上昇トレンドポンド円のやや放置トレード – ベストトレード根拠

こんにちは。喜平です。

土曜日は今週のベストトレード根拠として、普通のサラリーマンである喜平が仕事を終えて帰宅後に、FX取引した時のチャート分析方法、エントリーと決済の根拠について公開します。

今週の後半は、各通貨ペアともに1時間足の直近高値を更新するなど、リスクオンの傾向が続きました。しかし、週末21日にイギリスの合意なしEU離脱への警戒感から、ポンドは大幅に売られ、今週の上昇分をほぼ吹き飛ばしました。その他の通貨もやや影響を受けて、リスクオフ調整となっています。

ファンダメンタル面で、イギリスのEU離脱に関して決着が11月以降にずれる見込みとなっており、まだ紆余曲折がありそうです。
米中貿易摩擦も長引きそうですね。新興国通貨安、米朝対話も少し気にかけておきたいと思います。

今週のベストトレード根拠は9/19ポンド円となります。

昨日のポンド下落には参戦したかったのですが、飲み会等もあり残念ながらエントリーできませんでした。

今回は初公開、最近少し試している、チャートにできるだけ張りつかないでトレードするIFO注文(「新規ポジションの確保」「利益確定の指値(リミット)」「損切りの逆指値(ストップ)」を同時に発注)でのエントリー根拠となります。

平日の夜に取り組んでいる短期で勢い重視のトレードではなく、15分足、1時間足を見て、ポジション保有半日~1日、いつもより利幅、損切幅を大きく取り、その分ポジションサイズも1/3~1/4としたトレードです。
短期で勢い重視のトレードは私としては勝ちやすいスタイルなのですが、チャートに張りつく必要があるため、時間を取られるのが難点です。疲れますので、できるだけ疲れないで勝てる方法を現在、模索しています。


 

赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
赤破線:15MA 黄緑破線:75MA 青破線:300MA ピンク破線:600MA
黄色破線:ボリンジャーバンド20MA
(上が+2.0 σ 下が-2.0 σ)
インジケーター矢印:トレンドレーダーサイン
日本時間バー:HTさんが無償提供するインジケーター「HT_Grid」

19日の朝、出勤前に、15分足、1時間足で移動平均線が上から25MA、100MA、200MAとなる上昇トレンドを確認し、ローソク足が15分足25MAの少し上に来ていたため、買いエントリーしようと考えました。

15分足の波のレンジを確認して、買い指値は25MAの少し下の147.7円、決済指値が148.7円(+100pips)、決済逆指値(損切)が147.4円(-30pips)としてIFO注文したら、あとは放置です。

昼休みにポジションを確認したところ、買い指値は成立しており、チャートの動きは想定範囲、損益は若干のプラスでした。

夕方18時ごろに確認すると、大陽線が出ており大幅上昇となっていました。決済指値が欲張っていたため、決済にはなっていませんでしたが、こうなるとかなり気になってきます。そわそわしながら仕事を片付けつつ、19時過ぎには退社し、スマホで5分足チャートを見ながら19:45頃、目先の勢いが無くなったところで決済しました。58pipsゲットでした。

完全放置はまだまだ気持ち的に難しいです。このあと「メイ英首相がバルニエ欧州主席交渉官のブレグジット案を拒否」との報道があり、ポンドが急落しました。放置していればマイナス30pipsと考えると、結果オーライですが、指値幅、逆指値の設定については、経験値を積みながら、完全放置トレードでトータルの収益が出せるように精進したいと思います。

放置の場合、決済逆指値は必ず設定してくださいね。どんな方法でも損切は必要だと思います。
常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事です。

自分で決めたルールをしっかり守ってトレードし、悠々自適時間が持てる会社員を目指します。

FXとは
– 外貨預金との違い

リスクオン継続か 日足レンジ上限に注意 – トレンドですか?レンジですか?

