環境認識を表示するMT4インディケータ

こんにちは。喜平です。

久しぶりのMT4インディケータ公開です。

【202210/10更新】要望があり、環境認識対象足を選択できるように変更しています。

環境認識はトレードをするために最初にしなければならない重要な作業です。

特に5分足、15分足といった短期足チャートでトレードするときに、上位足を見ないと大失敗することがあります。

短期足で上昇トレンドと思って買いで入っても、上位足では下降トレンド中の戻りに過ぎず、戻り売りを喰らって損失など。

ということで短期足を表示していても週足、日足、4時間足、1時間足の環境を表示してくれるインディケータを作ってみました。

サインツールではないので、売買のタイミングに矢印とアラームを出したりはしませんが、エントリーの判断に役立つことは間違いなしです。

以下よりダウンロードしてお試しください。

Kihei_KankyoNinshiki_Indicator2.zip

ダウンロードできるのは実行ファイル「ex4ファイル」とソースコード「mq4ファイル」をZIP圧縮したフォルダです。

ZIPフォルダ解凍後すると、

Kihei_KankyoNinshiki_Indicator.ex4

Kihei_KankyoNinshiki_Indicator.mq4

の2つのファイルができます。

MT4にインストールするためには、

MT4の左上にある「ファイル(F)」→「データフォルダを開く(D)」をクリックして開いてください。

ここをクリックすることで、このMT4の専用のフォルダを開くことができます。

さらに表示されたフォルダから「MQL4」→「Indicators」を開きます。

その「Indicators」フォルダに2つのファイルをドラッグアンドドロップしてください。

そして「Indicators」フォルダは閉じてください。

ここで一旦「MT4」も閉じないと新しく入れたインディケータが反映されないので、閉じた後、再度「MT4」を開きます。

「表示(V)」→「ナビゲーター(N)」をクリックし、「インディケータ」から先ほどインストールした「Kihei_KankyoNinshiki_Indicator」を選んで、表示させたいチャートにドロップすれば使用できるようになります。

表示画面は以下のような感じです。

Advertisements

「Kihei 環境認識」の下4行で、W1は週足、D1は日足、H4は4時間足、H1は1時間足の環境を表示しています。

1行目の週足

↑ W1 101.176 ~ 145.895 97.4% MAから 8.7978

の意味を説明すると、

↑:移動平均線(初期値 21)EMAのトレンド
  上昇は↑ 下降は↓ です。

101.176 ~ 145.895:直近足(初期値 200)本足のレンジ
  最安値~最高値 を示しています。
  単位はドル円なら「円」、ユーロドルなら「ドル」です。

97.4%:最安値を0%、最高値を100%とした場合の現在位置を表します。
  90%以上なら天井付近、10%以下なら底付近ですね。

8.7978:移動平均線(初期値 21EMA)からどれくらい離れているか
  マイナス(-)は下側に離れていることを示します。
  単位はドル円なら「円」、ユーロドルなら「ドル」です。

インディケータの編集より変更可能なパラメータの入力画面です。

「EMA_Period」で移動平均線の足の本数を変更できます。

「HL_Period」で最安値、最高値のレンジを確認する足の本数を変更できます。

「ShiftBar」で環境認識するローソク足の開始位置を選択できます。(2022/10/10修正点)

デフォルトの「0」では開始位置を現在足にしているため、表示がリアルタイムで更新されます。大きなトレンドが出ているときは「0」が良いと思います。表示がちらちらしてうっとうしい場合、「1」にすると開始位置が現在足の1本前の足になるため、足が更新されるまで表示がかわりません。

「CommentColor」で表示フォントの色を変更できます。喜平はチャート背景を黒にしているので黄色が見やすいですが、白など明るいチャート背景を使用されている方は、濃い色に変更した方が見やすいと思います。

「CommentFontSize」で表示フォントのサイズを変更できます。好みに合わせて変えてください。

「CommentPositionX」、「CommentPositionY」で表示の位置を変更できます。他のインディケータで」表示される情報とかぶりがある場合は変更してください。原点は画面の左上になっていますので「X」が大きくなると右に、「Y」が大きくなると下にずれていきます。

また、表示する情報量が多いのでチャートが見にくくなる場合もあると思います。そんな場合は、キーボードの↓キーを押すと非表示になり、↑キーを押すと再表示されます。

ソースも公開していますので、コードを直接いじれる方はご自由に書き換えてご使用ください。

環境認識では、上位足のトレンド方向を確認すること、上位足でリスクの高い天井付近の買い、底付近の売りにならないかを確認することが重要です。

週足、日足の高値更新、安値更新を狙うのはリスクが高いのでご注意ください。

そのうえで価格が意識されている(もみ合いが多く発生したり、波が止められている)注目水平ライン、トレンドラインにサポート、レジスタンスされたN字上昇、N字下降の形成を見てください。

正しく環境認識を行って、リスク判断、勝ちやすいエントリーの見極めにご利用ください。

Advertisements
タイトルとURLをコピーしました