンジ判断、先週の取引レンジ、1時間足チャートの型を確認します。

チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。

<ドル円>
週足:↓ 日足:↓ 4時間足:→
始値:103.0円 終値:103.8円
高値:104.1円 安値:102.6円
1時間足チャート型:しっかり上昇

<ユーロ円>
週足:↑ 日足:↑ 4時間足:→
始値:126.1円 終値:127.0円
高値:127.5円 安値:126.0円
1時間足チャート型:上昇押し

<ポンド円>
週足:→ 日足:↑ 4時間足:→
始値:140.7円 終値:140.9円
高値:141.4円 安値:139.5円
1時間足チャート型:しっかり上昇

<豪ドル円>
週足:↑ 日足:↑ 4時間足:↑
始値:79.4円 終値:80.7円
高値:80.9円 安値:78.8円
1時間足チャート型:上昇基調

<ユーロドル>
週足:↑ 日足:↑ 4時間足:→
始値:1.224ドル 終値:1.221ドル
高値:1.235ドル 安値:1.219ドル
1時間足チャート型:しっかり下降

となっています。

通貨強弱(CCFpインジケータ)は

日足
豪ドル>ポンド>ユーロ>円>ドル

4時間足
豪ドル>ポンド>ユーロ>ドル>円

です。


<今週のドル円>

4時間足での力強い上昇勢いがやや衰え、ややもみ合いになっています。ここからの買いは波の大きさに注意が必要で、売るにも日足目線ライン103.67円より下で形を作るまではリスクが高い状況です。注目水平ライン104.15円を上抜けるか、103.67円を下抜けるまでは様子見にしたいと思います。日足の目線を分けるラインは103.67円、注目水平ラインは104.15円です。

<今週のユーロ円>

日足高値を更新してきましたが、週足で意識される水平ラインでレジスタンスを感じます。もう一度、注目水平ライン126.75円でのサポートが確認出来てからの買いが無難です。126.75円をしっかり下抜けるようだと、もうしばらくもみ合いが続きそうに思います。日足の目線を分けるラインは126.0円、注目水平ラインは126.75円です。

<今週のポンド円>

4時間足でレンジとなっていますが、日足kは上昇トレンドで上目線領域に来ていますので、日足目線ライン139.46円近くまでの押しを待ってN字上昇を捉えたいと思います。注目水平ライン141.12円を上抜けてきたら、そのサポート確認してから買い狙いですね。日足の目線を分けるラインは139.46円、注目水平ラインは141.2円です。

<今週の豪ドル円>

上昇勢いが強くなっています。デイトレードの飛び乗りはリスクが大きいので、1時間足で注目水平ライン79.78円~80.0円くらいまでの押しを確認して、次の上昇に乗りたいと思います。日足の目線を分けるラインは78.47円、注目水平ラインは79.78円です。

<今週のユーロドル>

上昇基調がやや衰えて、4時間足でもみ合いになりつつあります。注目水平ライン1.2175ドルがサポートとなってくれたら、4時間足直近高値までの動きを狙い、押しが日足目線ライン1.212ドルも下抜けてくるなら、そのレジスタンスを確認してから売り狙いもできるように思います。日足の目線を分けるラインは1.212ドル、注目水平ラインは1.2175ドルです。

今週の5分足、15分足のトレードは、抵抗、サポートとなる水平線を確認して、

ドル円・・・ロング(買い)、ショート(売り)

ユーロ円・・・ロング(買い)

ポンド円・・・ロング(買い)

豪ドル円・・・ロング(買い)

ユーロドル・・・ロング(買い)、ショート(売り)

で直近高値、安値までのN字エントリー根拠を探りたい思います。

4時間足、日足の中期トレードは、チャンスがあれば、豪ドル円、ユーロドルのロングを狙いたいと思います。


今週発表の経済指標、イベントでは、

1/13
22:30 (米)消費者物価指数(CPI)12月

1/14
26:30 (米)パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長 発言

1/15
16:00 (英)月次国内総生産(GDP)11月
22:30 (米)小売売上高 12月

に注目したいと思います。

1/11(月)の夜は、

23:40 (欧)ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁 発言

が予定されています。

1/12(火)の夜は、特に指標発表、イベントはありません。

喜平が使っているFX会社「GemForex」
– 口座開設ボーナスで入金無し海外FXリアルトレード体験!