こんにちは。喜平です。

水曜日はトレンドチェックです。この記事では移動平均線の4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、3日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:↑ 1時間足:→ 15分足:↑
<ユーロ円>
4時間足:↑ 1時間足:↑ 15分足:→
<ポンド円>
4時間足:↑ 1時間足:↑ 15分足:→
<豪ドル円>
4時間足:→ 1時間足:↑ 15分足:↑
<ユーロドル>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:→

となっています。

↑:上昇トレンド相場
↓:下降トレンド相場
→:レンジ相場

長い時間足のチャートも確認すると、短い時間足では見えない流れをつかむことができます。

先週からのリスクオンが継続しています。4時間足で各通貨ペアともに25MAが右上がりの勾配となっており、特にユーロ円、ポンド円の1時間足は移動平均線が上から、25MA、100MA、200MAと並び、はっきりとした上昇トレンドの形となっており、かつ25MAより上側で波打つ理想的なチャートです。

米中ともに追加関税を発表し貿易摩擦の深刻化は進んでいますが、市場が慣れてきたのか当初ほどの警戒感は薄れ、大きなリスクオフには発展していませんね。

ただし、日足ではまだもみ合いレンジから上抜けているわけではありません。日足の波はいずれも上限が近い状態に来ていますので、反転の様子が見られた場合は深追い禁物です。

1時間足の25MAより上で波が25MAから上に離れていくタイミングを見計らいたいと思います。25MAを下抜けると様子見になります。

注目したいニュースとしては引き続き、米中貿易摩擦、新興国通貨安、イギリスEU離脱などです。

<今週後半のイベント、経済指標発表情報>

9/19(水)の夜は、

17:00 (欧)経常収支 7月
17:30 (英)消費者物価指数(CPI)8月
17:30 (英)小売物価指数(RPI)8月
17:30 (英)卸売物価指数(食品、エネルギー除くコアPPI)8月
18:00 (欧)建設支出 7月
20:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
21:30 (米)四半期経常収支 4-6月期
21:30 (米)住宅着工件数 8月
21:30 (米)建設許可件数 8月

9/20(木)の夜は、

17:30 (英)小売売上高指数 8月
21:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分
21:30 (米)フィラデルフィア連銀製造業景気指数 9月
23:00 (欧)消費者信頼感(速報値) 9月
23:00 (米)景気先行指標総合指数 8月
23:00 (米)中古住宅販売件数 8月

9/21(金)の夜は、

17:00 (欧)製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値) 9月
17:00 (欧)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値) 9月
22:45 (米)製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値) 9月
22:45 (米)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値) 9月
22:45 (米)総合購買担当者景気指数(PMI、速報値) 9月

が予定されています。木曜は要注目です。

CFTC(全米先物取引委員会)集計によるシカゴIMM通貨先物 投機筋のポジション情報です。

先週の金曜日公表された9/11取引終了後の建て玉枚数および前週比の増減です。

大きな動きは気にしています。

円/ドル
買い 48,057 (+485)
売り 101,943 (+2,439)

ユーロ/ドル
買い 164,639 (-8,696)
売り 153,469 (-11,903)

ポンド/ドル
買い 65,982 (+1,942)
売り 127,161 (-6,492)

豪ドル/ドル
買い 48,230 (+16,458)
売り 92,542 (+16,739)


1回のトレードにこだわらず、損切りルールをしっかり守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

感情に左右されないメンタルでゾーンの境地でトレードできるようになりたいですね。

豊かな悠々自適時間を手に入れて、脱普通の会社員!

XMの最大レバレッジ888倍検証
– 一発勝負で資産倍増

先週の上昇が継続できるかに注目 – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

日曜日は、今週の相場見通しのため、先週のチャート分析をしておきます。

週足チャート、日足チャート、4時間足チャートにおけるトレンド、レンジ判断、取引レンジ、終値、4時間足チャートの型を確認します。
(取引レンジ、終値は10pips未満四捨五入の概数)
チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。

<ドル円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↑
先週取引:110.9~112.2円
先週終値:111.0円
4時間足チャート型:上昇基調

<ユーロ円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
先週取引:127.9~131.1円
先週終値:130.2円
4時間足チャート型:上昇押し

<ポンド円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:↑
週取引:143.1~147.0円
先週終値:146.4円
4時間足チャート型:上昇基調

<豪ドル円>
週足:→ 日足:↓ 4時間足:→
先週取引:78.8~80.8円
先週終値:80.1円
4時間足チャート型:上昇基調

<ユーロドル>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
先週取引:1.152~1.172ドル
先週終値:1.162ドル
4時間足チャート型:上昇押し

