ドル円は下げ継続か – トレード準備と独り言


こんにちは。喜平です。

日曜日は今週の相場見通しのため、週足チャート、日足チャート、4時間足チャートを見て流れをつかんでおきます。

<ドル円>
週足:↓ 日足:↓ 4時間足:↓
<ユーロ円>
週足:↑ 日足:→ 4時間足:↑
<ポンド円>
週足:→ 日足:↓ 4時間足:↑
<オーストラリアドル円>
週足:↑ 日足:↓ 4時間足:→
<ユーロドル>
週足:↑ 日足:↑ 4時間足:↑
となっています。
※5本足移動平均線の傾きが、
上昇:↑ 下降:↓ レンジ(水平に近い):→

週足ではドル円が約2円の強い下げとなりました。週末に消費者物価指数で上げましたが戻り売り状況でまだ底がわかりません。ユーロ円、ポンド円、ユーロドルは4時間足で強いV字上昇となっています。特にユーロドルはドルの弱さもあり、週足でも直近高値更新となりました。オーストラリアドル円は日足でレンジ上限付近から下げましたが、やや回復の気配もあります。

今週のドル円は、欧州中央銀行(ECB)や日本銀行などの他の主要中央銀行による金融緩和策縮小や利上げへの思惑が、連邦準備制度理事会(FRB)による今年3回の利上げより注目されるようになってきているとのことで、下値を探る可能性がありそうです。チャート分析では日足の直近安値である111.0円付近を下げ圧力が突破するか確認したいと思います。

今週のユーロ円は、欧州中央銀行(ECB)の12月理事会議事要旨で金融政策のガイダンス変更に言及があったことが意識されており、堅調な動きになる可能性が高いようです。チャート分析では日足での強い陽線発生、4時間足の移動平均線5MAの勢いが衰えておらず、更なる上昇を期待したいと思います。

今週のポンド円は、引き続き原油高継続や他の主要中央銀行の動きから早期利上げへの思惑などにより、強含みになる可能性があると思われます。チャート分析では週足、日足でも下値を切り上げてきていることから、急な上昇に対する調整は考えられるものの底堅い展開になりそうです。

今週のオーストラリアドル円は、原油高継続による資源価格連れ高への期待から買われやすい状況ですが、1/18に中国四半期GDPの経済指標発表があり影響を受ける可能性があります。チャート分析では4時間足の移動平均線1005MAをしっかり上抜けることができるかどうかに注目したいと思います。

今週のユーロドルは、欧州中央銀行(ECB)の12月理事会議事要旨で金融政策のガイダンス変更に言及があったことが意識されており、堅調な動きになる可能性が高いようです。しかし、ユーロ高が急速に進んだ場合、金融当局が通貨高をけん制する可能性については注意が必要とのニュースも見られました。チャート分析では週足、日足での直近高値更新と4時間足の移動平均線5MAの勢いから、一時的な調整はあるにせよ上昇を期待したいところです。

チャートをしっかり見極めてからエントリーしたいと思います。

今週発表の経済指標では、
1/18 11:00 (中)四半期GDP 前年同期比 10-12月期
1/18 22:30 (米)フィラデルフィア連銀製造業景気指数 1月
1/19 01:00 (米)週間石油在庫統計
1/19 24:00 (米)ミシガン大学消費者態度指数・速報値 1月
に注目したいと思います。

その他指標でもポジティブ、ネガティブサプライズがあれば、大きな変動も起こりますので、毎日必ず指標発表、要人の発言予定を確認してから、エントリーするようにしたいと思います。

明日1/8夜は、
19:00 (欧)貿易収支 11月
の経済指標発表が予定されています。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

今年のお正月は休みも短くてあわただしく、ゆっくり休めなかった人も多いのではないでしょうか。

ちょっとした悠々自適時間、リラックスできる時間を持つことは身体も精神にも必要なことです。ゆとりは感情を抑え、トレードで必要な心のコントロールを高めることにも役立つと思います。

