FXのメンタルコントロール – 心理学的アプローチ

こんにちは。喜平です。

ステイホームで時間があるので、喜平が意識しているメンタルコントロールについての記事を書いてみました。

FXではメンタルコントロールが大事だと言われていますね。

ルールを決めて、それを守ってトレードしようと考えることは簡単です。

理性がしっかり働いている時は、ルールを守ろうという気持ちは高いのですが、いざ実践トレードとなるとルールが守れないといったことが起こります。

なぜでしょうか。

ルールを守ってトレードするという気持ちとは別に、心の中にもう一人の自分が出てきてルール破らせるようなささやきを聞くこと、そしてそのささやきに負けてルールを破ってしまい、結局のところ、大きな利益を逃したり、損失を出してしまったことはないでしょうか。

『損切り価格まできたけど、もう少し粘れば反転しそうだよ。』

『コツコツ勝つのが大事なんだ。まだ最初に決めた利益確定価格にはなっていないけど、利確しちゃえ。』

『かなりの損失が出てしまった。ここは一発逆転でいつもの倍のポジションで取り返そうよ。』

『思った通りに利益確定できた。今日は貯金があるから少しリスクのあるエントリーをしてみようよ。』

『堅いトレードはつまらない。もっとイチかバチかスリルのあるトレードをしようよ。』

みなさんはどんな悪魔のささやきを聞いたことがありますか。

人には意志をコントロールする理性の心と、欲望にまかせて行動しようとする本能の心があります。

悪魔のささやきは本能の心のしわざですね。

悪魔のささやきに負けないためには、理性の敵、本能の特徴を知る必要があります。

そして、ささやきを感じたら、『あっ、これは本能が指示していることだな。』と判断して無視できることが重要なのです。


本能の特徴

本能は、今、現在を生きるために何をすればよいかを第一に考えて体に対して指令を出します。

現代の社会では、食べるものに困って飢餓に陥る、外敵に襲われるなど、ほとんど無いことですが、数万年前の人類は、その日食べるものを見つけられるかという暮らしでしたので、遺伝子的にはまだその時の名残があるそうです。

また単に生きるためではなく、どうしたら快楽が得られるかということも重視します。本能はストレスを感じたり、快楽が得られそうだと予感しただけで、ドーパミンという脳内物質を放出します。

ドーパミンは人間がやる気を出して行動するために必要な物質なのですが、FXトレードでは悪い影響を与えることがあるのです。

快楽が得られそう(大きく勝てそう)と予感するだけでドーパミンが放出され、ギャンブル脳が刺激されてしまいます。

また、良いことをすると気分がよくなり、少しくらい悪いことをしてもかまわないという気持ちが生まれる特徴もあります。

ルールを守ってしっかり勝てると、次のトレードでは多少ルールを破ってリスクの高いトレードをしてもよいという気持ちになることがあるのは本能のしわざです。

明日は今日よりも良い結果になるプラス思考も本能です。

やることを先延ばししたくなったり、今日は負けても明日は取り返せると思うことってありますよね。

一度失敗するともっとダメになりたくなるのを許してしまうのも本能です。

大負けするとさらに根拠の弱いエントリーを繰り返し損失を膨らませてしまった経験はないでしょうか。

買って負けて、売って負けての往復ビンタ、喜平も経験がありますよ。

本能は損失を出しても自分を責めたりせずになぐさめることでストレスを和らげます。

本能というのは自己防衛の機能があり、ストレスを解放させるため、自分を甘やかす特徴があるのです。


本能に負けない理性を保つために

本能は大切な機能ですが、FXトレードでは理性が本能に負けないようにすることが大事です。

理性は持続させることが難しいという弱みがあります。

この弱みに本能からつけ込まれないように注意しないといけません。

理性の持続を邪魔するものはできる限り避けましょう。

体の疲れ、睡眠不足、心配事、ストレス、空腹、トレード中にお酒を飲むことなどは、理性の力を弱めて、本能につけ込まれやすくなります。

疲れている時、眠たい時は判断力も鈍るのでさっさと寝てください。

ポジションが残っていたら、手仕舞いするか、ストップ&リミット注文を入れてくださいね。

心配事がある時もトレードは避けたほうがよいです。

トレードはそれなりにストレスがかかるものですが、必要以上にストレスが大きくなることは避けなければなりません。

資金的にリスクの高いポジション保有すること、イチかバチかのギャンブル的トレードはやめましょう。

腹が減っているなら、まず食事をしましょう。

「飲んだらFXするな! FXするなら飲むな!」。うーん、博打に近いものがあります。

反対に理性を持続させるために効果があるものとして、

軽い運動でリラックスすること

適度に血糖値を上げること(甘いものよりナッツが良いとか)