となっています。


各通貨ペアともに先々週からは一転してリスクオンの上昇となりました。しかし週末はトランプ大統領の対中関税発動情報でややリスクオフとなり、『来週に続く』みたいな終わり方でした。日足で見るとまだまだレンジ相場の範囲内ですので、上昇するにしてもまだもみ合いが続く可能性が高いと思います。

<今週のドル円>
4時間足では直近高値を上抜けてきました。先週末のトランプ大統領の対中関税発動情報でも下落は少なく、終値で112円台維持しましたので、今週も上昇の動きが見られるかもしれません。次の上昇目標は日足の直近高値113.1円付近と思われます。しかし、111円台に押し戻された場合は、111円台前半までの調整が考えられます。

<今週のユーロ円>
4時間足の直近高値は少しだけ更新したもののレンジ内に押し戻されています。押しが4時間足25MAの129.7円付近より上で踏みとどまれば、上昇を維持できる可能性がありますが、下抜けるとなるとレンジ下限の128円半ばまで戻る可能性もあると思います。

<今週のポンド円>
EUバルニエ離脱主席交渉官のアシストもあり4時間足では力強い伸びとなっています。しかし日足100MAは下降勾配であり、上昇が継続できるかどうかは今週の動きにかかってきます。ポイントとしては146円台をキープして反転上昇の動きが見られるかどうかだと思います。

<今週の豪ドル円>
私がチェックしているクロス円の中では一番上昇する力が弱い感じですね。日足ではまだ25MAもしっかり上抜けることはできていません。アメリカの対中追加関税の発動報道が重石になっていると感じます。月曜日の日足ローソクが金曜日と同等長さ以上の陰線となれば、安値更新の可能性も出てくると思います。

<今週のユーロドル>
日足、4時間足ではもみ合いが継続しています。4時間足レンジ下限1.155ドル付近まで戻ってきたら、反転上昇を狙ってみてもよいかもしれません。引き続き、米中貿易摩擦、新興国通貨安懸念などに関するニュースで、急変動の可能性はあると思いますので、注意したいと思います。

今週の5分足、15分足のトレードは、4時間足25MAとの位置関係を確認しながら、勢いの出た方向の順張りロング(買い)、ショート(売り)を狙っていきたいと思います。4時間足、日足でもチャンスがあればユーロ円、豪ドル円のショートで攻めたいと思います。

今週発表の経済指標、イベントでは、

9/19
09:00頃  (日)日銀金融政策決定会合 終了後政策金利発表
17:30 (英)消費者物価指数(CPI)8月
21:30 (米)住宅着工件数 8月

9/20
21:30 (米)フィラデルフィア連銀製造業景気指数 9月
23:00 (米)中古住宅販売件数 8月

に注目したいと思います。今週は少なめですが、予定外の要人発言は注意しましょう。

その他指標でもポジティブ、ネガティブサプライズがあれば、大きな変動も起こりますので、毎日必ず指標発表、要人の発言予定を確認してから、エントリーするようにしたいと思います。