じゃらんnetなら、2万軒以上の宿泊施設やクチコミ、全国14万件を超える観光スポット情報、約3万件のイベントや18万件のクチコミから趣向にあった宿やホテルを探せますよ。私も出張や国内の家族旅行で利用しています。



海外ならセレブな気分を味わえるプランに出会うことができるホームアウェイかな。


月曜日は特に大きな話題がない限りブログ投稿をお休みします。

上昇トレンドで強い陽線の高値更新 – ベストトレード根拠


こんにちは。喜平です。

悠々自適時間を獲得するため、自分で決めたルールをしっかり守ってトレードしていきたいと思います。

普通の会社員である私がFX取引をできるのは、長くても平日午後8時から12時くらいです。

仕事を終えて帰宅後に、FX取引する時のチャートの読み方、分析、エントリーと決済の根拠についてブログに残していきます。

水曜日と土曜日は週の前半と後半のベストトレード根拠の公開です。今日は、今週水曜日~金曜日のベストトレード根拠の予定でしたが、木曜、金曜と連続の飲み会となってしまい、ベスト根拠が公開できるトレードができませんでした。お酒を飲むと判断力が下がるため、根拠があいまいでエントリーしたり、損切りが遅れたりするので、トレードしないルールにしています。

ということで、トレードできなかった木曜、金曜を振り返り、ベストトレードポイントを確認してみたいと思います。


赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA
ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)

1/12金曜日のポンド円5分足チャートです。ユーロ円、ポンド円、ユーロドルが底を打って、上昇に転じる部分になります。各移動平均線が互いに近く、束になったような状態から、ローソク足が上に抜け始めました。17:30過ぎに一度、直近高値を更新し、少し上がって横ばいとなりました。上昇したことに対して下げようとする圧力が低い感じです。そして、移動平均線25MAにぶつかった時点から、サポートされる形で再び上昇が始まりました。20:25頃、強めの陽線でさらに上抜けてきましたので、ここでエントリーしたかったです。(チャート内○の部分)

5分足チャートで見ても、15分足チャートで見ても、移動平均線の並びが上から25MA、100MA、200MAとなる上昇トレンドの初期で理想的なエントリーポイントだったと思います。

その後は、22:30のアメリカの小売売上高、消費者物価指数で大きく上昇しました。実はこの経済指標発表時は居酒屋でスマホによるチェックをしたのですが、正直これほどの変動になることは想像していなかったので少しビックリしました。理想的には3連続陰線が発生した23:00頃の決済(チャート内□の部分)ですが、実際にエントリーしていたら、152.00円の節目で指値注文を入れていたと思いますので、残念ながら大陽線は取れなかったと思います。

今日はただの妄想となりましたが、来週は飲み会の予定もないし、しっかりと根拠を確認しながらトレードしていきたいと思います。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間を獲得して、脱普通の会社員を目指します。

FXとは

ドル円、クロス円は下降調整中 – トレンドですか?レンジですか?


こんにちは。喜平です。

火曜日と木曜日はトレンドチェックです。この記事では移動平均線の4時間足、1時間足、15分足のチャートが上昇トレンド相場か、下降トレンド相場か、レンジ相場かを分析して、2日間程度のトレードの参考にできればと考えます。

<ドル円>
4時間足:↓ 1時間足:↓ 15分足:→
<ユーロ円>
4時間足:↓ 1時間足:↓ 15分足:→
<ポンド円>
4時間足:↓ 1時間足:↓ 15分足:→
<オーストラリアドル円>
4時間足:↓ 1時間足:↓ 15分足:↓
<ユーロドル>
4時間足:→ 1時間足:→ 15分足:↑
となっています。

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね中心線となる移動平均線25MAより上で推移は、上昇トレンド↑

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね中心線となる移動平均線25MAより下で推移は、下降トレンド↓