生活のリズムを整えること

5分間の呼吸を意識した瞑想(心を落ち着けて)

などがありますよ。

それから、理性が達成感を感じた時も要注意です。

気持ちが緩んで本能による誘惑に負けやすくなります。

勝ちトレードの後に、リスクの高いトレードをして負けてしまうのはそのせいだと思います。

勝ちトレードの後ほど、慎重なエントリー根拠を心がけてください。

なぜ勝ちたいのか?

勝ちを積み重ねて、将来の豊かさを得ることが目的であることを忘れてはいけません。

ギャンブル脳の快感を得ようとする本能に負けないようにしましょう。


メンタルコントロールで大事なこと

メンタルコントロールとは理性で本能を先読みして判断すること、それでも誘惑に負けてしまいそうな時はトレードしないことが大事です。

本能は快楽が得られそうな予感でドーパミンを放出し、ギャンブル脳を刺激します。

一時的なスリルや興奮は、最終的な幸福(将来豊かな生活を送る)こととは無関係です。

本能はストレスを感じると緊張を和らげるためにドーパミンを放出し、快楽を得ようとします。

勝ちたい(利益を得たい)という欲望はストレスにつながり、たいしたチャンスが来ていないにもかかわらず、飛びつきエントリーの誘惑に負けてしまいます。

ポジションの含み損が大きくなりストレスが高まると、その負けを一気に取り返して快楽を得ようとし、ナンピンポジションを持ってしまいます。

最も避けるべきは、一度大きな失敗をして、もっとダメになることを許容してしまうことです。

自分は何のためにFXトレードをするのか、たぶん将来の豊かな生活のためですよね。

そのためには一時的な快楽や失敗したことへのなぐさめは必要ありません。

トレードに失敗して大きな損失を出した時の様子を想像してみましょう。

何を感じ、どんなことを思うのか。

想像上の失敗に対してどのように対処するか考えると大きなリスクは取れないはずです。

本能の欲望を感じたら、その欲望を感じさせるもの(チャート)から10分間離れましょう。

そうすると快楽を求める欲望は少し和らぎ、理性の力が少しだけ復活します。

そして、今の自分と将来の自分をつなげてみましょう。

将来の自分により多くの資産が得られることを意識してください。

目先の快楽を求めると将来の報酬を諦めることになります。

本能は今の自分のことしか考えていません。

5年後、10年後にお金持ちになって豊かな生活をすることなど想定できないのです。

理性を鍛えることによりメンタルコントロール力を高めてFX勝ち組になりましょう。


サポレジ見極めは慎重に – トレード準備と独り言

こんにちは。喜平です。

いつものゴールデンウィークなら悠々自適時間を過ごすために小旅行に行っていましたが、今年はさすがにステイホーム週間で自宅でのんびりとブログも更新する時間があります。良い天気に出かけられないのは残念ですが、今週のトレード準備をしていきます。

レンジでもそれなりの幅あるので、エントリーに使用するチャートの1つ、2つ上の時間足チャートでもサポート、レジスタンス(抵抗)をしっかりと見極めましょう。

先週の週足は、ユーロ円、ポンド円、ユーロドルが陽線、ドル円、豪ドル円が陰線でした。

日曜日は今週の相場見通しのため、週足チャート、日足チャート、4時間足チャートにおけるトレンド、レンジ判断、先週の取引レンジ、1時間足チャートの型を確認します。
チャートの型については「チャート型の分類とエントリー」のページを参照してください。

<ドル円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
始値:107.5円 終値:106.9円
高値:107.6円 安値:106.4円
1時間足チャート型:もみ合い