9/17(月)の夜は、

18:00 (欧)消費者物価指数(HICP、改定値) 8月
21:30 (米)ニューヨーク連銀製造業景気指数 9月

9/18(火)の夜は、

23:00 (米)NAHB住宅市場指数 9月

の経済指標発表が予定されています。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

別荘を使う分だけ所有するNEWリゾート体験宿泊! お一人様1泊2食付 3,000円~ 箱根、軽井沢など ポイントバケーションリロ

~~~~~~~~~~~~~~~

みなさんは、自分でお料理されることがありますか。

私は週末、積極的にお料理しています。もちろん後片付けまで(笑)

今日はお料理も最高! 後片付けも最高!のフライパンのご紹介です。

テレビショッピングでも紹介されているのでご存知の方も多いと思いますが、このフライパンはすごいです。

すでに3年以上使っているのですが、まったく焦げ付きません。安いものでもコーティングが効いている最初のうちは問題ないのですが、1年もすると怪しくなってきます。

JIS規格でフライパンの耐久試験があり、塗膜面の温度を200℃に維持して、フライ返しを想定したステンレス板で3000回こするそうですが、このフレーバーストーンのフライパンは、50万回の試験に耐えられるそうです。そりゃ丈夫なはずですね。

見た目もきれい、油要らずでヘルシー、焦げ付かないので後片付けも楽チン、このフレーバーストーン「ソテーパン」で作ったオムレツは最高で家族の評判も高いです。



種類としては、

目玉焼きやパンケーキなどを手軽に作れる「ソテーパン」

チャーハンや酢豚などの炒め物をこぼさず調理できる「ディープパン」

カレーやシチューなどの大容量の煮込み料理もお任せの「キャセロールパン」

などがあります。

使って気持ちがよく、お料理の好きな方へ間違いなくおすすめです。

youtu.be/jBNW7Rk_Mls ・・・松崎しげるのテレビCM 笑えます!

クロス円のリスクオン上昇に乗る – ベストトレード根拠

こんにちは。喜平です。

土曜日は今週のベストトレード根拠として、普通のサラリーマンである喜平が仕事を終えて帰宅後に、FX取引した時のチャート分析方法、エントリーと決済の根拠について公開します。

今週の後半は、前半に引き続きリスクオンの傾向が続きました。各通貨ペアともに1時間足で25MAから上に放たれる様子が見られ、100MAの傾きも上向いています。金曜日夜はトランプ大統領による対中関税発動指示報道で、クロス円、ユーロドルは下げましたが、ドル円への影響は少なかったですね。ドルはもう少し上を目指そうとしているのかもしれません。

ファンダメンタル面で、イギリスのEU離脱に関して要人発言のニュースがまた増えてきたように思います。最終的に合意があるのか、無いのかまだわかりませんが、EU離脱のタイミングは近いようです。

トルコの政策金利は24%になりトルコリラは上昇しましたが、高い金利を長く維持できるとも思えず、どこかでまたドカンと下げて新興国通貨安による急激なリスクオフの可能性が気になります。
もちろん米中貿易摩擦の行方にも目が離せません。

今週のベストトレード根拠は9/13ポンド円となります。

その日はクロス円が全体的に上向いてきていました。特にポンド円は午前中から緩やかな上昇となっており、いい形でした。また重要指標、要人発言イベントが慎重な対応が必要でしたが、上昇勢いが出てくることを期待して注目していました。


 

赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
赤破線:15分足5MA 黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド20MA
(上が+2.0 σ 下が-2.0 σ)
日本時間バー:HTさんが無償提供するインジケーター「HT_Grid」

そんな中、ポンド円5分足チャートにおいて、21:30の移動平均線25MAから下ヒゲを出しての跳ね返りを確認しました。ユーロ円はドラギECB総裁の記者会見で先に上昇し始め、直近高値を更新しましたので、ポンド円もそれに続いてくることを期待して、21:40頃、直近高値を上抜いてきたタイミングで買いエントリーしました。(チャート内○の部分)

エントリー直後は、やや変動が大きく不安定でしたが、5MAにサポートされる様子で上昇を維持しました。
146.0円は売りが厚めという情報がありましたので、どこまで上昇が維持するかなと思っていたら...

30pipsほど値が飛んで一気に146.0円をぶっちぎりました。びっくり! さすが勢いのポンドです。

その後も堅調に上昇ましたが、勢いが弱まる感じが見られ、22:55頃、長め陰線が5MAを下抜けてきたので、決済としました。(チャート内□の部分)

実際は、その後も弱い上昇が継続し、147円にタッチしましたが、それなりの利幅は取れたので、ヨシとします。

今回のクロス円上昇で、中期トレードの練習でキープしていた最小1000通貨のユーロ円売りポジションはマイナス70pips(700円なのでたいしたことないですが)の損切りとなりました。一時的にはプラス170pipsを確認したのですが、欲張りすぎたようです。今回の練習では、日足チャートはちょっと期間が長すぎると感じたので、4時間足でもう少し小さな波を捕らえていきたいと思います。中期トレードの練習は今後も続けます。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

自分で決めたルールをしっかり守ってトレードし、悠々自適時間が持てる会社員を目指します。

XMのゼロカットシステム
– 相場急変でも追証の発生なし