ボリンジャーバンド(25MA、2σ)でみて、ローソク足が概ね上限ライン(+2σ)と下限ライン(-2σ)の間で推移は、レンジ→

時間の短い足しか見ていないと、長い足の流れに逆らってエントリーしてしまうことがあるので注意しましょう。

ドル円、ユーロ円、ポンド円、オーストラリアドル円はいずれも大きな下降調整となっています。15分足では横ばいからレンジになってきていますが、もう一段の下げがあるか、反発があるのかは見極めが必要です。いずれにしても大きな流れに逆らわないようエントリー根拠を確認したいと思います。ユーロドルは唯一回復傾向に見えますが、戻り売りになる可能性もあるので注意したほうがよいですね。

本日1/11の夜は、
19:00 (欧)鉱工業生産 前月比 11月
21:30 (欧)欧州中央銀行(ECB)理事会議事要旨
22:30 (米)卸売物価指数(PPI) 前月比 12月
22:30 (米)新規失業保険申請件数 前週分

明日1/12の夜は、
22:30 (米)消費者物価指数(CPI) 前月比 12月
22:30 (米)小売売上高 前月比 12月
24:00 (米)企業在庫 前月比 11月

が予定されています。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

悠々自適時間獲得して脱普通の会社員を目指します。

金曜日は特に大きな話題がない限りブログ投稿をお休みします。

MT4自動売買プログラム検証企画 2017年10~12月 もしも両建てで利確と損切りの差を狙ったら

3連続の強め陰線で直近安値下抜け – ベストトレード根拠

こんにちは。喜平です。

悠々自適時間を獲得するため、自分で決めたルールをしっかり守ってトレードしていきたいと思います。

普通の会社員である私がFX取引をできるのは、長くても平日午後8時から12時くらいです。

仕事を終えて帰宅後に、FX取引する時のチャートの読み方、分析、エントリーと決済の根拠についてブログに残していきます。

水曜日と土曜日は週の前半と後半のベストトレード根拠の公開です。今日は、今週月曜日~火曜日のベストトレード根拠です。




赤実線:5MA 黄緑実線:25MA 青実線:100MA ピンク実線:200MA
黄緑破線:15分足25MA 青破線:15分足100MA
ピンク破線:15分足200MA
黄色破線:ボリンジャーバンド25MA
(上がσ+2.0 下がσ-2.0)

1/9火曜日のトレード根拠です。昨日のブログでも書きましたが、大きめの調整状況になっていました。どの通貨ペアも5分足チャート移動平均線が、ほぼ下降トレンドの並びです。そのため、移動平均線の傾き、連続陰線、直近安値更新、ローソク足の勢いに注意しながらチャートに注目していました。

そんな中、20:10頃、ポンド円5分足チャートにおいて、3連続で強めの陰線が直近安値を下抜けてきましたので、売りエントリーしてみました。(チャート内○の部分)

移動平均線の並びが上から200MA、100MA、25MAとなる下降トレンドであったことも根拠となります。

エントリー後は、小さな波で、上値を切り下げていく状態となり、移動平均線25MAの傾きも急になっていきました。そして22:20頃、長めの下ヒゲをつけた陽線が発生し、3連続陽線が5MAを上抜けてきたタイミングで決済としました。(チャート内□の部分)

移動平均線25MAの傾きが徐々に下がるタイミングをとらえる事ができた良いトレードだったと思います。

損切りルールに引っかかった時は迷うことなく決済してください。常に勝つことではなく、ルールを守ってトータルで勝つことが大事だと思います。

今日1/10夜は、
18:30 (英)鉱工業生産指数 前月比 11月
18:30 (英)製造業生産指数 前月比 11月
18:30 (英)貿易収支 11月
21:00 (米)MBA住宅ローン申請指数 前週比
22:30 (米)輸入物価指数 前月比 12月
24:00 (米)卸売在庫 前月比 11月

が予定されています。
エントリー前には再確認したいと思います。

悠々自適時間を獲得して、脱普通の会社員を目指します。

MT4自動売買プログラム検証企画 2017年10~12月 もしも両建てで利確と損切りの差を狙ったら