<ユーロ円>
週足:↓ 日足:↓ 4時間足:→
始値:116.3円 終値:117.3円
高値:117.8円 安値:115.4円
1時間足チャート型:上昇もみ合い

<ポンド円>
週足:→ 日足:→ 4時間足:→
始値:133.0円 終値:133.5円
高値:135.4円 安値:131.9円
1時間足チャート型:逆V字下降

<豪ドル円>
週足:↓ 日足:→ 4時間足:→
始値:68.6円 終値:68.6円
高値:70.2円 安値:68.5円
1時間足チャート型:しっかり下降

<ユーロドル>
週足:↓ 日足:→ 4時間足:→
始値:1.082ドル 終値:1.098ドル
高値:1.102ドル 安値:1.073ドル
1時間足チャート型:もみ合い上昇

となっています。


<今週のドル円>

4時間足レンジが1段下がった可能性があります。レンジはもう少し見極めが必要ですが、106.35~107.3円くらいのイメージで、目線は下向いてきていますので今週に限っては売りのみでエントリー根拠を探りたいと思います。日足の目線を分けるラインは108.0円、注目水平ラインは106.9円、106.35円です。

<今週のユーロ円>

先週木曜日は急反発がありました。このような動きは週足ライン近くでは気を付ける必要があります。まだ日足の下降トレンドラインをしっかり抜けてきているわけではないので下目線です。再上昇で注目水平ライン117.75円を上抜けてくるようなら、N字確認後の買い、戻り売りが4時間足25MAを下抜けてくるなら、売りでエントリー根拠を探りたいと思います。日足の目線を分けるラインは120.0円、注目水平ラインは117.75円、116.3円です。

<今週のポンド円>

先週の急反発後、戻り売りで注目水平ライン133.6円および4時間足25MA付近でもんでいる感じです。ここから反発してレンジを切り上げてくるのか、下抜けてレンジを切り下げてくるのかに注目したいと思います。日足の目線を分けるラインは135.7円、注目水平ラインは133.6円、132.45円です。

<今週の豪ドル円>

先週は日足の目線を分けるラインを越えて、いよいよ上昇トレンドが強くなるかと思えましたが調整となっています。日足の上昇トレンドラインにはまだ少し余裕があり、日足25MAのサポートを受ける気配もあります。そのため、注目水平ライン68.25円あたりの反発上昇を想定して、直近高値の70.0円付近までの動きが狙えたらうれしいです。日足の目線を分けるラインは69.3円、注目水平ラインは68.25円、67.6円です。

<今週のユーロドル>

日足の目線を分けるラインの上抜けは上ヒゲで戻されました。まだ日足レンジが続くことの示唆でしょうか。1時間足の25MAを下抜けて、N字形成が確認でいれば、注目水平ライン1.0885ドルまでの下降の動きを、再び1.098ドルを上抜けてきた場合は、1時間足25MAのしっかりサポートを確認して上昇の動きを狙ってみたいと思います。日足の目線を分けるラインは1.098ドル、注目水平ラインは1.0885ドル、1.082ドルです。

今週の5分足、15分足のトレードは、抵抗、サポートとなる水平線を確認して、

ドル円・・・ショート(売り)

ユーロ円・・・ショート(売り)

ポンド円・・・ロング(買い)、ショート(売り)

豪ドル円・・・ロング(買い)、ショート(売り)

ユーロドル・・・ロング(買い)、ショート(売り)

で直近高値、安値までのN字エントリー根拠を探りたい思います。

4時間足、日足の中期トレードは、引き続き様子見としておきます。


今週発表の経済指標、イベントでは、

5/5
13:30 (豪)豪準備銀行(RBA)政策金利発表
23:00 (米)ISM非製造業景況指数(総合)4月

5/6
21:15 (米)ADP雇用統計 4月

5/7
20:00 (英)イングランド銀行(BOE)金利発表
20:00 (英)英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨

5/8
21:30 (米)雇用統計 4月

に注目したいと思います。水曜のADP、金曜の雇用統計はどちらも注目ですね。

今週はステイホーム週間祝日が多いので日中の予定も含めてまとめておきます。

5/4(月)は、

10:30 (豪)住宅建設許可件数 3月
16:55 (独)製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)4月
17:00 (欧)製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)4月
23:00 (米)製造業新規受注 3月

5/5(火)は、

13:30 (豪)豪準備銀行(RBA)政策金利発表
17:30 (英)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値)4月
18:00 (欧)卸売物価指数(PPI)3月
21:30 (米)貿易収支 3月
22:45 (米)サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値)4月
22:45 (米)総合購買担当者景気指数(PMI、改定値)4月
23:00 (米)ISM非製造業景況指数(総合)4月

の経済指標発表、イベントが予定されています。